FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
聖クリストフォロの殉教
パドヴァのエレミターニ教会には、マンテーニャの有名な「聖クリストフォロの殉教」の壁画がある。
戦時の爆撃で傷つき、修復が行われている、という話は有名。

先日のイタリア・パドヴァ訪問に際して、聖クリストフォロの殉教のストーリーは知らず、どんな絵なのかも調べず、先入観なしでこの絵と対面してきた。

殉教した聖クリストフォロは、この人だろうか、上部の窓辺で矢に射られた人の姿があった。

ドラマのメインストーリーはこの下で繰り広げられているから、ややもすると見逃してしまいそうな感じで、ひっそりと描かれている。
私は、しめしめ、この絵の主題となる重要な場面をこの目で見つけてやったぞ、と得意げになっていた。
これこそが、殉教の場面なのだ、と。

P1020452.jpg

ところが後で調べて失笑。
この人物は悪役だったのだ。

驚くなかれ、殉教した聖クリストフォロは、この人。
横たわった巨人だったのだ。
聖クリストフォロは、大男として知られていたという。

画面の右下に、目立つかたちで描かれている。
だがしかし、聖人がこのような肢体をさらけ出しているとは予想外。
どう見ても、悪人にしか見えない。

P1020451.jpg

絵の全体像はこんな感じ。

aaaP1020447.jpg

聖クリストフォロの殉教のストーリーを一切知らず、素の気持ちで自分なりに頭の中で思いめぐらせたストーリーが、全く見当違いだったという事実。
でも、それはそれで面白い。
先入観で失われてしまう感性もある。
2011.11.10 Thu | Travel-Italy| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill