FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
箱根の旅その4.レジメ
先日の箱根小旅行を駆け足で辿ってみる。

まず登山電車。
以前乗った時はおしゃべりに興じていて気付かなかったけど、スイッチバックを3回も行ってやっとこら登っているのを実感。


写真で急勾配をとらえるには、前に座るのがいいとガイドブックにあったそうだけど、
スイッチバックが3回入るので、どのタイミングでどっちが進行方向になるのかわからず、
その情報を生かすことはできなかった。

P1470622.jpg


宿にチェックインする前に、まずはポーラ美術館に直行。
国立西洋美術館とのコラボによる印象派展開催中。

私の大好きなボートの絵が2つ並んでいた。
西洋美術館バージョンとポーラ美術館バージョン。


P1470659.jpg


ポーラには、かつて美術本でも見たことのないようなモネがたくさんあり、新鮮だった。
「この光は知ってる」と思っていつまでも眺めていたのは、オレンジ色の南仏の陽光溢れる絵。


定規、付箋紙、ポストカード、チケットホルダーなどを購入。

P1470661.jpg

建物は斬新。
片側を見ると、実は地下に埋まっている構造。
だけど採光がふんだんで、中にいるとそんな構造には気づかない。

P1470670_2013101623412778a.jpg


周囲は林に囲まれており、
森林浴を楽しむ。

この時期にしては気温は高め。もっとひんやりしていることを予想して、集めのセーターも持参したが不要だった。
なんとも、すがすがしい散策だった。

P1470689_20131016234125f3f.jpg


時折陽が射すと、木漏れ日木漏れ日!と嬉しくなる。
木々には太陽が似合う。

P1470716.jpg


さてお昼。
美術館内で。

P1470733.jpg


とはいっても、ロマンスカーの中で耐えられずに軽食をとってしまったので、
当初目論んでいたコース料理はやめて、和をチョイス。

P1470735.jpg


こちらはツーレのどんぶり。
野菜たっぷりヘルシー。

P1230583.jpg


さて翌日。
先日のエントリーにあった千石高原を散策。

その後、芦ノ湖遊覧船。
箱根の関所が立派になってた。

P1480102.jpg


事前にあまり下調べせず、現地で即興的に行く場所を決めてきた。
船の後、どこに行くか考えていなかったけれど、まあ名前が有名だからと大涌谷へ。


硫黄のにおい。
黒い温泉玉子が大人気。
でも、5個入りしか販売していないし、朝食に出ていたので、我々は買わず。

P1230969.jpg


次はどこへ行こう、そろそろアイディアも枯渇。
では、やはり有名だからと老舗箱根富士屋ホテルへ。

これが博物館並のヒストリックな場所で、なかなか良いチョイス。
おまけにランチにもありついて、満足満足。
それは別途エントリーすることに。

P1480239_20131016233956f45.jpg


最後は小田原でちょこっと下車して町をさらっと見渡し、
これにて箱根一泊旅行はおしまい。

小田急の箱根フリーパスは本当にお値打ちですね。

P1480315.jpg


*** 10月の箱根小旅行 ***
箱根の旅その1.仙石原のススキ
箱根の旅その2.箱根の新名所、岡田美術館
箱根の旅その3.箱根で世界遺産を愛でる
箱根の旅その4.レジメ
箱根の旅その5.箱根富士屋ホテル
2013.10.17 Thu | 国内探索| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill