FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
サッカー大国とロードレース大国反比例の法則
スペイン、毎回優勝候補といわれつつ、W杯では勝負弱いんだよなぁ、、などと思いつつ中継を見ていたら、
スイスに先制点入れられた。どうなることやら(まだ試合続行中)


* * *

「今回のW杯にラウルは出てないのかなぁ」などとふと思い、ラウルのWIKIを見ていたら、こんな記事。

スペインのテレビ番組にて人生で一番可笑しかったことは何かと問われたラウルは、「ジャパンツアーに行ったときに日本のテレビに出演して、そこで日本人のコメディアンがやった芝刈り機のものまね」と答えたのだとか。

その芝刈り機のものまねが出ているサイトを見てみた。
ひたすら可笑しい。
ラウルとモリエンテス、おお受け。

http://supportista.jp/2009/07/news12053024.html


日本のお笑い界、捨てたものじゃないな。


* * *

ちなみに私がせっせとラウルのことをチェックしていたら、ツーレがひとこと。

「ラウルってポルトガル代表でしょ?」

ここまでとは思わなかった。サッカー音痴度。

* * *

■ サッカー大国とロードレース大国反比例の法則?

昨日のエントリーFIFAランキングに関して、メール:

FIFAランキングはもう1ページありまして、ルクセンブルクは127位タイ。
W杯予選には1934年から参加してますが、いまだ本大会出場はありません。


今大会もグループ2で1勝7敗2分、6カ国中5位で敗退しましたが、
FIFAランクで109も上のスイスをアウェーで破る、という大番狂わせをや
らかしました。


当時、サクソバンクのチーム内で微妙な空気が流れたりしたのかな?


ちなみにすぐ下の129位はカザフスタン。欧州予選は超小国アンドラに二つ勝
っただけで、残り全敗の5位。

独立当初はワールドカップに出やすそうだから、とアジア連盟に加入し、
2大会続けて予選敗退。「我々はヨーロッパ人だ!」という国内世論が高まって
欧州連盟に移籍したらさらにハードルが高くなっちゃった、という苦難の歴史を
歩んでます。


なんかこの欧州志向に、アスタナの軌跡と似たものを感じる、というのはこじつ
けですかね。


両国とも自転車だとあんなに強いのになあ、というのが不思議です。

(Kitaさんから)




アメリカもサッカーは弱いしね。

スペインは例外か。でもことW杯に限っていえば、毎回翳りが見える。
今年、どこまで進むことができるやら。
2010.06.17 Thu | Society| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill