FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
 「画業20周年 片岡鶴太郎展 還暦紅」 
草津ホテルの隣接施設として、草津片岡鶴太郎美術館というのがあるそうだ。
開館は平成10年。
絵筆をとっていらっしゃる、というのは知っていたけれど、これは知らなかった。

FBによると、来年度の氏の手によるカレンダーも販売開始されたそう。


そんな片岡さんが、都内で「画業20周年 片岡鶴太郎展 還暦紅」を開催される。


還暦「紅」というタイトルどおり、ご本人のサイトには、和のテーストの上品な紅色の作品例の数々。
こだわりの色なのらしい。


例えば、「椿に金魚」

ヒレが淡くフェードアウトしていくさまが可憐で、
静けさに包まれ、紅色で結ばれた地上と水中の生き物が二次元の世界で合流する不思議な世界。

そのほか紅ではないけれど、鰹がアートになった色合いの妙「土佐鰹」にはPC上で見入ってしまった。


上記は作品例なので展覧会に含まれるかどうかは不明だけれど、
展示されるのは、初期の作品から最新作50点まで、未公開作品を含め約150点が並ぶという。

屏風もあるそうで、渾身のお披露目会。
ドラマの刑事役などで見せる顔とはまた全然違う一面が見られそう。


p.s.画像を見たところ、もしかして落款は 「つ」?



■□■ 「画業20周年 片岡鶴太郎展 還暦紅」 の開催概要 ■□■

会期:2014年8月27日(水)~9月8日(月)※会期中無休
開場時間:午前10時~午後8時※最終日は午後5時閉場(入場は閉場の30分前まで)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア(中央区銀座3-6-1) 
    http://www.matsuya.com/m_ginza/info/access.html
主催:片岡鶴太郎展 還暦紅 実行委員会
観覧料:≪当日券≫一般1000円 、高大生700円 、中学生500円(小学生以下無料)
公式HP: http://www.kataoka-tsurutaro.com/
2014.07.31 Thu | Art| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill