FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
親近感
■ ブログは健康バロメーター?

ほぼ毎日ブログを更新する友人のブログが2日ほど途絶えた。
何か悪いことでも起こったか?
病気とか?

・・・などと案じていた

矢先、更新があった。

やはり病床に伏していたと。
マメな人のブログは、健康のバロメーターだ。



 「タンネ」という名の店もういっちょう

スペイン選手でナコール・ブルゴスNacor Burgos(チームレラックス)という人がいるのを知った時、妙に親近感をもったものだ。

以来この選手のことをチェックするようになり、01年には彼が書いていたランカウィ一周の日記を日本語に訳したりなんかしていた。
==> Nacor Burgosのわくわくランカウィ日記

世界中をまたにかけて走り続けているトップ選手と違い、どちらかというとローカルなレース主体のチームに所属しているからこそ、見知らぬトロピカルな国にきたわくわく感がにじんでいて、新鮮だった。


今彼は、スピニングの先生をやっているらしい。
スピニング、そうジムでバイクを教えるインストラクター。
ドーピングせ謹慎処分となり、スピニングの先生を経験した選手もいたけれど。


というわけで、人は自分の名前やニックネームに近い名前を見つけると、心をくすぐられるものだ。
再び、友人Tannenbaumさんに捧げたい。
先日のパン屋に引き続き、今度もまた「タンネ」と言う名の店。
これまた人形町。例のパン屋の隣で見つけた。


タンネってドイツ語で樅(モミ)。
Tannenbaumタンネンバウムで樅の木。

IMG00065-20100617-1910.jpg


で、先日の人形町のパン屋「タンネ」の写真に関し、こんなメールをもらった:


タンネが人形町と言われると、タンネは絶対に阪急曽根駅前だっーツーの、とツッコミ入れるのを抑えられません。
今から30数年前の学生時代。阪急豊中にいた同級生の文化住宅を拠点にして、京・大阪でディスカバージャパンをしていたころによく訪れた店です。
以下は、食べログ>大阪>口コミの引用です。

阪急宝塚線曽根駅東口から歩いて数分にある喫茶店で、創業はなんと1967年。数年前に曽根駅前の再開発により、以前の、平屋、ウナギの寝床系のお店から、ビルの1Fにある喫茶店に変身しました。

料理・味:
メチャクチャ美味しいというわけではなく、丁寧に入れられたブレンドコーヒーが温められたカップに出てきます。基本的に普通のお味。

サービス:
これも普通。ただ、アルバイトの方を含めて、皆さん、優しく丁寧な応対。

雰囲気:
おばちゃんたちが多数訪れる店ながら、にぎやかだけれどもうるさい印象がない、不思議なお店。

昔、私は、学生時代、この近所に下宿してたのですが、下宿にクーラーがなく、夕方になるとアイスコーヒーを求めて訪れたものです。ウナギの寝床、一番奥に陣取り、教科書とか文庫本を読んでいました。

最終訪問がちょっと前(2004年)なのですが、私にとっては大事なお店です。

(セネージさんから)




■ ランスがかつて一緒に走った選手の息子たちが台頭

ということで、かつてランスが同じレースを走ったことのあるクロイツィゲル、ロッシュ、ジャネッティ。
今やその息子たちが、ランスと同じレースに出場している。

ランス、もう少し頑張ったら、親子共演も夢じゃない(?)

クロイツィゲルのTwitter
Gianetti, Roche and Kreuziger?
There are 3 guys here in the race that I raced against their dads too... Guesses on who the 3 are??
@lancearmstrong I thing(原文のまま) it can be Gianetti,Roche and my dad;)its possible?


P1790755.jpg

2010.06.23 Wed | 国内探索| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill