FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
目の前は海!コメルシオ広場
すぐ目の前は海。
ちょっとベネチアのサンマルコ広場を彷彿とさせるような、足元に海がある、というあの感覚。

遥かに海に向かって開けたこの場所にいると、その昔の人たちが遥かかなたを目指した気持ちがわかるような。

果てしない広がりに誘われて一歩踏み出したくなるそんなオープンな雰囲気が、この場所にはある。

リスボンのコメルシオ広場。


P1940475.jpg

リスボンで見た光景は、たとえば:

色とりどりの洗濯物がベランダの上ではためいて、時折水滴が頭上から滴ってきて、

胴周りが大き目の黒装束のおばちゃんたちが路地裏で大声でしゃべりまくり、

間口の小さい暗い店の奥では、一心不乱にイワシの内蔵をとってるおじさんの姿があって、

時折熊手を片手におばちゃんが、怪しげな男を怒涛のごとく追いまわし、、、

そんな喧騒と質素さと素朴さと大胆さと猥雑がごちゃまぜになった界隈。


でも、それとは好対照をなすような整然さもあちこちに確かに存在していて、
下町のイメージが強烈な分だけ、その落差に驚く。


ポルトガルの栄光は、街を歩いていると、あるときはあからさまに、あるときはひっそりと、
各所で見受けられ、昔とった杵柄といったというか、とにかくポルトガルの底力を見る思い。


P1940484.jpg

自分でも意外。
ポルトガルがこんなに気に入るなんて。

前回アルガルヴェからリスボンに移動したときは、あしらわれ方に失望したり
下町のごちゃごちゃを見て、リスボンと決めつけたりしたけど、

歩けば歩くほど、なんだかしっくりくる。
前にも書いたけど、身の丈に合っている。
背伸びせずに歩ける町。

P1940482.jpg
関連記事
2010.10.19 Tue | Travel-Portugal| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill