日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
今が見ごろ さつき対決 六義園 vs 東御苑
さつきとつつじの違いは、
単に咲く時期、なのだとか。

5月の連休頃から咲き始めるつつじが終わると、
さつきの出番になる。


しだれ桜で有名な
駒込の六義園は、つつじも見事だけど、
その後池の周りを彩るさつきも
華やか、というのを今年初めて知った。


IMG_2929.jpg


来週では遅い、そんなツイートを目にしたものだから、
あたふたと行ってきた。

IMG_6129.jpg


家の近所でも見かけるこのさつき。
でも上品な背景を背にすると、まるで違う光景。

午後はこのあとすみだトリニティホールで
マラーなどのオーケストラコンサートの予定で、
サツキを見たら、ランチを食べてコンサートのつもりだった。


でも、サツキだけでなくあじさいも様々な種類植えられていて、
丁度咲き始めたところだったので、結局ゆっくり時間をかけて
巡ることに。

おかげでランチは慌ただしく、事前に予定していたところは
断念したけど、悔いなし。
天気も最高。
湿度が低くて、日光は結構きついけど、快適、快適。


IMG_2894.jpg



一方で、こちらは先週の東御苑。
サツキの小路を歩いてみた。

P1880063.jpg 


こちらはいつも花菖蒲の時期に行くのだけど、
花菖蒲が満開の時には大体サツキは終わり。
今年こそ、サツキの満開に遭遇したい、というわけで早めに行ったのだ。


P1880057.jpg



今花菖蒲咲き掛け+サツキがちょっと終わり頃の東御苑。
どうやら東御苑は、六義園のサツキよりも咲くのが早いらしい。

P1880050.jpg


サツキが途切れず連なり
流石手入れは日本一。


P1880066.jpg


昨日の清澄庭園ガイドツアーでこんな話を聞いた。

花の色の原則というのがあって、
初春は黄色、
春はピンク、
初夏は緑、
夏は原色が主流になる。


なぜ初春は黄色なのか。
虫をおびき寄せるため。

虫は色を識別できないものの
黄色だけはかろうじて識別できる。

春先、まだ虫が少ないこの時期に
受粉のため、虫に来ていただくために
黄色をまとうのだそうだ。


さて、今の次期、つつじは色鮮やかなピンクだけど、
むせかえるほどの新緑も圧巻だった。

目に青葉・・の季節を実感。

桜の次期からここまで、めまぐるしい花暦。
そろそろお花ハントもひと段落かな。

2017.06.04 Sun | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill