FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
live life to the fullest
live life to the fullest

という言い回しを初めて聞いた。

フルセットまで人生を生きる。これでも意味はわかる。 

バレーボールとかテニスとかみたいに、
最終セットまでもつれこむ生き方をする=とことん生きる=人生悔いなく生きる。

よく使う言い回しのようだけど、この言葉を筆にのせた人がランス・アームストロングと聞けば、
なるほどアスリート的な表現でピッタリ、と思う。


そのランス、競技人生半ばで精巣がんに侵されて、しかも進行性だったものだから、
生存率も20%とかそういう数字を示されて。

一度は自分の人生、これでフルカウントなのか、と自問したかもしれない。

だけど、そんな人生に延長戦が許されて。
しかもその命の延長戦で、絶頂期を迎えてツール7連覇。

人生の大逆転劇。
鮮やかなうっちゃり、目も覚めるサヨナラホームラン。

そんな彼が一旦引退した後、復帰を決意して2度目のツールにのぞむ。

強豪ひしめくバトルフィールド。
鼻の差勝負になるのか、はたまたダントツでポールポジションを獲得する選手が現れるのか。


ツール・ド・フランス、本日キックオフ開幕。



ランスの「さよならツール」の開幕まであと1日。(注:昨日到着のメール)


「comeback2.0」を職場に持ち込んで眺めてます。


写真のすばらしさはもちろんですが、ランス自身によるキャプションが秀逸。
それ以上に、巻頭言の中の一文がど迫力。


For me,living life to the fullest is a lot about testing myself:
accepting challenges,training hard,and then going for it.


こういうことを真正面から言い切ってウソにならない人、というのはそうそう
いないわけで、本当にこれで引退するのかなあ、と信じ切れない気持ちです。


たぶんすぐ我慢できなくなるだろうから、いつでも帰ってきてね、という気分。

(kitaさんから)

関連記事
2010.07.03 Sat | Language| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill