FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
「帰りの便、予約とれてません」の問題の顛末
例のミソがつきまくった飛行機の予約の件。

行く前に何度も同じ予約の確認書がメールで送られてきて、今までそんなことはなかったので、ヘンだな、と思った。
今考えれば、これが予兆だったのだ。

インターネットチェックインで、全てのボーディングパスが出ない、席が確保されていないというアラームがでる、など行きのチェックインもおかしかった。

で、実は出発当日の金曜日日中、飛行機会社に電話して、システムがちょっとおかしいと報告した。
すると、「単なるバグですから心配ありません」って。

ところがこれが大間違い。

帰りの便の電子チェックインができず。
予約がありませんと。
Eチケット番号、飛行機会社の会員番号、予約番号、どれを入れても予約なし。

空港に早めに行って機械でチェックインしようとすると、これまたおかしい。
デスクでは、係員から「予約ありません」と言われ。

で、最終的にチケット販売カウンター。
そこで診てもらった。

こんなことってあるのかわからなけど、予約確認書上は、きちんと予約がされている格好なのに、実際は、行きの最初の便しか、予約番号・会員番号・Eチケット番号と正確に紐付いていなかった模様。

販売カウンターで状況を確認してもらった結果、新しいEチケット番号を渡され、それのみでなら、チェックインができると言われた。(会員番号、予約番号ではもはやチェックインはできない状態)。

とまあ、なんとかOKとなり、いざ搭乗したらオチがあった。
予約は、中央4列の席の端2つだったのに、我々は中央2席になっていた。両側からフランス人にサンドイッチ。

座席も勝手に変えられていたというわけ。ふつう機械やネットのチェックインなら座席確認ができるのだが、今回特殊なケースだったため、確認のしようがなかった。


もっとも最後の最後、バゲージクレームでスーツケースが出てこないというオチまでついてくるんじゃないかと思っていた。

プライオリティバゲージのはずなのに、待てど暮らせど出てこない。
ずいぶん経ってからやっとスーツケースが見えたときは、もうとにかく、一刻も早くその場から退散したい気持ちになった。
2010.09.20 Mon | Travel-England| 0 track backs,
ヒースロー空港で:「貴方の予約はありません」
今回の航空券、最初からミソがつきまくり、遂に最後まで。

まず、予約を入れた段階で、確認のメールが直後にきたあと、普通なら搭乗日が迫ってから再度確認がくるはずなのに、同じ確認メールが予定日の2~1ヶ月前に4通もきた。

何かが変わった(たとえばキャリアの機種とか)のかな、と思ったが、どこも変わらない。なんかへんだなー、いつもと違う、と嫌な予感。

その後、前日にEチケットを発券しようとしたら、「座席が確保されていない便があるので注意!!」と。
コンファメーションのメールでは、すべて座席が確保されているのに。

加えて、成田― パリ- アムステルダム- カーディフまでのチケットが出るはずなのに、成田からアムステルダムまでのチケットしか印刷されない。その後の便が画面に出てこない。

成田空港のチェックイン。

印刷したチケットを出した上で、カーディフまでなのにチケットが出なかった、と言ったら、えっ?パリまでじゃないんですか?と言われた。

いえ、カーディフまでです、と述べたところ、マニュアルであと残りの2枚のボーディングパスを出してくれた。が、もし一言言っていなかったら、パリ止まりとして扱われるところだった。
どうなってるんだろう。

それでもなんとか無事カーディフまでたどり着き。今度の問題は帰り。

イギリスを出発する前日。インターネットチェックインを試みたのに、「予約がありません」と出る。搭乗の30時間前からチェックイン可能と書いてあるのに、24時間前になっても、「予約がありません」

仕方なく、当日、早めに空港に行くことに。

フライトは18時。でも、日中のロンドン観光は最低限に。

まあ、こんなものを見たり、

P1930162.jpg

こんなところに行ったり、

P1930202.jpg


そして、とっとと空港に向かい、さて、マシンでEチケットチェックインしようとすると、やっぱりおかしい。
係員に聞くと、人のいるチェックインカウンターに行けと。

行って予約表を出すと、「予約は入っていない。コンファームされてない」といわれる。
最初から最後まで、まったくダメダメ。このEチケット!!
2010.09.20 Mon | Travel-England| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill