FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
日本のためにできること
ときを同じくして、奇しくも2人の人から同じような内容のメールが届いた。
ひとりは大学の友人。
東京在住。
地震がきたら、ちょっと危なっかしいな、っていう古びたビルで仕事をしつつ、
平常通りの暮らしをしている。

彼女はネットから拾ったこんな言葉を引いていた:

「何もできない」と悩んでいる方へ。
普通に生活の出来る人は普通に過ごして、生活をして、
世界を、経済を回していくのが良いのだという。
災害の様子は知っておくべきですが、状況に同調しすぎては世界が回らなくなるよ!
被災した人達が帰る世界を守るためにも、自分の生活に罪悪感を持たないで。



日本経済を支えるために、自分にできることを、という言葉には説得力がある。
その言葉が、阪神の震災経験者の方のものだと知ればなおさらのこと。

まだお会いしたことはないけど、サイトに遊びに来てくれる西日本の人からも。


東京の方々も不便が続いていると思いますが、何とか冷静さを保ってください。
自分は、今出来るを行います。
それは「一生懸命仕事をする」事です。

株も暴落しています。
私の微細な資産も更に微細になりました(T_T)
被災していなくても日本国民は皆影響を受けています。
だからこそ、逆説的に裏日本に住む、西日本に属する地域に住む我々が一生懸命
仕事をして、日本全体の経済を支えたいと思います。


一杯稼いで、儲けて、税金払って、その税金を被災地につぎ込んで貰いたいです。
各々が出来る事を行えば、絶対何とかなるはずです。何とかします。
株が下がって嘆くのではなく、自分の頑張りで株価を上昇させる気概です!


モヤモヤは仕事にぶつけてぶち壊してください。
みんなが仕事を普通に行う事こそが日本再建の第一歩です。
物凄く役に立っているのです。


自分も裏日本から日本を支えます。

(HNさんから)



「孫のために頑張る」、と絞り出すように語っていた被災地の人の涙が、
今日も朝から私を動揺させた。

でも、そういう人たちのために、日本を前に押していく、それが
今の私にできることなのかもしれない。
2011.03.17 Thu | Society| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill