FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
三井記念美術館  / 展示室は重役室食堂 つづき 
三井記念美術館で開催中の「特別展 超絶技巧!明治工芸の粋」の逸品の中から、まずは2点のみピックアップ。


● 並河靖之「蝶に花の丸唐草文花瓶」(七宝)

黒で仕切るモンドリアン的発想が斬新で、なんてモダンな柄!と唸ったのはこちら。

難しい色合いを統合しているけれど、ちょっとした構図の変化でバランスが崩れてしまいそう。
かなりチャレンジングな作品。

形は徳利のようで、小ぶり。
西洋の風味を感じさせつつも、一輪ざしというささやかさが日本的で、
なんともいとおしい。

*以下写真は内覧会用に特別許可を得て撮影:

P1240246_20140427193403be9.jpg


● 安藤緑山「パイナップル・バナナ」(牙彫・木彫)

今回の展示の売りのひとつが安藤緑山の彫刻作品群。
象牙という堅い素材を自在奔放に扱っている。

やや黒ずんだ剥きかけのバナナなど、リアルな果物たち。

ただ、単に写実に拘った作家、というよりも、
キレイで無傷な果物ではなく、ありのまま、或いは食べられようとする過程を写し取っていることから、
それら果実を、単なる鑑賞対象としてではなく、命を吹き込まれた我々同様の生物として
安藤緑山は捉え、表現しようとしていたように思う。

P1240255.jpg


内覧会の所感など、本展覧会に関する続きはこちら:
http://masciclismo.blog.fc2.com/blog-entry-6.html


***

サイト:http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
場所:三井記念美術館
展覧会名:「特別展 超絶技巧!明治工芸の粋」
会期:2014/04/19~2014/07/13
会館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、5月7日(但し4月28日・5月5日は除く)
料金:一般1300円、大学・高校生800円、中学生以下無料

※「5月18日(日)「国際博物館の日」を記念して、5月18日当日に限り外国人および大学・高校生の方は無料でご入館いただけます。」とのこと。


(以下詳細を折りたたんで掲載)
2014.04.27 Sun | Art| 0 track backs,
三井記念美術館 / 展示室は重役室食堂 
精緻の極みを探究した名品の数々が拝める「特別展 超絶技巧!明治工芸の粋」が、ただいま日本橋の三井記念美術館で開催中。

個人コレクター村田理如氏の収集品に感銘を受けた明治大学山下裕二先生が、これらを展示するならこの場所、
とご指名したのが三井記念美術館だったそう。

山下先生が惚れ込んだ展示室の雰囲気を見てみれば、なるほど逸品に負けないこちらも超一流の器なのだった。

歴史を感じさせる重厚感あふれる内部、実は元三井本館の重役用食堂だったとか。


*以下写真は内覧会用に特別許可を得て撮影:

P1240297.jpg


当時のパネル写真を見てみれば、かつて中央に細長いテーブルが置かれていた。
今はこの場所に独立展示ケースが並んでいる。

P1240291a.jpg


食堂らしき面影を求めてみれば、例えばこの扉など。
スーパーの食品売り場から仕込み室へと通じるドアを彷彿させ、
両手がふさがっているボーイさんたちが、料理を持ち運びするのに不都合のない構造。

P1240300.jpg


展示室前室には暖炉があり、
やはり本館の構造を保存しつつ美術館に転用したことがうかがわれる。

P1240290.jpg


往時の写真と余り変わらない。

P1240291.jpg


暖炉といえば、展示室2にも立派なものがひとつ。

この部屋には安藤緑山の竹の小の牙彫が恭しく展示され、注目を集めたのだった。

P1240301.jpg


ミュージアムショップのそばには、米モスラー社製の書庫扉(↓)が保存され。
扉の厚さは25㎝強。重さ8トン。

かつては大小24個の金庫書庫が備え付けられていたという三井本館。
三井銀行、三井信託銀行が入居していたのだから、金庫は不可欠な存在だったわけだ。

日銀でも、現在使用中止になった金庫扉(25トン)が公開されているが、
あちらも北米(ヨーク社)からの輸入品と聞く。

金庫作製技術は米国の方が上だったということか。


P1240361.jpg


重役食堂は展示室1,2のみで、展示室3以降はノーマルな造りになってはいるものの
地に足をつけて歩んできた建物の重厚感が、美術品と共鳴しあい、独特のハーモニーを奏でるのだった。


内覧会の所感など、本展覧会に関する続きはこちら:
http://masciclismo.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

***

サイト:http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
場所:三井記念美術館
展覧会名:「特別展 超絶技巧!明治工芸の粋」
会期:2014/04/19~2014/07/13
会館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、5月7日(但し4月28日・5月5日は除く)
料金:一般1300円、大学・高校生800円、中学生以下無料

※「5月18日(日)「国際博物館の日」を記念して、5月18日当日に限り外国人および大学・高校生の方は無料でご入館いただけます。」とのこと。
2014.04.27 Sun | Art| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill