日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
某テレビ番組で抹殺された人
昨日見たテレビ番組で、あれこれ思うことがあった。

その番組は、芸能人の昔の同学年の友人が
年月を経て今どうなっているかといった変貌ぶり、を見せるもの。

いわゆるご対面番組とは違い、必ずしも心底会いたい人である必要はなく
アルバムを見ながら「この子、昔は変わってたな」、
などという芸能人のコメントをもとに、
スタッフが”その後”を追求し、面白いネタを探し出してくるのだ。


昨日出ていたのは、とある大物演歌歌手の元クラスメートで
今や世界をときめくドクターという人物。

その人の専門はいわゆる整形の分野。
特にアーティストにとって生命線である”手”の救世主としては第一人者で、
これまで数々の芸術家たちを救ってきた。


そこまで聞いて、あれ?もしかして、
と思った。

世界的にその分野で有名なドクターといえば・・・
聞いた話である。

さらにその人の出身がKO大学と聞き、
私の中では決定になった。

やがてその人が務める施設の名前が出て、
もうとどめ、である。


そのドクターは、世界的に高名な音楽家であり
美人奏者としても名を馳せた S内A子さんの
Exハズバンドだ。

略奪で結ばれた後、離縁に至り、係争で大いにもめたというこの2人。

でも番組では、そこは完全抹殺。

前の結婚でできた御曹司おふたりが写真で登場し、
父と同じ学歴で、同じ道を歩みつつある旨
紹介された。


上澄みをすくい上げたこの構成は当たり前と言えば当たり前だけど、
報道の仕方でこうも人物像って変わるものかという現実を
改めてつきつけた。

もしもあの騒動(離縁に至った経緯)がなく、
今も婚姻生活が続いていれば、
「あの美人芸術家の夫」として、いっそう華々しく紹介された
ことだろう。


この一件を知っている人が見れば、あれ、と思う内容だったけど、
それでも登場させたテレビ局。

あの知名度の高い芸能人のご学友が、これまたものすごい人になっていた、
このストーリーは見過ごすわけにはいかず、
相当頼み込んでの出演だったのかな、

、、などなど、芸能通だった昔にもどって
興味津々で番組を眺めたのだった。
2017.08.03 Thu | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill