日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
「100万人感謝ウィーク」でお洒落な切手をゲット @パナソニック汐留ミュージアム
◆ 「100万人感謝ウィーク」のプレゼントは、
◆ 来館者全員にルオーの素敵な52円切手x2枚でした


4月29日昭和の日にパナソニック汐留ミュージアムの
「日本、家の列島」展を見に行った。

丁度気になる展示に関するギャラリートークが開催されたためなのだが、
奇しくもこの美術館では4月24日(月)〜4月30日(日)まで、
「100万人感謝ウィーク」が開催されていて
ルオーのオリジナル切手2枚を頂いた。

(《マドレーヌ》と《古きヴェルサイユ》をデザインした本美術館オリジナル切手)


IMG_1516 (2) 


色合いも綺麗。
ルオーの絵画がディテールまできれいにプリントされている。
うれしー。
でも使えない、もったいなくて。


さらに、フリークエントビジターの証スタンプが集まったので
(中央)
左の美術館オリジナル・ポストイットセットを頂いた。


IMG_1514 (1)


パナソニックミュージアムは
来館者に時折ポストカードをプレゼントしたりして
ちょこっとしたサプライズが楽しい。

小ぶりで比較的地味な美術館だけど、
収蔵品を中心に、丁寧な企画を行っている。


スタッフの方の感じもよくて
出光美術館に相通じるような大企業ならではのおおらかさがあって
開館間もないころ、ルオー展と講演会に行って以来、
応援している美術館だ。

2017.05.02 Tue | Art| 0 track backs,
テレビ番組への投書
とある報道番組のMCが今期から入替えになり、
番組の雰囲気が180度変わった。

それまで
アットホームでなごやかだったのだけど
新しく抜擢された2人のMCの言葉のキャッチボールが
まったくない。

前回が素晴らしかっただけにその落差が目立っていた。


そんな矢先、ひとりのMCが個人的エピソードを
笑顔で披露する場面があった。

しかしもう片方の人は、完全スルー&完全シカトで取り合わず、
画面が一瞬凍り付いた。


披露した人がちらりと表情を曇らせるのも
見て取れた。


取り合わなかった方は、
進行のタイムスケジュールを優先したのかもしれない。

でも、前の組み合わせだったら、
笑顔を見せるなり、なんらかリアクションはあったろう。


ちぐはぐな印象はぬぐえず、
HP経由意見を述べた。


コミュニケーションがぐっと悪くなり残念、
とか、
言葉のキャッチボールを重視しないのであれば
2人のMCを置く意味がない、とか。


翌日、夫が番組を見てこういった。
「あの投書、効き目抜群だったね」と。


明らかに態度が変わった。
無理してる感じだけど、なんとかなごやかに
やろうとする意識は見て取れた。


私だけでなく、内部からも
似たような意見は出たのでは。

一瞬だけど、冷たい空気が流れ、
それはスタジオの方がよりひしひし
感じたことであろうし。


いずれにせよ最近は努力しているふうである。
それは買う。

でもやはりミスキャストだったなぁ
という思いはぬぐえない。

.



2017.05.02 Tue | Private| 0 track backs,
珍しく胃痛
胃には絶対的自信があるのに
胃痛でダウン。


キッカケは夜のヨガ。
いつもは軽くて物足りないクラスで
回復期に体をストレッチするのにちょうどよさそう
と出かけたのが間違いだった。

ダウンドックのポーズで急激に気持ちが悪くなり、
次々下を向くポーズが繰り出され、超手抜きでやったものの
最悪の気分。

45分のクラスで、もうだめ、というところで
マットの上に寝るクールダウンになり、
なんとかギリギリ持った。

そろりそろりとロッカールームへ戻ったものの
ああもう限界。
むかむかが止まらず、
しばし椅子に座って動けない。


途切れがちに着替えを済ませ、
電車で1駅の所だったので、
なんとか家までたどり着く。


そして服のままバタンキュー。

今回の風邪は真っ先に胃腸にきて、
最初の2日ほど全く食べられなくなったけど、
胃薬をもらって一発で回復。


その後胃薬処方は終了し
問題なかったものの、
抗生物質を2週間も飲み続けるはめになったので
胃が荒れたんだろうな。


幸い先日処方してもらったのと同じ胃薬を
夫が持っていたのでそれを服用。

前回即効性の効き目があったので
今回もたぶんこれでOKのはず。


疫病神、以前体内に残り続けているらしい。
.
2017.05.02 Tue | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill