FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
モールトン自転車のTV番組
TVを何気なくつけたら先日見に行ったモールトン自転車の創始者アレックス・モールトン氏が出ていてびっくり。

ミニドキュメンタリーのような番組で、有名な邸宅兼職場も出ていた。

あのお屋敷は、バースのそばにあるそうで、ある種地元の名物。


最初つけた時は、車の設計をする人の話かと思った。車が出発点だったようだ。

90歳という高齢ながらかくしゃくとしていて、頭も元気。

先日六本木の自転車生活デザイン展に行った時に気づいたのだけど、イギリスって、固定的な自転車概念にとらわれず、様々なバリエーションを生んできた。

そういう素地がベルギーでなくイギリスで生まれたことをどう分析すればいいのだろう。

自転車競技が盛んな国では、走るための実用性を追求し、遊び心が芽生えにくかったとか?

或いは産業革命の延長線で、技術力を誇るには何かを壊すべしという考えが英国にはあったのか?

P1870232.jpg

P1870234.jpg

P1870265.jpg

P1870233.jpg

P1870241.jpg

P1870242.jpg
2010.08.17 Tue | Sports| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill