FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
みどりの日
今日はみどりの日ということで、無料で開放されている庭園などを少しだけ
覗いてみたけれど、どこもすごい人出。

それに加え、外国人の家族連れが
飛躍的に増えていてびっくり。

単に来日者が増えただけでなく
SNSで情報伝達の拡散率が広がったせいでは?

無料開放と誰かが叫べば
瞬く間に広がっていく。

2018.05.04 Fri | Private| 0 track backs,
ジョルジュ・ブラック展絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス展覧会
パナソニック汐留ミュージアムで開催されている
ジョルジュ・ブラックの展覧会へ行ってきた。

主題はメタモルフォーシス(変容)とのこと。
彼が後年画風・スタイルにおいていかに変容していったか
が提示されていて新鮮だった。

変容という切り口でブラックを語る展覧会は本展が初めてなのだとか。


https://ameblo.jp/art-masciclismo/entry-12373475203.html


関連記事
2018.05.04 Fri | Private| 0 track backs,
ネットニュースの変容
近頃わけあって、昔の自分のサイトの自転車ニュースを
参照したりしてるのだけど、
気づいたことがある。


自分のサイトのニュースというのは、
提携していた海外サイトが発信したニュースの日本語版なのだけど、
面白いニュースが多かった。


面白いというのは、いわゆる海外通信社が発信するのとは違い
個性的で、ユニークなもの。

ところがいまはどこのサイトも横一線。

通信社式のドライなものが多い。

新聞社のサイトなどは、結局紙媒体を読ませたいわけで、
以前ネットで豊富にニュースを発信していたものの
それらは財産なのだから無料で読ませるのは惜しい、
そんな傾向になった気がする。

たから有料化したり、紙でしか読めない独自ニュースを増やしたり。

例をとると、昔フレイレ選手が飛行機に乗ったら
隣の人のパソコンが頭の上に落ちてきた
なんていうどうでもいいニュースがちゃんとした新聞のサイトに
出ていたことがある。
あるいはヒメネスがオフに闘牛や狩りに挑戦したとか。


それらのニュースは「だからなに?」というような内容ではあるけど、
そのサイトのオリジナル性が出ていて、親近感がもてた。


いまやそうしたネタは選手自身が発信するから
マスコミは手間をかける必要がなくなったとばかりに
ありきたりの内容ばかり。


あれこれいろんな選手のツイートやインスタをフォローせよ、
そういうことなのだろうけど、どうも乗り気がしない。

時代は移り行く。


2018.05.04 Fri | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill