FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
元ロード選手が仏検の問題に登場
昨夜届いたメールにびっくり。

アンドレイ・チミルという元選手をご存知ですよね?(今カチューシャの監督なんですね)
私は知らなかったのですが。
実は再来週の仏検を受けることにしているのですが、
問題集にアンドレイ・チミルのインタビューが使われていました。
ロードの話題なので個人的にはとっつきやすく、
本番でもこういう問題が出ると嬉しいんだけど、と思った次第です(笑)
(kzさんから)



チミルが!
私は奇しくも02年、出張中の週末に見に行った自転車のステージレース(ベルギーツアー)で彼を目撃した。

その日、彼は私の目の前で優勝したあと、引退を発表。
翌日の出走時には私服で現れ、自転車を置くことを改めて示した。

稀な引退方法と思った。
勝ったその日にもうやめると決めるなんて。
もっとも家族が同行していたので、このレースのどこかで絶対勝って、花道を飾ろう、と決意していたのだろう。

写真は引退発表の翌日、レースのスタート地点に現れたチミル。
即席でお別れセレモニーが開かれメルクスが出席。
いやはや、さすがベルギー。
こういうことには抜け目なく、至って素早い。


tchimil6.jpg



それから、最後の晩餐ネタに関してもらったメールを貼付:

最後の晩餐ですが、油絵での模写があります。20年ぐらいかな?日本で展覧会があって見に行きました。

調べたら、立体の模写?もあるようで・・・
http://www.geocities.jp/sonosono159/new-bansan1.htm

ダヴィンチは、発明家だったので、いろいろ試してみたかったんだと思いますが、裏目にでることもままあったようです。
漆喰は水性で、その上に保護膜をかけたらしいのですが、その上に油性のテンペラはそりゃ無理だぁ・・という感じです。

その後、性懲りもなく壁画に油絵で書いて、火であぶって乾燥させようとしたらしいのですが、これも大失敗だったらしいです。

油絵やテンペラに固執したのは、筆が遅い以外にも、油彩のリンシードとかの透明な層による効果が好きだったのでは?と思います。

(鎌倉さんから)

関連記事
2010.06.10 Thu | Cyclde Road Race| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill