FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
スターバックス太宰府天満宮表参道店がスゴイ
昨日触れたトーハクでのトークショーの続き。

スピーカーのひとり建築家の隈研吾氏は、大宰府のスタバ(写真あり)の設計も手掛けたそう。

スライドを見てびっくり、なんとも斬新。

今回トーハクで開催中の工芸展で展示されている網籠みたいなつくりだ。

実はこれ、「筋交」すじかい、という伝統技法を使っているらしい。
「筋交」とは、建築現場で30度と60度に斜めに部材を渡して建築物を補強する手法なのだそう。

小さな部材でも、組み物にすることで支えられることを示した例、と隈氏。

建物の一部に応用する伝統技法だが、それを全体に敷衍して使ったのが、大宰府のスタバというわけだ。

竹のように見える斜めの木は、一見飾りのように見えるけど、実は支え柱の役割を果たしている。

氏いわく、世界中でスタバは毎日3000店舗ずつ増殖しているため、凝った店舗はなかなかつくれない。
しかし、大宰府は例外との由。

一見威圧感があるが、我々の伝統の中、そして我々のDNAにある必然としての世界がそこにある。

「筋交」として使っている部材の厚みはたったの6㎝しかないが、建物全体を支えている。
耐震強度はコンピューターで計算済みという。


そこですかさず元九州国立博物館勤務だった伊藤学芸部長がひとこと。

「この場所は毎日通勤で通った道だからよく知っているのですが、毎年店ができてはつぶれる場所だったんですよねー」

伊藤さんの表情・言葉は、いつも場を和ませる。


下は、トーハクの庭の梅。

P1530012.jpg

P1520995.jpg


こちらは↓トーハクの帰りに立ち寄った東御苑で見た寒桜。
この寒桜は早咲きではなく、例年より少し早い印象。

P1530143.jpg

P1530144.jpg


梅は、品種によってはすでに8分咲き。
梅の開花状況は2月中旬にチェックしようと思っていたけれど、いつの間にか春を先取りしていた。

このあたりは梅林坂と呼ばれ、ぷーんと甘い芳香が漂っていた。

P1530090.jpg

P1530088.jpg

P1530102.jpg


これは梅林坂ではなく、二の丸庭園にて。

P1530080.jpg
2014.02.03 Mon | Art| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill