FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
野球vsサッカーvsロードレース
サッカー観戦は、南米vs欧州チャンピオン戦も含め、実際にスタジアムで何度も見てきたはずだけど、改めて野球と比べると、違いは歴然。
先日の味スタで、気づいたこと。


P1840679.jpg-ビールの売り子さんは3回=2人しかこなかった。ビールは外の売店に買いに行くのが通例。

さびしいー。しかも2人とも男性。地味にやっている。
ギャルのあの賑わい、バンバンはけていくビール。野球場の活気はここにはない。

サッカーと野球、どちらも人気スポーツという印象だが、野球のあの飲食消費量は破格だった。
サッカーは足元にも及ばない。
そもそもサッカーで、多くの人たちが外からペットボトル持ち込みだ(キャップは入り口で外される)
.
P1840894.jpg-
ただしTVカメラはハイビジョン対応なのか、すごいのがきていた。

先日、ロードレースにきていたTVカメラと思わず比べてしまう。

スタンドの上の方にも設置されていて、ハーフタイムにはさっそくハイライトが流される。

撮影側にもテクニックが要求されるのだろうか、ハイテク機材といった威容。
P1840742.jpg
-カメラマンたちの陣取りが面白い。

開始前は入場ゲートの方に集まる。

ちびっこたちと選手のピッチ上での集合写真を撮ったあと(むろんアウェーの京都サンガの集合写真はなし)、蜘蛛の子を散らすように四方にばらけるカメラマンたち。

絶対にこの場所、と決まっているわけではなく、そのときの顔ぶれ、展開などで好きなところに陣取るような雰囲気。
.
P1840819.jpg
-写真撮影の人はシッティング。

ビデオの人はスタンディング。

ゴールネット裏はこんな感じ。

すごくルースな感じで並んでいることに違和感。場所取り争いもなく、思い思いの場所に並んでいる。

もっともこれがワールドカップとなったらそうはいかないはず。もっと緊張感と殺気が漂っているに違いない。
どんな感じでひしめくことになるのか。
P1840775.jpg
-カメラマンは、もれなく椅子持参。

特定の場所目指して一目散というわけでなく、どこにしようかな、といった感じ。

試合途中で移動する人も。

ただし、この日は少なくとも、FC東京ゴール側、といったふうに一度決めたら、そちら側に前半なら前半ずっといるケースがほとんどだった。

余り動きのないこんな日は、逆に集中力が途切れそう。

.
P1840712.jpg-何枚撮るのだろう。没写真は何枚ぐらいだろう。

ここにきていたカメラマンたちの写真で紙媒体に実際に使われた写真は何枚あったのか。

メジャーな新聞に、この試合が写真入りで報じられたとは思えない。地方紙に1枚使われればいいといった感じ?

そんなふうに考えつつ新聞を眺めれば、スクープ写真の裏に、没の山が浮かぶかのよう。



関連記事
2010.06.08 Tue | 国内探索| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill