FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
J-WAVE & ROPPONGI HILLS Present TOKYO M.A.P.S AKIKO YANO EDITION
1月から続いた病院騒動で、ここへきて疲れが出た模様。
連休は、ひたすら体力回復のために使うつもりで、10日ぶりにジムへ。

ところが午前中のパワーヨガの最中、気持ちが悪くなった。
こんなこと、初めて。
一体どうしちゃったのだろう。
青息吐息でなんとか最後まで続行したけれど、ベンチに腰掛けて休まないと立ち上がれず。

帰宅してすぐにばたんきゅー。1時間ほど眠ってしまった。
めんどくさいなーと思いつつランチを作り、午後のズンバに行くべきか迷っていたら、
六本木ヒルズで無料ライブ開催中と聞き・・・
鞭打って六本木をめざす。
近所のジムのズンバは諦めたが、丁度六本木のジムの無料券をもっていたため、コンサートの後、そちらの方に行くことにした。

ジャストタイミング。大貫妙子さんの生歌が始まるところで、最後まで堪能(45分も!)

さてジムへ行くか、と時計を見たら丁度いい時間。
丁度10分後にヒルズそばのジムでエアロビのクラスがあるため、一目散でジムへ行き、50分ほど汗を流す。

出てきたら、19時5分前。
ならば丁度矢野顕子さんのコンサートにぴったりではないか、ということで
再びヒルズへGo。

すっかり肩の力の抜けた矢野さんの歌に聞き惚れる。

「ジンジャー エール買って飲んだ、ジンジャー エール買って飲んだ、こんな味だったっけな♪~」

と歌う姿を見て、セザンヌに似てる、と思った。

対象物を描いていると見せかけて、単にありのままに描くというより、造形を、つまりかたちを主眼として追求したセザンヌ。

矢野さんの歌も、ジンジャエールという言葉を歌詞にふんだんに盛り込みながら、そのときどきの声、トーン、イントネーションの微妙な変化を楽しみつつ試しているような。


歌で精気を養いつつ、そうか、近頃私に足りなかったのは、歌だ!!
そう気がついた。
近頃歌を聞いて癒される、ということがなかった。
そうだ!
i-tuneストアに久々にアクセスしよう。
2012.05.03 Thu | 国内探索| 1 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill