FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
三枝昂之氏の「昭和短歌の精神史」その2
先の話の続き。
自由形式よりも、定型においてこそ、自由さが発揮できるというアイロニー。

これは短歌の世界だけでなく、人生全体に敷衍できるのではないだろうか。

がんじがらめのサラリーマンは、ほんの少しの余暇を割いて貪欲に充実の時を求め、
ああ、もっと時間があればなぁ、と夢想する。
だけど、いざ100%自由人となってしまった時、夢が折角叶ったというのに、実際のところ戸惑ってしまうのでは。

むろん、サラリーマンの代わりに子育て中の母に置き換えてもいい。

ある程度の社会的義務とか拘束があった方が、開放感を満喫できる。
そうしたしがらみから解き放たれた時こそ、自由さを求めるのに人は必死にならねばならなくなる。


くだんの本から、三枝昂之氏の言葉を引いてみる:

自由律衰退の原因は何か。
・・・
原因は自由律短歌自身に内在していた。・・・

「一首ごとに新しい形式を打ち立てることが要求される」のが自由律短歌であり、
その形式の過酷さへの「徹底した畏れと怖れの自覚のなかにしか、類型化をまぬがれるということはできない」




昭和短歌の精神史昭和短歌の精神史
(2005/07)
三枝 昂之

商品詳細を見る
2014.02.27 Thu | Books| 0 track backs,
昼休みのつぶやき
今読んでいる三枝昂之氏の「昭和短歌の精神史」の興味深いことが書いてあった。

自由律の短歌の衰退は、その自由さゆえの閉塞感によるものだと。

つまり、自由形式は一発限りでなくてはならず、
一度使った形式はもはや自由形式でなくなってしまう。

毎回斬新な形式を追求せねばならなくなり、その息苦しさから逃れるために、
昭和初期の自由律はやがて廃れ、定型へと回帰していったという。

なんの決まりごともない無秩序の中より、
定型という枠のある空間の中の方が思いのままに羽ばたけるという定理がここにも。

陣内氏が、須賀さんが、それぞれ
建築や文学において語った言葉が、またここにも。

おっとそろそろランチタイムが終わる。(近頃ランチがフレックスで12:30-13:30なのだ。)
さて、戻らなくちゃ。


昭和短歌の精神史昭和短歌の精神史
(2005/07)
三枝 昂之

商品詳細を見る
2014.02.27 Thu | Art| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill