FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
SMAPのキムタクは鍛えた体の持ち主だった
実家の父がパソコンを買い替えたので、ツーレがセットアップを手伝いに行った。
その間、私はジムで3本スタジオプログラムに出てから実家へ。
最初の2本はキツかった・・

さて、家に着くなり昨日”生”木村拓哉を目撃したという母に状況を聴取した私。
状況は下記の通りだったようだ:

・両親は昨日、山種美術館に奥村土牛展を見に行った。(私がその前日見たのと同じ展覧会だ)

・ランチを食べに行こうと思ったが、あのあたりはちょっと駅から離れていて何もない。仕方なく、美術館内のカフェで稲庭うどんを食べた(キムタクに会うことになったポイント その1)

・ランチが軽めだったので、では恵比寿ガーデンプレイスでケーキ&お茶でもしようということに(キムタクに会うことになったポイント その2)

・あそこにはサンジェルマンの喫茶もあるが、2人はたまたま三越内のはじっこのケーキ屋さんを選んだ(ポイントその3)

・ケーキ屋さんを出ると、ロブションから続く階段が目の前にあり、ベンチが空いていたので、2人はしばし腰をかけて日向ぼっこ(ポイントその4)

・と、そこへ、TVカメラが2台やってきた。母はやたら視力がいい。さらに、結構芸能人系ネタに強く、階段の上の方に小さく「ミヤネ屋」がいるのに気がついた。(ポイントその5)ちなみに私はミヤネ屋なんて知らない。アナウンサーのニックネームらしいのだが。

・続いて、「カメラでの写真撮影おことわり」なるプラカードを持った人がいたので、「これは誰か来るな」と察知したらしく、母は超興味津津(ミーハーな母にして、このミーハーな娘、、、である。)

・じゃーん、キムタク登場。そばにいた女性は、視力が悪く、「誰だかわかない」などと言っていたそうだが、母はすぐわかったという。

・連休中のガーデンプレイス。なのに、余りに普通に登場したせいか、気づく人はさほどいなかったそうだ。キムタク、階段を下りて母たちのいるほうにやってきた。気づいた人が取り囲み、握手会となり、母も便乗。が、大騒ぎになると思いきや、ごく一部の切り取られた場面でのみの盛り上がりだったらしく、「せいぜい2~30人が群がっただけで帰って行った」そうだ。


そして母の結論:
「キムタクって、さすがに体を鍛えているみたい。やたらがっちりしていたわ。手も肉厚だったし」

華奢なのかと思った。実物を見た人だけが言えるコメントだ。


ちなみにこれは昨日の1時すぎらしく、私がガーデンプレイスに行ったのは、その2時間後だった。
山種に行ったのは2日前だし、惜しいんだけど、どことなく私は上記のポイントすべてをはずしている。キムタクに会えなかったゆえんである。
2010.05.03 Mon | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill