FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
オリンピック ヒーロー交代
やっと人心地ついて、1月冒頭から 
たまりまくった新聞にざっと目を通してみた。

ここ2カ月の内容は、右を向いても左を向いても五輪特集。

中でも、開幕前にヒーロー扱いされて
事後にまったく取りざたされなくなった選手たちが目についた。

逆に、事前の記事ではカーリングなど、まったく言及されもしない。

小さいコメント欄には、原大智選手の
「金メダルを獲る」、という談話を見つけた。
でも、大技を持ち、当時騒がれていた別の選手のでっかい記事の陰に隠れるように。。。


ジャンプしかり。
成績で他に先行していた兄が盛んに言及されていたけれど、
いざ大会が始まると、これまで光をあまり浴びなかった弟の陰に
兄は隠れてしまった。

ジャンプ台の相性というのがあるのだろう。


五輪前の好成績だけ追いかけていると、
こんなふうに出し抜かれるのだ。

小平奈緒選手は、今回の五輪の力はメダリストだけでなく、出場したみんなによるもの、
といみじくも言っていた。

マスコミが、出場した選手をまんべんなく丁寧にフォローしてくれていれば
五輪開幕前後の新聞記事にこれほどギャップを感じなかったのだろう。

話題性ばかり追求した記事が並び、今眺める開幕前の新聞記事は
ちょっと違うなぁと感じてしまう。



2018.02.28 Wed | Private| 0 track backs,
五輪終了
平昌オリンピックが終了。
私の怒涛の日々も、一区切り。

数日前は廃人同様の有様だったけど、
なんとか復活。

まだ玄関にはお正月用の置物が置かれたまま。
通常のデコレーションに戻さなくちゃ。

どこから手を付けるべきか、
しばし呆然。


2018.02.26 Mon | Private| 0 track backs,
オリンピック クロスカントリースキー トンガの選手vs夫
平昌五輪入場行進のときに上半身裸で旗手を務めた
トンガのピタ・タウファトファ(Pita Taufatofua)選手。

夏はテコンドー、冬はクロスカントリースキーで出場、その裏には
強い決意があったと知る。
実は貧困にあえぐ若者に勇気を与えるための挑戦なのだとか。

ちょっとホアキン・ロドリゲス(元自転車選手)に似た雰囲気を持つピタ選手、
インタビュー時の目ヂカラが印象的。

ちなみに昨日114位でフィニッシュしたピタ選手のタイムは
15㎞で 56:41.1。

「大体いいとこ勝負。コンディションがよければボクの方が早いかな」
とは夫の弁。

でも、そこに至るまでの努力は足元にも及ばない。
2年前まで雪も見たことなかった、とのこと。

スポーツの力は強いと実感する今日この頃。
本当に頭が下がる思い。
関連記事
2018.02.20 Tue | Private| 0 track backs,
お誕生日論争
ANAのファーストクラスに乗った人が、誕生日当日だったのに祝ってもらえなかったとして
それに対し不平を言って、ANAが謝罪したとかいう話。

お誕生日のお祝いって、予期せぬ時に言われるからうれしいのであって、
強要して祝ってもらってうれしいものだろうか、と疑問。

それより、あの日、日本人もいないようなスペインの海岸町で言われた
お祝いの言葉は格別だったなぁと思い出す。

あれは独身時代、スペイン、サンセバスティアンへの一人旅で、
飛び込みで飛び込んだ宿で、チェックインのときパスポートを出すよう言われた。

出したら、レセプションのお姉さんが気が付いた。
今日は私の誕生日なのだと。

英語でHappy Birthday っていうのが思い出せなくて
しばらくうーんってうなって、なんかいえそうでいえなくて
でも相手が何を言わんとするか気が付いて、思わず私も顔がほころんだ。


つたないハッピーバースデイだったけど、
心底心があったまった。

ひとりで、なんでこんなところに私は今いるんだろう、という感じで来てしまった
サンセバスティアン。

いや、正確に言うと、英語の先生に勧められたから来たわけだけど
なにがあるわけでもなくただ風光明媚なこの町で、
海岸を散歩して景色をながめて、冴えない誕生日、、、のはずだったけど、
あの一言とレセプショニストの照れた笑いがなにものにも代えがたい1日にしてくれた。


誕生日の言葉って、そういうものじゃないだろうか。
誰かに無理に言わせ、お義理スマイルを受け取ってハッピーと感じるような
そんなものじゃないと思うのだけど。



2018.02.17 Sat | Private| 0 track backs,
アートダイアリー
ちょっとばたばたしていてアートダイアリーのみの更新になりつつある今日この頃。
本当はFC2メインの方が使い勝手はいいのだけど、
アメブロは尾を引くような構造になっていて、
一旦手を付けると結構深追いせざるを得ません。

いろいろ横のネットワークがつながるようになっているもので。

2018.02.10 Sat | Private| 0 track backs,
区民センターでの忘れ物
六本木とか渋谷とか、
都会のちょっとこじゃれた人が集まるこじゃれたスポーツジムで
忘れ物をしても大体戻らない。

というか忘れ物どころか、六本木では盗難被害が時々ある。

コート掛けに掛けていたコートから
毛皮の襟巻部分を取っていったり。
(取り外し可能なやつだったので、まあ私が不用心だったのだけど。)

脱衣所に置いておいた垢擦りタオルは2度やられた。
そんなもの持って行かないでしょうと
透明の袋に入れて中が見えるようになっていたせいだろうけど
新品のやつ2回続けて。

先日たまたま区民センターのジムに行った。
老朽化激しく、シャワーは3つ。
石鹸なし。
3分以内で、という貼り紙。
シャワーカーテンはちょいとかびてたりする。

一回300円。

そのシャワールームに私は忘れ物をした。
ボディソープを。
といってももともとのボディソープは使い終わり、
補充して、使っていた。

区民センターのジムには暮れに1度行ったきりなので、
忘れたと気づいても取りにも行かず放置していた。
どうせあるわけない。

でも先週末、たまたま前を通りかかったので
だめもとで聞いてみた。

やっぱりあの大きさはちょうどいい。
小さすぎると一回ずつ補充しなくちゃいけない。
大きいと重たい。
あれはちょうど中間で、10回分ぐらい入る軽量容器だったのだ。

すると、台帳をめくって、「あ、あります」と係員の方。
おおー、
ありました。

盗難は懐具合に関係ない。
良心と懐具合は別物だ。




2018.02.06 Tue | Private| 0 track backs,
田中耕一 さん再び快挙
つい先日、どういう話の流れだったか、
ノーベル賞を昔獲った田中耕一 さんは
相変わらずしくしくと研究しているんだろうね、
なんて家で話していた。


島津製作所勤務で、
ノーベル賞を受賞した人の中では
エリート色を出していなくて際立っていた。

あのノーベル賞受賞も、事前に全然マークされていなかったと思う。
そして今回もニュースは突然やってきた。

アルツハイマー病の早期診断を可能にする技術を
開発したとか。

朝のニュースをチラリ見ただけなので詳細不明ながら、
PET不要・血液検査のみで診断できるようになり、
早ければ3年後には実用化されるとも。


画面越しに直近の田中さんの写真を見た。
髪の毛が白くて、時の流れを痛感した。
でも人の好さそうな風貌は変わらない。


2018.02.01 Thu | Private| 0 track backs,
キムタクのドラマ
キムタクのドラマはほとんど見たことがないけれど、
いつも思うのが、脇役も豪華さと宣伝のすごさ。

違う番組を見ていても、これでもか、と宣伝してる。
開始前のみならず、スタート後にも。

視聴率を落とせないプレッシャーなのか、
所属プロダクションからの至上命令・あるいは力添えか。

全然宣伝してもらえないドラマと横並びで
視聴率を披露するのは不公平だなぁ、との感。


今もキムタクのドラマの宣伝が飛び込んできて
ついそう思った次第。

・・・あ、そっか。
今見たら、嵐のマツジュンの「99.9 -刑事専門弁護士-2 」が
視聴率で上を行ったんだ。

これは負けていられない。
宣伝作戦過熱しそう。
2018.02.01 Thu | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill