FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
恵比寿のカジュアルフレンチは、ディナーコースが1890円から
■ 都内: CP(コスパ)抜群、雰囲気も悪くないビストロ * オマケに次回デザート食べ放題チケット

高校時代の友人と高級ジムの無料体験に参加。
折角だからとズンバやホットヨガなどスタジオプログラム4連続参加。
ちなみに最後のホットヨガは、サウナが苦手は私には、合わなかった。
想定内のことではあるが、のぼせてFeeling badである。

シャワーの後は炭酸風呂のスパとリラクゼーションルームで締め。
滞在時間7時間は個人的にジム最長記録。

が、その間食事抜きだったため、すっかり2人ともグロッキー。
途中エクセルシオーレで軽食をとってから(これで私たちは突如ハンガーノックから復活した)、目指すは恵比寿の日仏会館内レスパス

前から一度行きたいと思っていたカジュアルフレンチ。
大体日仏会館とか日仏学院とかにあるフレンチは、ビストロ風でお手頃でお味も悪くない、そんなイメージがある。

19時にそれぞれの配偶者もジョインして、4人でディナー。
店内には初めて足を踏み入れたが、せせこましくなく、快適。

友人の旦那さんは無類のワイン好き。
ワイン飲み放題コース5000円もあったが、テーブル全員が入らないとだめ。
うちのツーレが完全下戸だし、ジムジョイン組は、これでお酒が入ったらもう寝てしまいそうだったため、パス。

ということで全員3360円のレスパスコースにした。
前菜、メインが豊富に選べて、しかもどれを選んでも、プラス料金なし、というのがポイント高い。

レストランによっては3900円ディナーと銘打っても、メニューを開くと、1皿を除けばあとは軒並みプラス500円とかくっついているパターンが多く、たまにプラス1000円なんていう日には、だったら、4900円ディナーにせんか、と文句をつけたくなるようなものもある。しかしこの店は、どれを選んでも、追加料金なし、という良心さなのだ。(もっともこの店のランチは、追加料金ありのシステムのよう。)

下がメニュー。左前菜、右メイン(写真のないものもあるので、かなりの種類といえる)。

お手軽ディナーで、下記メニューから選ぶのでなく、別途本日の前菜+本日の料理+飲み物というコースになると、1890円というお安さだ。


P1080103.jpg


しかも、前菜の前には、気持ちアミューズ的なプチオードブル。
今回は豚肉のスペシャルなんとかかんとか。
極薄のスライスが口の中で淡雪のように溶け、すばらしい食感だ。

P1080108.jpg

パンにつけるのはオリーブオイルでなく、この店推奨のヴェジタブルオイル。
あっさり感が公好評だった。

P1080112.jpg

私が選んだ前菜は、お勧めの帆立て貝+スライスアーモンド+スライス野菜。(写真)
ツーレは鰆の燻製3種類マスタード。香ばしさが食欲を誘う。

P1080118.jpg

ツーレが選んだメインは、鴨のロースト。思った通りのカリカリ状態でサーブされ、美味(写真)。
私は子羊の煮込み。トマトベースであっさりと。

P1080121.jpg

さて、この店の自慢がデザートワゴン。
この中から2品目選べる。

P1080128.jpg

その前にお口直しのキャラメルのアイスクリーム。
これだけでもコストパフォーマンスは十分といった感じ。

P1080144.jpg

ツーレが選んだのは、バナナチョコレートケーキと杏子のタルト(写真)。
私はフランと洋ナシの紅茶タルト。
お腹いっぱいといいつつ、ペロリである。

P1080151.jpg

友人が飲んだノンアルコールビール(別料金)。
瓶入りなのだが、本当に飲んだ気にさせる。(写真)

私はノンアルコールシャンパン。本物と違って苦みがなくて、口当たりがいい。
が、グラスで出てくるので、量はお上品。
これだったらジンジャエールをガボガボ飲むのでもよかったか、といった気がしないでもないが。

食事代支払い後には、デザートもう一皿フリーチケットが。
期間限定だが。

P1080098.jpg


季節外れの寒さがまたぶりかえしたこの日、外は1日中雨。
ジム三昧がぴったり、といったお天気だった。

P1080095.jpg
2012.04.15 Sun | Gourmet| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill