日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
肩こり対策 筋膜はがしが最強
今年の出会いのうち、肩こり対策として筋膜運動はかなりイケル線だと睨んでいる。

ぐりぐり揉んでもなおらない肩こり。
でも、筋肉の膜をはがすようにして斜めに優しく力をかけていき
地道にこれを続けると、可動域は間違いなく広がる。

さらにこのとき、力を抜いて、呼吸と共にやるのがコツ。

以前タコのような柔軟性を誇るヨガの先生に、柔軟のコツを聞いたら、
「器械体操をもともとやっていたので柔らかいんだけど、その際、
いつもつーっと力を抜いてリラックスしたときに伸ばす方法が一番効果的だった」
とのことだった。

脳が拒否反応を示したらダメ。
以外に単純と思われる脳をあやしつつ、
ほうら、伸びるよ、伸びるよ、という感じで優しく筋肉をはがすかたちで
ストレッチをするのがいい。

ストレッチポールにのって肩甲骨を伸ばすときも、
中の筋肉をぐいぐい押すより、表面の筋肉をはがす感覚で手を引くのがいい感じ。


音楽など聞きながらやるとなおよさそう。
筋肉の凝りは、筋肉そのものを攻めるより、周囲の筋膜や、脳への思い込ませを重点にするほうが
効き目あり、それが肩こりと格闘してきた私の目下の結論だ。

現に筋膜運動を始めて以来、がちがちだった肩甲骨に少しゆとりが出てきた。
来年も続けるつもり、筋肉体操。



2016.11.30 Wed | Useful Information| 0 track backs,
パリ/ノートルダム寺院の見どころ
以前のパリ旅行で、久しぶりにノートルダム寺院を訪れた。

もしかして学生旅行以来?

パリに行っても、シテ島あたりにはほとんど寄り付かなかったので、
恐らく中に入るのは人生2度目。

そこで新しい魅力を再発見。


P1400745.jpg



ステンドグラスの美しさはさることながら、ひとつひとつの図を綿密に見てみると、
飽きることなく楽しめる。

例えばこれ:


P1230195.jpg


上部にはアダムとイブ。
リンゴだけでなく、蛇までちゃんとおでまし。
なかなか芸が細かいし、エレガント。
色の組み合わせにも惹かれる。


P1230195a.jpg


その他聖書の場面が多々。
これは、聖母戴冠、などと望遠鏡で探し当てたりしていると、あっという間に時が経つ。


木彫りの連作も、力作だ。

P1230194.jpg


胸元の聖痕を、確認して、おお、本物のキリストだ!と認識する場面(であろう)。

周囲の野次馬の好奇の眼差しとかも楽しい。

P1230194a.jpg


まだまだ手元にはいろいろ画像があり、
ほんの息抜きのひととき、これらを眺めては、旅の思い出に浸ったり。
今年パリに行く気はしないけど、また是非美術館巡りで訪れたい。

次回は絶対モロー美術館も行かなきゃ。(前回旅立つ直前に修繕で閉鎖のアナウンス)。

.
2016.11.13 Sun | Travel-France| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill