FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
みどりの日の無料入園
昨日みどりの日。
都内の庭園の多くが、特別無料開放となる。
メトロの1日乗車券(600円)を購入して、さあ都内の1日無料庭園巡り。

閉園が一番早い新宿御苑から。
バラが咲き始め。

IMG_9771.jpg


1ヶ月前、桜に彩られていた広場も、いまはしたたる緑一色。

IMG_9766.jpg


地味ながら清楚な花をつけているホオノキ。

P1700110.jpg

ツツジは終わりかけ。
こちらのものは、やたらビッグサイズ(比較対象は東御苑)。

P1700123.jpg


次に古河庭園。
本園自慢のバラがやはり咲き始めで、ちらほら。

IMG_9796.jpg


トレードマークのプチ・ベルサイユばり庭園。

P1700153.jpg

建物見学は別途チケットを購入必要で、さらに見学時間が決められており、
ふらりと行くと、いつもタイミングが合わない。

P1700160.jpg


六義園、小石川後楽園をまわり、ランチをはさんで岩崎庭園へ。
いつも内部見物は大混雑なので、早い時間か遅い時間に行くことにしている。
今回は17時頃到着。(ゴールデンウィーク期間中は18時まで。)
入場制限をしていたようだけれど、列に並ぶとほどなく制限解除。
日中はさぞ込んでいたのだろうと思われる。

P1700245.jpg


内部は写真NG。
外からベランダを撮影していて気づいた。
そういえばこのタイル、ミントン製ということだった。

P1700236.jpg


最後は清澄公園。
サギがのんびりと散歩中。

P1700255.jpg

飛翔する姿は今イチなのだった。

IMG_0063.jpg


朝出発はのんびりと9時前。
東京駅付近でモーニングを食べて繰り出し、
ランチを挟んで17:30で庭園巡り終了。

この日は浜離宮はスキップとあいなった。

最後、折角清澄白河に来たのだから、とブルーボトルコーヒーの店まで行ったものの、
夕方遅くでも長蛇の列。
あっさり却下し、最後の締め、浅草へ。
浅草寺あたりをぶらついて帰宅。

メトロをくまなく使用したとはいえ、園内散歩で結構歩いた成果
万歩計の数字は34000歩。
2015.05.05 Tue | 国内探索| 0 track backs,
都内モーニング(スペシャルブランチ)コスパ・雰囲気抜群
◆ 東京駅/京橋駅、生ハムやスモークサーモン入り3段ティースタンド(トレイ)、パン3種、コーヒーおかわり自由・・・が1080円
神戸屋シルフィー、 グランアージュ丸の内店

IMG_5764.jpg


みどりの日、ということで都内無料庭園巡りをするのに、まずは腹ごしらえ。

都内のモーニング、新規開拓をめざし、選んだのは、
神戸屋シルフィー グランアージュ丸の内店。


フォーシーズンズホテル丸の内 東京の1Fに位置しているせいもあり、
天井が2F分と高く、椅子もゆったり。
ガサガサ、わさわさしていないのがいい。


IMG_5767.jpg


1080円の神戸屋スペシャルブランチセットは3段トレイで運ばれてくる。
これにパン3種、バター、ジャム、ピクルス、おかわり自由のコーヒー(あるいはポット紅茶)という内容。


トレイの前菜その1、
生ハムサラダ:

IMG_5761.jpg


前菜アソートは、スモークサーモン、ポークハム、カマンベールチーズ、オムレツ、鶏肉のあえ物:

IMG_5760.jpg


フルーツ5種(ひとつ見えないけど)とミニデザート、

IMG_5762.jpg


紅茶はポットサービス、コーヒーはおかわり自由。

パン3種+蜂蜜+バター+ピクルス付。
パンはフレッシュと言う感じではないものの、これは朝から大満足のメニュー。

IMG_5765.jpg


営業は:
平日  :7:30~22:00(LO:21:00)
土日祝:9:00~20:00(LO:19:00)

で、500円からあるモーニングは
7:30~11:00

756円のトーストブランチセットもいろいろついていてよさそうだったけれど、
やはり神戸屋スペシャルブランチセットが見た目豪華でお値打ちもの。

ランチには窯出しパン食べ放題もあるようで、こちらのパンは
焼きたてがくると思われる。

その名の通り神戸屋の系列。


概観:

IMG_9693.jpg


朝からいい気分!


お店のサイト(モーニングメニュー頁)
http://www.kobeyarestaurant.co.jp/sylphide/marunouchi/morning.html
2015.05.05 Tue | Gourmet| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill