FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
やっと金曜日だ!
■ わびしく焼肉屋にて

残業で22時に会社を出て、自宅そばのスーパーに。23時までやっているので助かるなーと思いきや、棚はすっからかん。お惣菜なんてすべて出払っている。

仕方なく、半額になっていた4等牛の生肉と自分へのご褒美メロンを買って、あとは冷蔵庫の中のものを漁るか、と諦め帰路へ。
ツーレは新年会で夕食なしなので、適当に済ませよう。

ふと、自宅の途中に焼肉屋があるのを思い出した。
入ったことはない、でも一度は行ってみたいと思ってた。
丁度いい機会だ。
というわけで、買った牛肉は明日にまわすことにして、暖簾をくぐる。

お客さんは2組だけ。
なんかわびしい店内。
野菜付きのセットを注文。

待っている間、来週の手帳に予定を書き込み、例によってあの極小のキーボードをたたきつつ、メールチェック。
1つ返信を打ち終えて鞄の中にしまった途端、ぶぶぶぶ・・・とバイブレート。

再び取り出すと、まだ残業を続けている同僚よりメール。
目下法務部もからめて喧々諤々の件につき、こちらの正当性を示す証拠を収集中。だがしかし、彼の手元には、余り有力なエビデンスとなりそうな通信履歴は結局なかったという。

遅くまでご苦労さまです、と返信を打ちつつ、「今おひとりさまで焼肉屋なんだー」と報告。

折り返し返事。
「焼き肉は好物です。おなか空いたから帰ります」。

ただしこの焼肉屋はハズレだった。


 愛嬌のあるおぢさん

うちのフロアに、愛嬌のある人がいる。
年の頃は50手前?
いつも朝、給湯室でコーヒーを入れてる。
とはいえ登場したのはここ最近。数年前にはいなかった。

すれ違いざまにちょっとひとことふたこと声をかけてくることがよくある。

でも、6,7つ先の島(=列)にいる人なので、はっきりとどこの部署の人なのか、むろん名前すら知らない。

そんな矢先、今日、隣に座っている女子が、突然仕事中、「おかしいと思わない?廊下で会うと、この私に話しかけてくるおじさんがいるんだけど」と言い出した。彼女は、話せば味があるのだが、とっつきにくいことを自負しているタイプの人。
すると、その隣の女子も、「私にもよく話しかけてくる人がいるんだけど」

どうやら我ら3人が人懐こいと思っている人物は同一らしい。丸顔で、メガネかけてて、関西弁で、かくかくしかじか・・・

部が違うと会話がないのがうちの会社の常なのに。

もっともよーく考えてみたら、私が最初にその人と会話したとき、先に話しかけたのは私の方だった。
コーヒーをドリップさせているのを見て、「ここのお湯、ぬるくてドリップには不適切じゃないですか?」

するとその人いわく、「コツがあってね、長い間出し続けてると適温になるんだよ」
以来真似して私もたまにコーヒーをそこで入れたりしている。
関連記事
2010.01.09 Sat | Private| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill