FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
9月20日(日)~ 練馬区立美術館「アルフレッド・シスレー展」 <予告>
実は密かにこの展覧会を楽しみにしている。
9月20日(日)から練馬区立美術館で開催される「アルフレッド・シスレー展」。

(追記:本展の感想はこちら ==>「シスレー展感想」)


パステルを中心とした落ち着いた色調、点描画法で描いた木々や風景が心に残る、
ストレートな印象派。
いつ見ても心地よい。

時折ピサロと混同するような絵もあるけれど、シスレーは画風のブレが少なく、
かつ、人物を描きこむことが少なかった気がする。


サラサラっというあの乾いた筆致は、フランスの乾燥した大気をよく伝えていて、
どこかひんやりした朝のフレッシュな空気感がある。

もともとイギリス人のせいで、どこか生真面目な印象もある。
ただ人物像はそれほどよく知らない。
新しい発見を求めて、是非訪れたい。


jj.jpg



*******************************************************************

■展覧会名 アルフレッド・シスレー展-印象派、空と水辺の風景画家-
■会 場  練馬区立美術館
■会 期  2015年9月20日(日)~11月15日(日)
■休館日  月曜日 ※ただし、9月21日・10月12日(月・祝)は開館、翌平日休館。
■開館時間 10:00~18:00 ※入館は17:30まで
■観覧料  一般1000円、高大学生および65~74歳800円、
      中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引有)
      ※一般以外の方は、年齢等証明できるものを提示。
■webサイト:hhttp://www.neribun.or.jp/museum.html
2015.09.10 Thu | Art| 0 track backs,
パリのワイン食堂 @東銀座
壁には四方八方フランス語のポスターが貼ってあり、
訪問したフランス人により壁の上に残されたメッセージも散見される。
入店すれば、フランス語が頭上で飛び交う、、
そんなパリの雰囲気満載のビストロを再訪した。
カジュアルでメニューチョイスがたっぷりで、コスパ抜群だ。


kk.jpg



台風の影響で豪雨となった水曜日。
雨を気にしながらも女子会決行。
場所は東銀座の「パリのワイン食堂」。

さすがに空いているだろうと思いきや、満席になった。
(ただ、お客さんが引けるのは弱冠早かった。)

産業構造の変化をたっぷり感じたひとときだった。


食事の方は、夏前に食した前菜に再度挑戦したかったのだが、メニューは様変わり。
オードブルにはエスカルゴを選んだ。

写真 2 (75)


メインは魚のラタトゥイユ。

写真 1 (79)

デザートも付いて、3000円ちょっと。

ワインはほぼ全品3800円(税抜き)。
オザミ系列なので、安心感もある。

https://auxamis.com/wine-shokudo
2015.09.10 Thu | Gourmet| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill