FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ある名言とある名訳
文字色● 「近頃、メンチョフは、くたびれたパソコンよりも頻繁にダウンするなぁ」

UKサイクルスポート誌が去年ジロに引き続きツールでも転んだメンチョフを見て、ため息交じりに書いている。



● 須賀敦子訳イタリア人作家ウンベルト・サーバの詩


厳寒のなか、僕は先日朝早くから東京出張だったのですが、
須賀さんの全集第1巻を持って行って(勿論文庫の方です)、電車の中で読んでいたら、以前からの疑問を思い出しました。

その疑問とは、彼女の、詩の日本語訳の書き方です。

例えば、「ミラノ 霧の風景」所蔵の「きらめく海のトリエステ」に出ているサバの詩は、こんな風です。

 若いころ、わたしはダルマツィアの
 岸辺をわたりあるいた。餌をねらう鳥が
 たまさか止まるだけの岩礁は、ぬめる
 海藻におおわれ、(以下略)

・・・・・・常にひとつの文の途中で改行されています。
普通に読もうとすると正直読みにくいのですが、わざわざこういう書き方をするのは何故なのでしょう?
原文との関係があるのでしょうか。
詩というものには全くなじみが無いので、ずっと疑問のままなんです。

それにしても須賀さんの本、混雑の中で自分の世界に入りたい時には最適です。

(SSさんから)




恐らく、須賀さんのサーバ訳を読んだ人は、みんな同様の感想、つまり文の切り方に、興味を持つのではないでしょうか。

私も実は、原文を見てみたくなって、ネットで以前探したことがあります。
で、やはり原文からして、切り方がユニークだったのです。

文頭を赤で示して見るとわかります。
つまり、文末と文頭をつなげて、逆に文脈として続いているところで切っているわけです。

日本語にするとき、普通苦心しそうな感じがしますが、須賀さんは難なくやっている感じですね。

奇抜な区切り方を日本語で表現しただけでなく、原文も、日本語訳も、一行の長さが大体そろうように工夫されています。


Nella mia giovanezza ho navigato
lungo le coste dalmate. Isolotti
A fior d’onda emergevano, ove raro
un uccello sostava intento a prede,
coperti d’alghe, scivolosi, al sole
belli come smeraldi. Quando l’alta
marea e la notte li annullava, vele
sottovento sbandavano più al largo,
per fuggirne l’insidia. Oggi il mio regno
è quella terra di nessuno. Il porto
accende ad altri i suoi lumi; me al largo
sospinge ancora il non domato spirito,
e della vita il doloroso amore.

若いころ、わたしはダルマツィアの
岸辺をわたりあるいた。餌をねらう鳥が
たまさか止まるだけの岩礁は、ぬめる
海草におおわれ、波間に見えかくれ、
太陽にかがやいた。エメラルドのように
うつくしく。潮が満ち、夜が岩を隠すと、
風下の帆船たちは、沖あいに出た。夜の
仕掛けた罠にかからぬように。今日、
わたしの王国はあのノー・マンズ・ランド。
港はだれか他人のために灯りをともし、
わたしはひとり沖に出る。まだ逸る精神と、
人生へのいたましい愛に、ながされ

===

とくに最後の部分:

...............................Il porto
accende ad altri i suoi lumi; me al largo
sospinge ancora il non domato spirito,
e della vita il doloroso amore.

***

英語でざっくり訳すと

...............................The port
ignites to others its illumination; me to the offshore
still pushes out the untamed spirit,
and of the life the painful love.

***

それが彼女の手にかかると

港はだれか他人のために灯りをともし、
わたしはひとり沖に出る。まだ逸る精神と、
人生へのいたましい愛に、ながされ


****


人生へのいたましい愛に、ながされ
というのが海のイメージとマッチして心に沁みいるよう。
関連記事
2010.02.08 Mon | Language| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill