FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
文書・美術品のアーカイブ保存: 奈良女子大がスゴイ
奈良女子大が地道な取り組みを行っている。
奈良や京都方面に残る美術品、古文書などを画像アーカイブに収め、
一般公開している。

とくに嬉しいのは曼荼羅の細密画像。
美術館で見ても(たとえ単眼鏡で見ても)、すすけていて細部がよくわからない。

奈良女子大のアーカイブでは、くっきりハッキリじっくり見られる。

元興寺智光曼荼羅 厨子本
智光曼荼羅(異相本) 絹本著色 寛永4年(1627) 京都 檀王法林寺 蔵

たとえば、板絵 智光曼荼羅 元興寺蔵 重要文化財では、
・JPEG画像 (縦512画素)
・通常撮影画像(可視光撮影)
・赤外線撮影画像
・連動比較
・透過比較 [硝子ビュー]

などを見ることができる。

一覧は下記:
奈良地域関連資料画像データベース
奈良女子大学所蔵資料電子画像集(土左日記創見などを含む)


Copyrightなどの問題も含め難しい作業に違いない。
熱意を感じる。
2015.05.07 Thu | Art| 0 track backs,
ユトリロの父、ルノワール説
先のエントリー:「ユトリロとヴァラドン展@損保ジャパン日本興亜美術館 <感想>」に関連して。

画家ユトリロの本当の父は誰だかよくわからず、母ヴァラドンが付き合っていた複数の男性の中から、
ミゲル・ユトリロ氏が寛大にも認知に同意した(だから苗字はユトリロ)、という話は耳にしていた。

先日の損保ジャパン日本興亜美術館の展示でも、そういう説明だった。
同時にヴァラドンはサティ、ロートレックらとつきあい、ルノワールのミューズでもあった、
という解説も目にした。

そんな中、ルノワールが父という説もあるのだとか。(下記★)
一方、雑誌ル・パリジャンの記事によると、”彼女に会った男性は皆彼女と恋に落ちた”そう。
シャヴァンヌとの愛人関係は7年と長かったようだけれど、その間も、男性関係は半端ではなかったようなので、
特定するのは容易ではなさそう。


Email from Kさん
★ヴァラドン情報。
すでにご存知かもしれませんが、サティにとって生涯唯一の恋人と言われているのがヴァラドン。彼女27才、すでに子持ちでユトリロ9才。
ユトリロの父については今、ルノワールが有力な説です。誰が父親であっても、ヴァラドンさんは才能のある人が好みのようですね。ユトリロの才能も当然かもしれません。

2015.05.07 Thu | Art| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill