FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
見事なストリートパフォーマンス
ロンドン五輪の開幕式を見て、舌を巻いた。

長野五輪を思い出しながら言っているわけだけど。
渋い太鼓や、四大陸同時演奏オーケストラという自己満足で終わってしまった演出や、某フィギア選手が扮装して点灯した聖火には、なんの脈絡もなかった。
日本らしさにこだわったことを否定するつもりはないけど、発想の羽ばたきがなかった。

開幕式を見てイギリスのパフォーマンスぢからを痛感したその丁度翌日、今度は目の前で、こんなストリートパフォーマンスを見た。

P1160835.jpg

丁度五輪開幕に合わせて、サウスケンジントンでRoad Shawというイベントをやっていたのだ。
プログラムがちゃんとあって、さまざまなパフォーマンスが見られる。

P1160809.jpg

ふらっとそばを通って、たまたま2つの出し物を見ることができたのだが、
このパフォーマンス、見ごたえ抜群だった。

P1160803.jpg

メッセージ性もあって、かつはちきれんばかりのパワー。
そして、身体能力の高さ。

P1160804.jpg

こんなの無料で見ちゃっていいの?みたいな。

P1160781.jpg

何気なくさらっと行ってる若者たちのパフォーマンスでこのレベル。
五輪のあの見事な演出も、うなずける。

P1160619.jpg

今回の滞在では、イギリスの奥深さを改めて感じた。

今までも大好きだったけど、ますます好きになった。

P1160770.jpg

特に、今まで余り足を踏み入れたことのなかったサウスケンジントンの雰囲気が気に入った。
博物館が終結し、インペリアルカレッジがあり、カルチャーが漂っている。

P1160761.jpg

私はイケない癖で、一度気に入ると、そこばっかり行ってしまう。
なにがなんでも、ナショナルギャラリーには滞在中何度か足を運ばないと気が済まない。
今回も3回行った。
さらにじっくり見てきた。

P1160753.jpg

それはそれでいいけれど、イギリスは刻々と変わっている。
もっとくまなく歩いてみなくちゃいけないな。

P1160739.jpg

テートモダンのことだって、ブリテン一周のとき(’09)初めて知った。
2000年からあるそうだけど。

P1160713.jpg

五輪マラソンコースに入ってたリーデンホールマーケットの存在だって、マラソン中継見るまで知らず。
いつの間に一体どこにあんなのあったの?と。

P1160679.jpg

探検しきれてないな、ロンドン。
また行きたいから、地下鉄のオイスターカード(パスモ英国版)は、帰国前に(外国為替レートもいいことだし)、しっかりチャージしておいた。

P1160851.jpg
2012.08.15 Wed | Travel-England| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill