FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ケネス・クラーク
先に書いたケネス・クラーク(高階先生が翻訳した本の著者)についてこんな情報が。

ザ・ヌードという本を書いた人だという解説があったけので、てっきり写真家と思ったら、実は美術史研究者だったそうだ。


西薗くんはインカレ連覇ならず残念でしたが、大学院入試で練習不足だったのに
、2位になったことをほめるべきでしょう。

さてDiaryに登場したケネス・クラークは写真家ではなく、英国の美術史研究者で
す。彼が書いた「ザ・ヌード」という本を高階さんが翻訳されたということで、
高階さんが登場したのだと思います。この翻訳は1971年に美術出版社から発
行されましたが、その後2004年にちくま学芸文庫に入りました。現在も手に
入るのではないかと思いますが、600ページを超える大著です。

クラーク卿(爵位を持っています)はすばらしい学識、鑑識眼を持っており、小
さいころから一流の美術品に囲まれて育った彼のセンスには、われわれ東洋人が
いくら勉強しても追いつけないものがあると思います。1983年に亡くなって
いますが、美術史研究の巨人の一人です。

( 高丘親王さんから)

関連記事
2010.08.31 Tue | Art| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill