日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
失われた言葉を求めて: 文豪の草稿、プルーストのカイエ
◆ 失われていく制作過程の軌跡 図書館のバックヤードツアーにて


図書館のバックヤードツアーに何度か参加したことがある。

近代文学館系や公立図書館が企画したものだ。

古書や希少本、豪華本など見どころは多いけれど、
なかでも目を見張ったのは文豪たちの草稿だった。

何度も遂行を重ねた跡があるかと思えば、
速い筆致で一気に書き上げ、らすらと筆をすべらせたものもあり、
手書きの原稿用紙には、様々な軌跡が残されている。

完璧な最終作の裏にある作者の苦悩や情熱を
それらは雄弁に物語っている。


あるいは、バックヤードツアーに行かずとも、
ネットのアーカイブ機能でこうした手稿を検索することもできる。

例えばフランスの国立図書館が運営しているサイトでは、
全7巻の大作「失われた時を求めて」を執筆したマルセル・プルーストの手稿を
カイエのマイクロフィルムとして一挙に見ることができる。


無題 


この手稿こそが、プルースト研究には欠かせない材料となっていて、
さまざまな論文が発表されている。


人物の役割の変化、
書きあぐねたテーマ、
膨大な推敲を経ても終始守られた不動のテーマ、

などを検討することで、
プルーストが重点を置いた点、
心の変化などが細やかに浮かび上がる。


例えば、ママン(母)の描写は、
速い筆で書かれ、ブレることなく一貫していたという。

本作を書く上で、母のテーマがひとつの契機となっていたことや、
母への並みならぬ愛情が改めて伺い知れる。


こうした制作過程を映し出す手の跡はしかし、
パソコンによる制作によっていまや確実に失われている。

今後世の中に残るのは、最終作のみになっていくのだろう。

書いた後に削ったマイナス部分、逆に付加された部分、
そしてそれらが浮かび上がらせる作家の心理状況などは
まるで始めからなかったかのように切り捨てられる。


貴重なものがまたひとつ、便利さの犠牲になっていく。

2017.03.12 Sun | Books| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill