FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
絵を描く監督栗村さん / フランス大統領マイヨジョーヌを激励
■ 栗村画伯の絵ごころ

栗村修画伯の腕前、御見それしました。アヴァンギャルドと一言で片づけるには惜しいほどの力量。

ポップアートのモダンさを兼ね備えつつ、シュールレアリズムの香りをほんのり漂わせ、と同時に20世紀初頭のナビ派(それまでの画風を打破しようとしたアヴァンギャルド集団)の二次元性を強調する筆致の流れも汲みつつ、それでいて過度な抽象性に走ることなく、芯のところでリアリズムを押さえた、まさにコンテンポラリーアートの傑作といっても過言ではあるまい。

いやいや本当です。だって、この絵の写真を見て、解説がなくとも、すぐに誰だかわかってしまいましたから。

ごめんなさい、白〇太郎さん。。。



■ フランス大統領マイヨジョーヌを激励

フランス大統領ニコラ・サルコジが、ツール・ド・フランスの総合リーダー アルベルト・コンタドールとレース後ツールマレ峠で握手を交わすシーンがサイトに出ている。(*)

何を隠そう仏大統領、サイクルロードレースが大好き。

往年の人気選手ヴィランクとともにツーリングにでかけた話を2005年のトクダネに書いたことがある。


(c) UMP.org 大統領選で有力と言われていた当時2005年のサルコジ氏(右から2番目)。ヴィランクの膨張ぶりが際立つ。


そう、このときはまだサルコジ氏大統領ではなかった。

シラク大統領を脅かす存在として再浮上していたとき、衛星のニュース番組で、突如ヴィランクとサルコジが登場して、驚いたのだった。

もっとも当時はサルコジの自転車姿より、引退したヴィランクのお腹のお肉にひたすら愕然として、大統領選の行く末についてはまったく気にも留めなかったわけだが。

いずれにせよ、そのとき初めて氏の自転車好きを知った次第。

氏のとある政策は、最近当部の仕事を直撃しており、結構同僚が苦労しているのだが、まあそんなことはお構いなしに、公務の中、彼はツールの峠決戦に熱心に足を運んでいる。


(*)オランダ人写真家PaulRaats のギャラリーにて:

http://www.nufoto.nl/fotos/158335/alberto-contador-ontmoet-president-sarkozy-op-tourmalet.html
2010.07.23 Fri | Cyclde Road Race| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill