日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
Picard(ピカール)初体験 <フランス発の冷凍食品インプレ>
◆ 冷凍食品であることをしばし忘れて食す・ただしお皿に盛りつけて!


フランス発冷凍食品の専門店Picard。
都内に数店舗できたものの、実際の評判を聞く機会はなかった。

先日前を通りかかったので、入ってみた。
白っぽいイメージで、低い冷凍庫がズラリ並んでいる。

商品棚があるわけでなく殺風景というか病院みたいな感じだけど、
清潔感あふれる、ともいえる。


入り口にはコーヒーの自販機。
パリではきっと広い店内に置いてあるのだろうけど、
都内の店は狭いので、ここで一服する気にはならない。
そのうち撤去される運命では??


・・・等と思いつつ、眺めていたら、なんとなくたのしくなってきた。

サーモンのパイ包みなど、日本の冷凍食品よりも凝ったラインナップで
どれもしゃれているのだ。

そこで4種類ほど買ってきた。


写真左上から右回りに:

ミニケーキトマト
牛ひき肉のパルマンティエ。
メルランのパン(魚フライみたいな感じだけど)
エスカルゴブルゴーニュ風

IMG_8908.jpg 


冷凍庫のところにReduitと書かれた札があるものがあって
それは値引きされているもの。
(100円程度?の値引きのよう。)
英語のReducedと思えばいい。

この日はとりあえずパルマンティエを食べてみた。
いわゆるマッシュポテトと牛ひき肉の重ね焼きのことだ。

IMG_8910.jpg 


レンジ600度で5分。
パッケージの図では、上にチーズがのっている感じだけど、
できあがってあけたら、見た目はよろしくない。
しかもトレーが紙だし。

写真がおいしそうなのでちょっとギャップあり。


IMG_8913.jpg 


そうか・・・これはこのまま食べるということじゃなく、
お皿にのせかえる、ということなのだ、と気づく。

日本の冷凍食品のグラタンはそのまま食べられるように
模様がついてたりするけど、
これは家で主婦が、「私がつくったのよ」ばりに
食卓に出すための冷凍食品なのだ。

このままどうぞ、ではないのだ。
(でも説明書きには、お皿に盛ってください、とかは書かれていない。
暗黙の了解というわけだ。)


でお味のほうだけど、あら、おいしい!
一旦電子レンジでやってから、チーズをのせて器をかえて
オーブンで焼き目をつければ一級品になる。


ポテトはクリーミー、かつ しっかり塩味がついている。
ひき肉もたっぷり、赤身部分を使っている感じで、
しつこくない。


さすがフランス。

日本ではxxシェフのxx冷凍食品
とか有名シェフとのコラボでつくっている冷凍食品・レトルト食品は多々あるけれど、
これは名物シェフ抜きでこのお味。

冷凍食品ということをしばし忘れて食べていた。
じゃがいもの冷凍食品であれば、がじがじっとした味わいだったり、
水っぽかったりしそうだけど、これは違う。
たいしたものだ。

冷凍食品って究極の手抜きだけど、この味なら絶対リピートすると思う。


お値段は上記が1つ500~1300円のレンジといったところ。
合計で3300円程度。

作り方、内容説明などは日本語で
フランス語のパッケージにシールを貼ったわけでなく、
始めから日本語表記の厚紙のパッケージになっている。


つまり中身がフランス製。
パッケージは丸ごと日本仕様。

さて、いつになるかはわからないけど、次も楽しみだ。



2017.02.28 Tue | Gourmet| 0 track backs,
FC2ブログ復活のワケ
事の発端はFC2の不具合だった。

1)FC2の管理画面がおかしくなった。先に進むと、全然違う画面が出ていた&完全に崩れているページがあった。

2)手入れがされていない野放し状態は将来的に危ないな、ブログ移行を考えよう → アメブロなら芸能人がわんさかやっているので簡単に運営中止にはなるまい。

3)移行を念頭に当座ダブルで入れ始める。しかしアメブロは、「いいね」や「友達」機能があって読者を増やすためだけの業者のアクセスがたくさんあると知る。煩わしい。その点FC2は横のつながりを敢えて推進していないので、平穏無事。未練が出る。→ FC2とアメブロ双方に同じ内容で続ける。

4)グーグルでは、ロボットが同一内容の異なるサイトを発見すると重複・コピペとみなし、ペナルティを課すと知る。(警告っぽいのがきた)。ではFC2をやめるしかない。重複部分はFC2から全削除。

5)そうこうしているうちに、FC2の管理画面が改善されているのを発見。アメブロはやはり明らかに「読んでないだろう」という「いいね」があってなんか作為的すぎる。(時間表記を少し戻してエントリーを入れた瞬間、いいねがつく。)

6)そうだ、分ければいい。美術関連はアメブロ、それ以外の旅やグルメはFC2。← 今ココ


2017.02.28 Tue | Private| 0 track backs,
パリの日本ブーム
外食で餃子を食べようとすると中華料理屋さんで食するのが相場だけれど、
聞くところによると、
水餃子は中国の料理であるものの、
焼き餃子は日本製だそうだ。

でも和食の店で餃子は食べられない・・
そんな議論をしていたところ、ふと思い出したことがある。

数年前、パリで見かけた餃子バー。
ここには確かに、餃子は日本料理として紹介されていた。


下の写真にあるように、店の窓には
la culture Japonaiseと書かれていた。


P1410802.jpg 


日本料理と認識しているところがすごい・・・
と思ったけれど、
もしかしたら日本料理として紹介した方が今風で
集客力がある、といったあざとい思惑が裏にあったのかもしれない?!


今は上記より値上がりしていて、8個で8ユーロ、
12個だと10ユーロ。
まあ、お高い。
味の評判は、Tripadvisorその他を見る限り、それほど悪くはないみたい。




パリにはいまや日本モノがあちこちに氾濫していて、
以前紹介したジュンク堂以外にも、ブックオフを見かけた。

お売りくださいの謳い文句が日本語というのもすごい。


P1410848.jpg


1ユーロから販売している模様。
日本の場合、底値はそれより低いけど。

P1410847.jpg


そのほか、パリのそぞろ歩きでは
日本食材専用デリバリー車にも遭遇したし、

P1410699.jpg 


有名どころでは大勝軒。
角の一等地にある。


P1410845.jpg


パリのお寿司屋さんともなると枚挙にいとまがない、といっても
いいくらい。

P1410696.jpg


ジャパニーズ・ビストロと英語で書いてあって、
その上にはアメリカン・ドリームの文字。
なんともいえない無国籍ぶり。
外国かぶれ御用達みたいなイメージか。
今ではジャパニーズ・ビストロの文字は消えたみたいだけど。

P1410850.jpg 


以前は日本料理屋さんの和洋折衷ぶりが面白かったけど、
最近純日本風・本格的なところも多くて
日本という名のxx風、みたいなギャップを楽しむことも減った気がする。



2017.02.27 Mon | Travel-France| 0 track backs,
東京マラソン狂騒曲 林家たい平さんの勇姿 でも家族は見つけられず!
◆ 林家たい平さんを目撃

五輪の予行演習を兼ねてゴールが東京に移動した2017年東京マラソン。

毎年芸能人のランナーが登場するけれど、
今年は笑点と書かれたウエアを着用した林家たい平さん。

大勢に囲まれているので遠目でもすぐわかる。


IMG_2662.jpg 


背中に笑点。

IMG_2666.jpg



◆ 肝心のきょうだいを探せなかった失態! 
◆ 見る場所は後半がいい 


この日はきょうだいを探しに行ったので、トップグループは目的ではなかった。
東御苑で花見をして、ご飯を食べてから、と思ったら
丁度先頭がゴールをするタイミングだったので、
急きょ東京駅へ向かう。

先頭のウィルソン・キプサング   は予想以上に早かったので(2時間3分台)
見逃したけれど、まあ、余りに即興的に決定したので仕方ない。


2位 ギデオン・キプケテル   2:05:49。以下タイムは暫定。
P1840578.jpg 


3位 ディクソン・チュンバ   (2:06:24)
P1840583.jpg 


日本人最高位の井上 大仁  (2:08:20)
IMG_2487.jpg


2位山本 浩之  (2:09:10)
思い切り遠くから写したのでほんのチラリ。
IMG_2491.jpg 


注目の設楽 悠太は3位  (2:09:24)
IMG_2493.jpg 


21番 今井 正人 (2:11:00) vs コニカミノルタ 野口 拓也 (2:11:02)
IMG_2503.jpg 


女子1位。サラ・チェプチルチル   (2:19:45)
IMG_2561.jpg 


女子2位 ベルハネ・ディババ   (2:21:17)
P1840624.jpg 



ところで、
通過時間チェックをしていたのに、肝心の身内を探すことができず。

離れたところにいた夫が見つけてくれたので
写真で見ることはできたけれど。

探すのが大変というのはわかっていたので
ウエアの色とかまで聞いていたのに。

見慣れた先入観とあまりに違っていたいでたちだったせいと
帽子のせい、そばを走っていた目立った別の人をガン見していたせい
らしいが。
なんともなさけない。


一方、今回思ったのは、レースは後半の方がおもしろいかも、ということ。

いつもと同じ日比谷で陣取ったのだけど、
以前は前半に組み込まれていたのでみんな元気いっぱいで
にこやかな仮装大会のイメージが強かった。

ところが今回ゴール場所移動により日比谷は30&40km地点。

みんなくたびれていて、これぞレースという感じ。

さらにばらけているから前半より見やすい。
(でも私は親族を探せなかったわけだが。)


次回はウエアの色を聞くだけでなく、
写真で送ってもらおう。

とはいえ次回抽選に当たるのはいつのことやら。
なにせ毎回応募して、今回たったの2度目の当選だったのだから。

2017.02.26 Sun | 国内探索| 0 track backs,
プレミアム・フライデー関連のイベント(次回は3月31日)
次回のプレミアム・フライデー(3月31日)に向けて、
既にイベント実施を予告している美術館・博物館がある。

いずれも国立系の施設。
つまり国がこの試みを推進している様子がうかがえる。


都内では、フライデー・ナイト・ミュージアム@上野と称して、
第一回目の2月24日に連携イベントが開催された。


そしてその第二弾が3月31日にも実施されることが
既に発表されている。
のみならず、そのほかの金曜日にも、ちらほらイベントが予定されている。


現時点でそれがわかるサイトはこちら:
(国立美術館・博物館の夜間開館と連動したアートプロジェクト「フライデー・ナイト・ミュージアム@上野」 概要 )

最終的な告知は、こちらのサイトに出る予定(現時点では、3/31の情報はきちんと出ていない):
http://www.asahi.com/ad/fn2017/


次回開催が決定しているのは以下の通り: 

●Short Shorts@Museum
(3/31 東京国立博物館)
 テーマ「夜」
①ロングブランチ(監督:Dane Clark & Linsey Stewart )約 14 分間
②僕はうまく話せない(監督:Benjamin Cleary)13 分間


●博物館を楽しまナイト
(3/31 東京国立博物館平成館1階ラウンジ)午後 5 時~8 時まで随時/自由参加 


●ミュージアム灯篭プロジェクト
(3/31)午後 5 時~8 時まで随時/自由参加 


●Friday Night Session
(3/10 国立科学博物館日本館2階講堂)約 60 分/事前申込制(定員 100 人,先着順)
(3/17 国立西洋美術館地下2階講堂)約 60 分/事前申込制(定員 100 人,先着順) 
(3/31 東京国立博物館平成館1階大講堂)約 30 分又は約 60 分/事前申込制(定員 380 人,
先着順) 


ナイトセッションは、さまざまなゲストを迎えて行われ、
第一回目は、映画作家の川瀬直美さんやタレントの篠原ともえさんなどが出演した。



2017.02.25 Sat | 国内探索| 0 track backs,
パリのワイン食堂 平日ランチ
銀座を中心に、オザミグループのレストランは
味よし、コスパよしで、ハズレがない。

今回訪問したのは東銀座のパリのワイン食堂。
歌舞伎座の脇を入ってすぐのところにある。

夜は何度か行ったことがあるけど、平日ランチは初めて。

1.前菜+メイン+コーヒーか
2.メイン+デザート+コーヒーのどちらかを選ぶ。

1の場合前菜とメインを何種類かの中から選べる。

私はキッシュの前菜。


IMG_8772.jpg 


オザミ本店は前菜Fixだけど、
こちらはチョイスという点が違う。

そしてメイン。
オザミ本店よりも、チョイスの幅が広い。
あちらは肉か魚の2種。

こちらは本日のメイン(日替わり)のほか
魚、ハンバーグ、牛肉などがある。

選んだのは、本日のランチ。
本日は吉田豚のカツレツ。
ソースが合っていた。

IMG_8773.jpg 


本日のランチのメインは、サイトに出ているので
あらかじめ内容がわかるのがいい。

コーヒーは、オザミ本店より小さめ。
好きな味。

IMG_8776.jpg

これで1080円。
大賑わい。
やはりチョイスが多いから、近所のOLさんたちのなかには
毎日のように通う人もいるのでは。

ちなみにこの店に行く途中、
行列ができている店が2つあった。

ちょっと謎。
アメリカンというお店とYouというお店。
いつかチェックしなくては。

HP
2017.02.23 Thu | Gourmet| 0 track backs,
医療費の還付申告のみなら確定申告の行列が回避できる
サラリーマンで、医療費控除のみの申告、つまり還付請求のみをする場合、
翌年の1月早々から受付けをしてもらえる。

夫はそれを知らずに行列に並んで随分待ったらしい。

「待ち時間長かったけど、確定申告期間開始早々に行ったから、
まだこれでも 列は短かった方だろう」、と得意げになっていた。

けれど、やはり還付のみの同僚が、1月4日、税務署のオープンとともに提出に行き、
列などない中 即座に受け付けられた、すでに還付金がきた、と話しているのを耳にして、
がっくりしていた。

これに原稿料などが加わると、確定申告になり、
最終的に還付になったとしても確定申告期間を厳守しないとだめだけど、
医療費控除のみの場合などは1月早々に行くのがいい。

確定申告=医療費控除=2月16日から3月15日まで
という固定観念があったので、
そんなことを今まで全く知らなかった。

とはいえ、医療費控除、めんどくさくて
高額払った年でも今までやっていなかった。

手間のわりに還付額が大したことないと思い込んでいたので。
でも実際やってみると、結構違いがあることに気が付き、
我が家では医療費還付手続きを去年から申請している。

しかもこれは一家で合算してもいいので、
税金をより多く払っている夫の方でまとめてつけている。


2017.02.22 Wed | Private| 0 track backs,
Booking.comの宿の質
大手宿泊予約サイトBooking.comは、
これまでレベルの低い宿もちらほら含んでいて、
レビューを見ると10中評価「4」以下のものもあった。

けれど久しぶりに覗いてみたら、評価のひどいものは
足切になって、消えていた。

トラブルを避ける意味もあるのだろうけれど、
一種の改善点とみなすことができる。

けれど、ひとつだけ寂しいことも。

それは、ロンドンのレベルの低い宿のひどさが半端ではなく、
宿泊した人の感想を読むのは下手な三文小説よりも面白かったのだ。

カギが閉まらない宿、
虫の天国になっている宿、
泊まると必ずかゆくなる宿、
掃除をした痕跡がない宿、
怖いもの見たさで予約したものの、想像以上だった、という感想、
「これだけひどいレビューなのにまだ掲載している意味がわからん」
なんていうコメントも。

宿泊者の不愉快コメントを読んで面白がるのは失礼だけど、
どこまでいえば、Booking.comはこれらの宿を
はずすのだろうか、といった野次馬根性的に
見守っていた。

果たして時はきた。
以前にもましてSNSが発達し、
これまではBooking.comへの感想だけで済んでいたクレームも、
今は写真付きでアップされる世の中。

放置できなくなったのだろう。

というわけで。今、以前の無法地帯状態からは脱し、
最低レベルの宿はごそっと抜けたようだ。


2017.02.21 Tue | Private| 0 track backs,
アメブロ
最近Diaryをアメブロに移行したのだけど、
突如落ちる症状があって、どうも不安定。

FC2復活を考える今日この頃。
2017.02.20 Mon | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill