FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
入札の罠 / 春の味覚
■ 会社生活で時折感じるねじれ現象

近頃特命入札がやかましくなって、競争入札のみにしようとする動きがあるけれど、これがとんでもないひずみを生みだしている。

競争入札だと、単純に言えば安くしようと誰もが動く。
でも、物の購入でない場合、それが安全性に深くかかわる対象物の場合、そんなことでいいのだろうか?
安全策を綿密に施してお金をかければ、入札に負ける。

安全面をおろそかにするのはよくないから、こういうのは競争入札の思想には相入れませんよ、と客先とネゴするものの、「それは無理」の一端張り。

恐らくコンペティターたちは、そこまでのノーハウ(どういうふうに安全面を手当てするべきかという最新情報に沿った手法)をまだ持っていないはずだから、競争入札になればわが社は負ける。でも、新しいトレンドでは、その安全対策は不可欠になりつつある。
他社はまだそこまでは気づいていない。

日本って、実よりも名目だけ。いつもそう。
ひとつの方向性がNGになると、逆の方に大幅に振れるけど、その振れかたが盲目的で、フレキシビリティー一切なし。

そうすることで、担当者は安心感が得られるから、そのほかの犠牲など気にも留めない。

その陰で、多大な歪が出ている。
日本っていう国は、いいとこもいっぱいあるけれど、時々 暗澹たる気持ちになる。



■ イタリアの団塊の世代

かっこいい壮年アスリート。イタリアって国は。。。
右はフランチェスコ・モゼール。

P1560576.jpg



■ 例の蜂の家のお菓子を食す。

P1760312_20100306224651.jpg

これ、上品で、半端でなくおいしい。

P1760315-2.jpg

中はほら、春のかをり。

P1760321.jpg

これはまだ手をつけていない。

P1760314.jpg

かわいい、中身。

P1760317.jpg
関連記事
2010.03.06 Sat | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill