FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
食べ物の話 x 4 / ナッシュヴィルのGaylord Opryland Hotel
■ ロード選手の食生活

クライマータイプの選手が、あるときこんなことを言っていた。「監督から押しつけられてあれを食べろ、これを食べろと言われるのは好きじゃない。炭水化物を食え、とか言われてもパンなんてレース中には食べる気がしない。僕にはフルーツが合っている。勝手にさせてくれ」

で、その彼は、ときにまったく空腹のまま数時間のトレーニングに出ることもあるそうだ。
食べ物に関しては、綿密に注意深く取捨選択する人と、自分の意のままに任せる人と、ずいぶん開きがあるらしい。


■ ふきのとう

友人が、ふきのとうを食卓に出したという話を聞いて、ふと季節を感じた。

以前にも書いたけど、春先、苦味のある食べ物がでドックス作用があっていいのだとか。

あのアクっぽいのがツーレは苦手だそうだけど、私は春先=苦味=デドックスと聞いて、2年前のこの時期、ふきのとうを連日天ぷらにしたことがあった。

結論から言うと、あれは、少量ずつ、お上品に食べるのがいい。



■ ナッシュヴィルのホテルで

ナッシュヴィルでは、Gaylord Opryland Hotel内で食事をした。
ここはカントリーミュージックの拠点。
コンサートなど催しが目白押しで、レセプションにはチェックインの長蛇の列。あんなに長いチェックイン待ちの列を見たのは初めて。

コンシェルジェもおしゃれで
P1750978.jpg

中は一部ジャングルのようでスケールの大きさはさすがアメリカ
P1750998_20100207214922.jpg

ここで選んだレストランは、「Ristorante Volare Italian Cuisine」。
トスカーナ料理だそうで、おいしかったことといったら。

みんなでつまむためにイカの唐揚げを注文し、サラダを前菜として、

P1760030.jpg


メインを私はサーモンの蒸し焼き蟹・ポテト添え

P1760032.jpg


チーズケーキはなんで2つもあるのというぐらい量が多くて食べきれないが、見た目通りの超美味。こってりしていて、こんなケーキが日本でもあったら、病みつきになりそう。

P1760039.jpg

メニューはPDFで見ることができるが、比較的お手頃価格じゃないだろうか

どれも味は非常によかったし、ナッシュヴィルに行く機会があったらお勧めです。


ホテルのサイト

■ 例のカマンベール

ある意味(?)私信:
例のカマンベールです。
お値段普通のカマンベールの3倍ぐらい。
丁寧に作られているのがよくわかる感じの。
クールドリオンをこってりさせた感じの濃厚な味の。


P1760295.jpg
関連記事
2010.02.07 Sun | Gourmet| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill