FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
サマーシールドの日傘インプレ
買い物上手な友人が、先日またまた優れものを持っていた。
サマーシールドと呼ばれる日傘だ。

なんでも東レの新開発素材で、99.99%遮光性があり、傘の下は(体感温度のようなものか)、マイナス4度だとか。
(売り場の人の受け売りらしいのだが。)

よさそうなのでいてもたってもいられず、即刻デパートの日傘売場へ直行した。

この日傘の素材自体をサマーシールドと呼ぶそうで、幾つかのブランドが出している。
とはいえ夏のバーゲンの時期なので、柄のチョイスが余りない。

友人のは折り畳みだったのだけど、私は長い方が好きなので(畳んでいる部分がだらんとした感じがするので)、
迷わず長い方を購入。

これだ。

P1370300.jpg


中は黒く、ビニールテントみたい。
これならなるほど遮光は期待できる。

P1370302.jpg

いざ本日から使用。

今日は仕事でアポがあり、この日傘をもって、12時から3時までの間炎天下を1万歩歩いたので、インプレなぞ。

まず、カンカン照りの炎天下。
日差しは確実にカットできるので、じりじりとした照りつけは、弱まっている感じがある。

では、マイナス4度の効果のほどは??

なにしろ屋外は35度以上のこの日、足元からモワモワと容赦ない熱気で、
さすがに涼しさを感じる、という境地は無理。(正直にいう)

ただ、大き目の日傘にしたせいもあり、日差しが遮られる分、やはり効果を実感。

UVカットの効果もきっとあるはず。

何より、黒いテントの下にいる感覚なので、それが脳に「効果あり!」と伝達してくれる感じで、
それが絶大な効果といえる。

そのせいか汗をあまりかかなかった気がする。

P1370303.jpg


さてお値段。

この素材の傘は一様にお高め。
セリーヌの傘より高い。

プランタン夏のセールで、3割引きとなり、8000円ちょっと。
普通は1万円以上。

いくつかのブランドが出しているけれど、私はイヴサンローランを選択。

実は、ノーブランドのサマーシールドより安かったのだ。(きっとプレーンな柄だから。)

サンローランでもサマーシールドでないものの方が多いので、ちゃんとタグをチェックして買わないと。

P1370301.jpg


結論:
高機能のUV化粧品を買うことを考えると断然お得。
ただし、傘の下は涼しい、という妄想をもってはいけません。
暑いものはやっぱり暑いのだ。
.
2013.07.10 Wed | Society| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill