FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
チフリーガーデン (シアトル) その1.恵みの太陽 
シアトル出張の続き。

3日目の予備日がフリータイムになったため、どこへ行こうかな、と考えて、シアトル大学 → チフリーガーデンに行くことにした。

ところが朝起きたら、シアトルにしては珍しく、太陽が出ていたため、
急きょ予定を変更して、チフリーガーデンに先に足を運ぶことに。

ここは、ガラスアートの美術館。建物の外と中にガラス細工がちりばめられている。

外のガラス細工は、やはり太陽の光を受けてこそキラキラと輝くはずで、今こそチャンス!、そう思ったので、
太陽が逃げる前に行くことにしたのだった。

しかし内部見学の後外に出たら太陽が雲の中に埋もれてしまっていた。
がっかり。ところが、20分ほど粘っていたら、出た出た、太陽!
ああ、こんなにも違うのだ、太陽の存在。
光の登場で、ガラスがぐっと生きてきた。

これは日が差す前:

P1260548.jpg

日が差した後:

P1260675.jpg

翳っていたとき:

P1260517.jpg

太陽が顔をのぞかせたあと:

P1260650.jpg

滴るような光の滴。
きらめいて、活気づいてきた。

P1260734.jpg

夜のライティングも美しく、夕方行こうか、とも思ったけど、
自然光のいきいきした様子はやっぱりいい。

P1260743.jpg

シアトルからのプレゼント。
太陽の恵み、という名の。

P1260740.jpg


チフリーガーデンは、今年5月にできたばかりだそう。
タコマ出身のガラスアーティスト、デイル・チフリー氏の芸術品が配されている。

場所はスペースニードルの脇。
入場料は19ドル、と結構お高いけれど、Tripadvisorでは観光地としていまや1位にのし上がっている。

到着日の夜に何だろうあれ、といぶかしく思っていたこれ↓がその一部だったと後で気づいた。



URL:http://www.chihulygardenandglass.com/
2012.12.16 Sun | Travel-USA| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill