日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
渋谷ランチでコストパフォーマンスの高い店

P1840584.jpg-昨日、ストラスブール美術館展へ行く前にYちゃんと行ったドゥマゴへ再び行った。

今回は、映画を見る前に。
ランチは11:30から。映画は渋東で12:40から。
というわけで、11:28に入店。

ツーレはサーモンのスパゲティセット1260円。
私はツナのスパゲティセット1050円。

まず、セットについているパンとミネステローネ。

パンは3種類。
フランスパン以外に、ブリオッシュとゴマ+くるみのパンが美味。

.
P1840587.jpg-
次に、メイン。これはサーモンのスパゲティ。

ツナのほうはペペロンチーノ風の辛みがきいていて、どちらもおいしい。

麺は細めのアルデンテ。

店は文化村B1Fだけど、店内に階段があって、上の階もある。
P1840593.jpg-
食後は珈琲、紅茶、カフェオレから選べる。
もちろんカフェオレ。
フランス風。

たっぷり2杯分。

ミニデザートも。

1000円程度のランチは渋谷には多いみたいだけど、メイン以外の内容がおざなりになりやすい中、こちらは脇役のパンとコーヒーがキラリと光っていてポイント高い。

特に、この場所と雰囲気を考えると、これはお安いのではと思う。
.
P1840600.jpg-ランチはスムーズに配膳され、12:15に食事終わり。
映画にはほどよいタイミングで間に合う。
(混雑していない映画だったので、ギリでもOK。)

ドゥマゴのサイトはこちら。

ちなみにテラス席でもOK。私たちは店内にしたが、テラス席だと11時から軽食が食べられるようだ。メニューが若干違う。
P1840601.jpg-写真はドゥマゴだけど、見た映画は「トリック 劇場版」。

シャーロックホームズの冒険ほど、劇場版っぽくはなかった。つまり、映画でなくても、TVでも・・といった要素が強い。

シャーロックは映画館を意識して、CDを駆使した活劇シーンがド迫力だったけれど。

とはいえ満足。我が家はトリックファンなのだ。
.
P1840603.jpg
-その後ツーレと別れ、私ひとりで目黒美術館へ。先週、数年前に退職した上司が会社に遊びに来て、「美術館好きやろ?」といってチケットを一枚くれたのだ。

ガラス工芸のエミール・ガレ展。以前サントリー美術館のガレ展に行ったことがあったけど、まったく中身が違うようだった。

目黒美術館ってどこにあるのだろう、庭園美術館じゃないし、と思ったら、目黒駅からはちょっと距離がある山の手通り沿い(ちょっと奥まっているけど)。

渋谷東急東横店の前から出ている東急バス
41番大井町行きに乗るのが一番近そうだった。

下車駅は田道小学校前。

美術館は結構込んでいて、驚いた。世の中いろんなところに美術館があり、みんな隅々チェックしているものだ、と。
2010.05.31 Mon | Gourmet| 0 track backs,
ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景
エアロビ中級クラスに出てお風呂に入り、ああやはり週末・午前中のエアロが好き。
とはいえ以前は出社前、平日の早朝エアロにも行っていた。あれは今の自分にはあり得ない。
よくやっていたものだ、自分。

さて、久々の週末の渋谷。
ゼミ&クラブの同級生Yちゃんとドゥマゴでランチ。
セットについてきたパンとカフェオレに感激。


温かいミルクとコーヒーが別々の入れ物で出される。
フランスの朝食を彷彿とさせるカフェオレ。
さすがドゥマゴ。フレンチスタイル。

2mago.jpg


胃袋を満たした後は、そこから歩いて数歩でたどりつく、Bunkamuraの
「ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景 コロー、モネ、シスレーからピカソまで」展へ。

おとなしい風景画を中心に、アルザスの画家の絵など、珍しい画風も。

モネのポピー畑の絵の前で、あれ、これ見たことあるかも?と思ったのだが、ストラスブール美術館など行ったことはない。
もしかして例のカレンダーか?

帰宅して、チェック。確かにこれまでポピー畑の絵の日めくりが2枚ほどあった。
が、いずれも別の美術館。
そういえば美術館の解説にも、モネは同じポピー畑の絵を、光の異なる時間に5枚描いた、とあった。


P1840576.jpg


ブラマンクの絵もあり、再び、「以前自転車競技をやっていた」といったことが書かれていた。
ただいつも、情報はそこまで。
もっと「パリ~ルーベに出場」とか、具体的に書いてほしいもの。
(彼はツールが1903年に開始になる前に、選手生活を終えてしまったと記憶している。
が、パリ~ルーベ初回大会が行われた1896年には、まだ走っていた。)


全体的に、印象派に移行する前の古典派の筆さばきを残した絵が目立った。
難解な絵はほとんどなく、見たままの風景画たち。

それ以前の宗教画は読み解きが必要だし、そのあとの近代画は、画家の個人的インスピレーションをキャンバスにぶつけ、そのあとは、見る側の個々のイマジネーションと感性に委ねているような絵ばかりでなんとも捉えどころがない。

そこへいくと、19世紀~20世紀初頭の絵は、なんにも考えずに、のほほんと安心して見ていられる。


ところで、東急本店から松濤方面に少し行ったところ(ブルターニュ風ガレットの店の向かいあたり)に、小さなカレーやさんというのがあって、長蛇の列だった。
以前もたしか、長い列を見た覚え。

B級グルメっぽい感じだが、ちょっと気になる。
2010.05.29 Sat | Art| 0 track backs,
ポジティーボ祝新店舗!看板に注目
昨日触れた自転車ショップ「ポジティーボ」が開店したそうで、さっそく来店した人がいて

中野さんがリツイートした写真を見て、気づいた人はいるでしょうか?

お店の写真

そう、この看板(黒い帯の上、POSITIVOのロゴが入っているイラスト部分)!!


これ↓(たきもとかよさん画)と比較してみたら・・・

iwa1_20100528081739.jpg

ご来店の際は、是非看板のイラストをチェックしてみてくださいね。




巨人戦ネタ

負けた!坂本勇人デーで、友人がさかもっちゃんポッキーをもらったって。
私のときは松本哲也デーだったー。

いや、別に坂本さんと松本さんを比べてどうこういうわけじゃないけど、
私が貰ったのは松本哲也“プリッツ”で、ポッキーじゃなく。
チョコレートはついてなかった!


私信:別府史之プリッツ(もしそういうのがあったら、の話)を買い占めするMadameへ
例のビストロで、レディースデーを月~木曜までやっていて、
女性2人以上集まれば2500円でお魚コースが食べられるそうです。

先日の広尾がだめだめだったから、いつかそのうち、リベンジはここにしましょう!

2010.05.28 Fri | Private| 1 track backs,
永井孝樹さんのお店「POSITIVO」ポジティーヴォ
かつてファッサボルトロチームでメカニックを務めた永井孝樹さんの自転車ショップが新天地で始動。

開始は本日の予定。(予定なので、事前に要確認ではあるものの。)

新店舗、特にわけあって(?)とても楽しみだ。
どんな外装なのだろう。とくに看板とか・・・


場所は:

住所 : 〒158-0082 東京都世田谷区等々力2-7-4
電話番号、FAX番号は今まで通りです。
営業時間 : (平日)12時~21時 (日祝)12時~19時
定休日 : 毎週水曜日 毎月第一火曜日  

場所は目黒通りと環八の交差する交差点の城南信用金庫隣になります。(一応目黒通り沿いです)

最寄の駅は、東急大井町線の等々力駅で、下車3~5分です。
http://www.positivo.sblo.jp/



永井さんといえば、駆け出しのカンチェッラーラを知っている。
1年間ファッサでダブっているのだ。

やはり若い頃から並みの選手ではなかったそうだ。
先日お店の移転前に話を伺った。
サイクルスポーツ、最新号にて。

CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2010年 06月号 [雑誌]CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2010年 06月号 [雑誌]
(2010/05/20)
不明

商品詳細を見る



さて、昨日は霞が関の某役所へ。
経産省と違い、首から下げるバッジをもらったあと、勝手に一人では入館できない。
担当者がきてくれるまで待たねばならないあの役所。

ある事情があって、この役所の対応のせいで大損害を被っている。
憤懣やるかたないが、ぶつける相手もなく。

会社を出て駅に到着したらメールがきて、面会時間を20分遅らせてほしいと。
これから引き返しても会社では何もできない。
とにかく霞が関近辺まで行くことに。

ランチでコーヒーを飲んだばかりなので、コーヒーショップという雰囲気でもない。
そうだ、日比谷公園でバラでも見てこよう。

といって写真をとったのはバラでなく、オクトーバーフェストの屋台。
先日TOJの時にやっているのはチラリと見ていた。

5月なのにオクトーバーフェストとは。
まあ平日・昼間・"雨降りそう状態"なので、当然盛り上がってはいない。

IMG00029-20100526-1308.jpg

日比谷公園奥にはこんな空間も。

IMG00035-20100526-1319.jpg


しばし精気を養って、いざ出陣。

行った結果は・・・・最低だった。
2010.05.27 Thu | 国内探索| 0 track backs,
神戸で安くておいしいステーキを食す
神戸では、堺に移動する前、ランチにありつくことに。
ホテルをチェックアウトする前にネットをあれこれチェック。
どうやら、おいしくて安い神戸ステーキというと、やっぱりこの店でしょ、といった定番の店があるようだ。

11:30からだけど、大混雑したりしないか?
11:10に店に行って確認。
「すぐそばに支店もあるので、問題なく入店できますよ」との答え。

どのみち12:30には電車で移動したかったから、11:30に店に行くべく、北野の端くれをちょこっとだけ散歩。

そしていよいよ入店。店名は、神戸にしては洒落た響きもなく、シンプルに「ステーキランド」


11:31だったけど、すでに数組が着席。
鉄板の上で目の前で焼いてくれるようだ。

P1810401.jpg

Sサイズのステーキランチを頼む。980円。
まず、サラダとタレ2種類が出てきた。
ひとつはニンニクダレ。

P1810402.jpg

ミディアムで注文。
お新香、味噌汁も出て、ステーキが焼きあがり。
あとは野菜が焼きあがるまで、ぼちぼち食べ始める。

P1810405_20100526073458.jpg

肉を2切れ食した頃、野菜もそろった。
でもまだこれで終わりではない。
最後に珈琲あるいはソフトドリンクまでついてくる。

ライス・味噌汁・サラダ・焼き野菜・漬物・コーヒー付き100gのSランチが980円!
コストパフォーマンス抜群。
お肉は、これぞまさに国産で、風味あり。

P1810407_20100526073451.jpg

店の場所は阪急電車の三宮駅向かい。
http://r.gnavi.co.jp/k205300/menu1.htm ぐるなび

外見は、ステーキ屋には見えない。
ゲームセンターみたいな看板で、実は中でおいしいステーキの香りがたちこめているとは想像できない。
中に入って、鉄板で目の前で焼いて食べさせる店だと知り、驚愕。

大満足で三宮を後にした。

P1810408_20100526073440.jpg


ところで頂きもの神戸情報x2
まずは先日垣間見た芦屋の豪邸話に関して:

芦屋には以前、ヨドコウ迎賓館というF.L.ライト設計の建物を見に行った事があります。

それは坂の途中にあるのですが、そこを出た時、下から真っ白いロールスロイスのオープンカーが上って来ました。
思わずじっと見ると、運転していたのは綺麗な奥様で、助手席には子供が乗っていました。

他にも、神戸にいる友人の知り合いの建築家が、請け負った芦屋の御屋敷のリフォームの下見に行ったら、
庭にはテニスコートが2面と能楽堂!があったそうです。

いやはやスケールが違いますなあ、というお話でした。

(Sさんから)




そして、チョコレート屋さんと、北野で見つけたローディーの話。

ネイティブ神戸っ子ではないのですが,神戸の記事を拝見して,
地元を気に入っていただいているのをうれしく感じました。


次回異人館街方面にいらっしゃるときのために1つお店情報を。


トリノのチョコレートのお店カファレルの国内の本店が坂の途中に
あります。(東京駅にも販売店舗はありますが)
http://www.caffarel.co.jp/contents/shopinfo/index.html
トリノ名物のビチェリンが美味しくて,ロケーションもいい店です。
夏は冷たいビチェリンもいいですよぉ。おためしあれ。
(店内の飲食用の席数が少ないので,タイミングが悪いと
 ありつけないのが玉にキズ)

追伸

北野の坂をローディーが登っている写真を掲載されていましたが,
きっと彼はそのまま再度山(ふたたびやま)ドライブウェイを登り,
尾根づたいに六甲山上まで走るのだと思います。
上にある六甲山牧場でソフトクリームを食べて休憩するのが
地元のロコローディーの定番コースなんです(笑)

ペダルさんから

2010.05.26 Wed | Gourmet| 0 track backs,
東京ドーム 巨人vsオリックス戦
TOJ、まだ書きたいけど、今日はとりあえずリアルタイムネタ。

ノー残業で東京ドームへ直行。巨人vsオリックスを見に行ってきた。
3日連続のスポーツ観戦というわけだ。
ドームにくるたびにつくづく思う。ロードレースのコアなファンって、もしかしたら今ドームにいる全員の人数より少なかったりして・・
そのぐらい、スゴイ、人・声援・熱気。

目に入ったものすべてを、思わずロードレースと比べずにはいられなかった。

P1840432.jpg-見よ、この広告。
一流どころが勢ぞろい。
.
P1840415.jpg-極めつけは文教大学付属幼稚園。
幼稚園まで味方につけてしまう野球の懐の深さ。

ちびっこに人気のスポーツならではだ。
ロードレースでスポンサーが幼稚園というのはないな。


さらに読売新聞ならわかるけど、他紙まで広告を出しているとは。(読売新聞の広告はむろんある)

いずれにせよ、スポンサーの数が違う。
.
P1840358.jpg
-松本哲也プリッツ(お菓子)までもらった。

ちなみに、もし別府史之プリッツなるものが市場にでまわったら、ひとりで買占めに走りそうな人物を、私は知っている。

もっともロードレーサーのプリッツが出る日は近未来にはない予感。
.
P1840362.jpg-ところでなんだこれ?

T-岡田、なんていう登録名があるなんて。
イチローの呼称を始めた球団ならでは。
.
P1840365.jpg-で、この人なのね、T-岡田選手。
この日8回表に2ランを放ち、一時は巨人と同点にもちこんだ。

ちなみにビールがどんどん売れて行く。
売り子さんの女性たちは、重労働。だけど笑顔、笑顔。

よく観察していると、おんなじ女の子からしかビールを買わない男性って結構多い。

ビールの銘柄に拘っているというより、好みを貫いているように、私には見えるのだが。
.
P1840475.jpg-私は初回のラミレスのホームランは見られなかったけれど、彼が犠打でランナーを生還させたときは、割れんばかりの声援だった。

オレンジのタオルが波のようにうねって、この一体感はなんなのだろう。
やはり2チームの試合というのはシンプルでいい。

自転車競技だと、いろんな選手のファンがいて、ファン同士が、ここまですさまじいかたちで一体になることはない。
.
P1840533.jpg-ロードレースもフェアリーちゃんが登場し始めたものの、数ではやはり敵わない。踊りもあり。
.
P1840444.jpg-バッターズサークルの高橋由伸。

しかし前回同様、やはり坂本勇人内野手の登場のときが一番盛り上がる。
登場曲のノリがいいせいもある。
みんな一緒に口ずさんだりしてる。

曲は、GReeeeNの『キセキ』だそうだ。YOU TUBEあり。
.
P1840525.jpg-出た!代打で登場、田口壮。
がしかし、凡退!
.
P1840402.jpg-ラミレス豪快に空振り。
しかしこの日の立役者の一人。

それにしても、選手が近い。
.
P1840569.jpg- 阿部 慎之助。

とくにオリックスあたり、スレンダーでスタイルのいい選手が多い中、巨人のシンノスケは従来の体型。
.
P1840456.jpg-ヨシノブ、犠打。またまた大歓声。
.
- バットが折れた。

それだけでも思わずおおっと思い、ファウルが真後ろに飛んでくると、ネットがあるとわかっていながら、思わずのけぞり。

単純だから楽しめる。

ちなみに私はどちらかというと、なにを隠そうアンチ巨人。でもオリックスファンでもなし。

だけどドームの雰囲気とか、打ったの、打たれたの、とか、ゲームの単純さゆえに、余りあれこれ考えずに楽しめてしまう。
.
2010.05.25 Tue | Sports| 0 track backs,
2010年ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ + 修善寺で会った人たちへ
あいにくの大雨となった東京ステージ。
ただし、寒くなかったのは幸い。

天気予報で事前に雨と分かっていたから、雨男ディーン・ダウニングは俄然張り切っていたという。
言葉通り、前半構成された逃げグループに入り、さらにチームメイトのクリスチャン・ハウス。
彼は逃げに乗らないと気が済まないぐらい、連日果敢に攻めている。

日本勢ももちろんこれに加わり、ブリッツェンの辻善光選手、愛三の鈴木謙一選手、マトリックスの向川尚樹選手の5人グループが形成。

P1690012.jpg


後ろからひたひたとついてくるハウスの方に視線をやる辻選手。

P1680963.jpg

たしかにハウス、他の選手より、一まわりでかい。

P1690033.jpg

雨でなかなかピントがあわない。
後半になると、自分自身がなんとなく雨にも慣れて、ぼちぼち写真が撮れるようになる。
写真はニック・アトケン。

P1690087.jpg

水しぶきx3枚

P1680912.jpg

P1690128.jpg

P1680974.jpg

集団から遅れたスキルシマノの選手は真理選手・ラバネロの栂尾大知選手・マトリックスの向川尚樹選手らが、
必死出前を追うその気迫といったら。

特に真理選手のレインウエアが風にたなびいて、突撃といった様子で駆け抜けて行った。

P1690144.jpg


p.s.
>>>修善寺で会った人たちへ

暑い中お疲れ様でした。
そういえば、あの日、私が着ていたのが、例のカラスに破られたブラウスです。
繕ったブラウスを着ていただけでなく、前日会社に着て行った服をそのまま着て行ったズボラです、はい。
着て行く服を考える暇もないぐらい、あたふたと。

日曜日が雨という予報を聞き、夜の11時過ぎに修善寺行きを決め、ネットでJR EXPRESS予約をしたもののネットダウン。
結局予約の回答がメールできたのが朝の6時。
それからすぐに起きてバタバタと出掛けたのだった。
慌ただしかった、伊豆ステージ!
2010.05.23 Sun | Cyclde Road Race| 0 track backs,
ツアー・オブ・ジャパン 伊豆ステージ Part 1 クリスチャン・ハウスと、総長賞に輝いた西薗良太選手(ただし総長賞の賞品は、Very東大)
日曜日は雨という予報を聞き、前夜の11時に急きょ行くことを決めた伊豆ステージ。
ツーレは大学の後輩とのトレーニングがあるので、パス。
私も先週はなかなかしんどい一週間だったので、6時前に起床する気がせず、7時過ぎに家を出る。

それでも9:30頃には到着。レースはすでに始まっていたけれど。


本日の結果:
来日前、「TOJは素晴らしい国際レース」、と述べていたクリスチャン・ハウスが逃げ切って優勝。
極東のレースに来させられた、というスタンスではなく、
モチベーションをたっぷり溜めて出陣した人の熱い走りが印象的だった。

まずは、はだけていたジャージの前をなおして、

P1830522.jpg

英国チャンピオンが日本のレースで優勝してこんなに感激するとは。
TOJを高いレベルのレースと自分の中で位置付けていることがうかがわれた。

P1830533.jpg

そしてご満悦の表情。

P1830544.jpg

逃げている最中は、後ろの監督車から「後ろは振り向くな」、と言われていたという。
ラファ・コンドールは、逃げグループにダレン・ラプソーンとハウスの2人を投入していたから
片方が逃げたあと、後ろで引く必要はなかったし、どちらか行ける方の駒が使えて、フレキシブルな闘いができた様子。

おめでとう!

レース後の会見では、質問が終わってお開きというときに一言言わせてほしいとマイクを握った。
今回このレースで走るようにアレンジをしてくれたダイスケ(ラファジャパン代表)に感謝したいと。
そのほか帯同していたらしい女性カメラマンの人の名前も。

最後、爽やかな余韻を残した会見だった。


P1820986.jpg



(以下5枚、西薗良太君祭り)

そしてこの日も大学生ライダー西薗良太君が大健闘。
なんと13位に入り、総合順位では、前日の14位から3つあげて11位!

これでもう彼の進路は決まった(と勝手に思っている)。
もし今回惨敗だったら、今後勉学に全面的に専念する選択肢もまだ頭の片隅にちょっと残っていただろうけれど、
恐らく欲が今まで以上にふつふつと湧いてきて、今後100%ロードに専念する契機となった(ことだろうと想像している。)

P1820923.jpg

ワンカンポーと並んで堂々たる走り。

P1830200.jpg

そして福島晋一選手のあとをいく。

P1830291.jpg

レース中は快走、ではあったものの、終了後、両側から抱きかかえられるようにして、やっと歩いているといった感じ。
Max.の力を使い果たし疲労困憊。

P1830569.jpg

と、思いきや、脅威の回復力。
少し経つと、さきほどの這いつくばるようなヨレヨレ状態から完全復活。

ケロリとした様子で、ウエハスでサンドされたアイスクリームのようなお菓子をボリボリ食べながら、
口の周りをチョコレートだらけにして(不覚、この写真をとるのを忘れた)、ニコニコしていた。
どこにでもいるような普通の大学生の顔。

最近メディア露出度かなり高いけれど、
「これで超モテモテになったとか、キャンパスでは取り巻きに囲まれて困るとか、そういうことは一切ない」
そうです。

ただし、彼は昨今の文武両道の活躍ぶりで、東大総長賞を受賞したそうで、
そういう意味では学内でも全国区ではないものの、ある意味有名人。

総長賞で賞金は出たの?と聞くと、驚くなかれ賞品は、
「でかい文鎮でした!」

総長賞が、ぶ・・ぶんちん。さすが東大。

「同情するなら金をくれ」・・と小声で言いたいような心境、のようでした。

p.s.遠征とかもあるから、おこずかいは火の車のようです。


P1830718.jpg
2010.05.22 Sat | Cyclde Road Race| 0 track backs,
ギリシャの一件で、ただいま超円高。
海外に行く予定があれば円高って嬉しいけど、今はそんな予定もなし。世の中ままならないもの。

ポンドも130円台(TTS)
数年前、250円で10万円分購入したT/Cがまだ丸々残ってる。
ってことは、手元のT/Cの価値は半減したってこと。


ぼやいていた矢先、本日昼間、外出先へ向かう途中ランチをした際、すぐそばにシティバンクを発見。

(ちなみにランチは例の銀座ローマイヤ。レディスセットが超お得。サラダ+パン+ソラマメのスープ+根菜類の入ったハンバーグの野菜たっぷり根菜スープ仕立て+デザート盛り合わせ+コーヒー。これだけあってしめて1000円。)

思わずポンドのT/Cをナンピン買いしてしまった。
といってもみみっちく6万円弱のみだけどさ。

ユーロは114円(TTS)だったので、こちらも約5万円分、つまり500ユーロだけT/C買っておいた。
ユーロ預金しようかなぁ、今晩考えよう。オンラインで取引できるので土日でもOKだし。

ちなみにシティの口座に一定額以上入れているとT/C作成費無料。
あ、それからT/Cは、イタリアでは全く使えないし、フランスでも両替は手数料必ずかかって使える機会は余りないです。

ただ、英国の場合、空港で両替する分にはポンドT/Cからポンドなら手数料無料。
私はいつも空港ですぐに替えてしまう。

あとは、アメックスのT/Cならアメックスのオフィスなら手数料無料。

でも欧州アメックスオフィスはどんどん撤退しているので、私はT/Cを使うために、空港のDFでお買い物。小さいものを買って、大きいT/Cを出して、どかんとお釣りをキャッシュでもらっている。そうやってレートのいい時にユーロを買って、まめにDFで使ってきては、コツコツとキャッシュを手元にためている。


そういえばUS Cycle Sport誌がそろそろ契約終了。
もう読み切れないから買わない、と決めてたのに、ポンドが今なら130円台かぁ。

前契約したときは230円だった。これなら3年契約してもお得感がある。
うーん、やっぱり継続しようかなぁ。
激動の外国為替に揺れ動く私の気持ち。



ところで、先日TOJ堺ステージ観戦後、喉が渇いたので、ここに入った。
格安販売の店。

P1820854.jpg

2Lウーロン茶が99円、あり得ない価格。
でもこんなの買って東京まで帰れない。

P1820849.jpg

ビールは買わないのでこれが安いのかどうか見当もつかない。
が、試しに適当に1缶発泡酒を買ってみる。とにかく喉が渇いた。
銘柄全然わからないので、絵がきれいなやつにした。
下戸のツーレはコカコーラ500ml。100円。

P1820851.jpg
2010.05.22 Sat | Private| 0 track backs,
神戸でお勧めの朝食: にしむら珈琲

P1040678.jpg昨日のエントリーのあと、神戸三宮北口に「にしむら珈琲」というのがあって、そこの朝食がお勧めだと教えてもらった。

名前に聞き覚えあり。

もしや?と思い写真を見てみたら、やっぱり、これだ。

生田神社から異人館に続く道の途中、大通りに面して見逃しようもないぐらい立派な喫茶店。
P1040681.jpg実は今回、この店の前を通っている。

だけど、朝食の場所を探していた時にはここまで来なかった。そのあと、チェックアウトを済ませて、大阪に移動する前、ほんの30分ぐらいの間に北野方面まで行った時に目撃しただけ。
P1040682.jpgそんなことを書いてこの写真を出すと驚かれるかもしれない。

これが有名なにしむらの朝食セット。

といってもこの写真07年に遊びに行った時、ツーレが撮影したもの。私はこのセットには気づかなかった。

これをしかと自覚していたら、今回朝食の店探しのとき、すぐにピンときただろうに。

お高いホワイトアスパラが載っているのが味噌か。
P1040683.jpg入手情報によると、大正解のお店だったとか。

「従業員の接客態度よし、新聞各種常備、コーヒーおいしく、トイレもキレイ」とも。

いくつか店舗があるものの、これは本店。
P1040685.jpg住所:神戸市中央区中山手通1丁目26-3
営業時間:AM8:30~PM11:00
TEL:078-221-1872
URL: http://www.kobe-nishimura.jp/
P1040703.jpgそしてこれまた07年のときの写真。

北野の坂をいくローディーの姿。

あの坂、上りごたえがありそう。坂中毒の友人に薦めたい。
P1040692.jpgで、今回は、大阪までの移動の間に異人館まで行こうとしたが、午後の予定とのしがらみで、タイムアウト。

途中ですごすご戻ってきた。

07年のときはせっせとこのあたりを観光したのだけど。

(以下、写真はすべて07年の)
P1040722.jpgこの界隈の雰囲気も横浜とどこかしら似ていて、やっぱりいい。

次回は是非また行きたい。
P1040813.jpgこんなカラフルな組み合わせも。
東京の繁華街のノリとも違う。

神戸、いいな、いいな、と書きつつ、実は何を隠そう、神戸生まれだったりなんかする自分。

・・ただし・・・じきに山口に引っ越したので、神戸の記憶がない。なんとももったいない。

神戸に住んだ期間は・・・・たったの40日!
2010.05.21 Fri | 国内探索| 0 track backs,
神戸を満喫!エクセルシオールとイスズベーカリーの話
先日神戸の写真&コメントを掲載したところ、
神戸・大阪方面在住の方たちからメールをもらった。
と、いうわけで、先日の写真を再掲しつつ、頂いたコメントをエントリー。



先日の3枚目の写真(再掲)


『この季節の六甲山は新緑がとてもキレイで緑のパッチワークがモコモコと
とてもキレイです。それを撮ってもらってるのが神戸人としてとても嬉しい!』

(makamakaさんから)

先日の4枚目の写真(再掲)


『神戸で人気の「ケーニヒスクローネ」お菓子屋さんです。
商品名がなぜかドイツ系の名前が付いているんだけど
抹茶とかアズキ、栗を使った和風テイストの洋菓子です。
とても美味しいですよー!
お店のキャラクター、クマのグッズも人気です。

http://konigs-krone.co.jp/

神戸を楽しんでもらえると嬉しいです』
(makamakaさんから)


先日の最初の写真(再掲)

『阪急電車は毎日通勤に使ってるので、写真が載ってて不思議な感じでした。』

(kkaさんから)



で、こちらは新しい写真。朝食の風景。
神戸元町のエクセルシオールにて。

大阪と違って、神戸には朝早くからコーヒーと厚切りトーストとサラダと卵で390円、なんていうモーニングやっていないらしい。

三宮から元町まで徘徊したけど、店は9時前にはどこもやってなくて、ドトールとマックぐらい。パン屋さんの「ドンク」もまだオープンしてないし、チープなモーニングはなかった。

ホテルのモーニングは800円でパンのビュッフェとスープ、サラダのようで、悪くはないけどせっかくなら外で食べたい。



でもマックとドトールはNGとして、選んだのはエクセルシオール。
東京にもあるじゃん、といわれればそれまでだけど、元町のエクセルシオール、感じがよかった。
光が燦々と降り注ぎ、バックグラウンドではシャンソンが静かに流れている。

400円のモーニングはカフェオレと野菜+卵サンド。
2時間半後に神戸牛ランチをたくらんでいたから、朝は軽め。

カフェオレがなんともおいしくて、それだけでもいい気分。

先に店の感じがいいと書いたけど、店員さんも感じがいい。

神戸だけでなく、大阪で入ったB級グルメの店の店員さんも超感じがよかった。

やっぱり商人の町だから?

東京とちょっとでも違うと、同じ日本なのにココが違う、なんて感じでいちいち大袈裟に感激する自分がいた。



そうそう、エクセルシオールに辿り着く前のこと。
朝、焼き立てパンを食べさせる店がないかネットで検索したものの、見つからず。
ただイスズベーカリーというのがテイクアウトオンリーなら結構知られたパン屋さんと言うことだったので、
絶対行こうというモードではなかったが、一応記憶にとどめて街に繰り出した。

店探しの途中、偶然イスズベーカリーと車体に書かれた車を発見。
これの後を追えばパン屋にたどり着くかな、と思い、走って後を追った私。

車はほどなくアーケードで停車。
ドライバーの姿は見えなかったが、やがて車が止まっているそばの一軒の喫茶店から出てきた。

店の外で掃き掃除している女性に聞いた。
「イスズベーカリーのドライバーがそちらの店内に入って行ったんですけど」
「ああ、うちのパンはイスズベーカリーのを使ってるのよ」と。

9時には開店らしかったけど、普通すぎる喫茶店だったので待つのはやめた。

その後てくてく来た道と逆に適当に歩き出したら、偶然、イスズベーカリーの店にでくわした。
入店。買ってホテルで食べる手もあるが、まだパンの数がそれほどそろっていない。

というわけで、エクセルシオールで手を打ったのだった。




■ 今朝、オロナミンCもらった?

ところで今朝、最寄駅でオロナミンC配布してた。
でも、電車に乗るのが先決だし、飲まないし、もらわなかった。
が、会社の最寄り駅でも配っていた。
折角なのでもらった。
2010.05.20 Thu | 国内探索| 0 track backs,
ツアー・オブ・ジャパン(TOJ) その3 カラスにカギ裂きにされたブラウスで出没した自分
TOJ観戦でついでに訪れた神戸。
出掛ける前にホテルでネットを検索。
よさげな神戸牛の店を見つけ、行ってきた。

コーヒーまで付いた神戸牛のランチセットが980円。
この店お勧め。後日書くつもり。

P1810404.jpg


今年のTOJは堺ステージがITTとなり、その前にクリテリウムが開催された。

先週末、堺ステージを観戦に行ったとき、何を隠そうカラスにカギ裂きにされたブラウスを着て行った。
何人かの知り合いに会ったけれど、誰にも気づかれなかった。

そう、カギ裂き部分は背中なので。
上から羽織っていたからカギ裂き部分は見えない。まさか背中には破れて縫合された痕があるとは、誰も思わなかったようだ。


クリテの優勝は、海外招待選手を押しのけて、鈴木真理選手。
息の長い選手。
よく優勝するなぁ、という印象。

写真はクリテで先頭グループ形成中の真理選手(右)


P1820139.jpg

P1820140_20100518235554.jpg


それから、先日のエントリーに関して:

■ 不自由さの中の自由

さて、標題の記事をdiaryで読みました。
私はアルペンをやっていますが、旗門を通るという制限を受けて
います。(実際にこれを制限滑走と言います)
一方、デモンストレーターなどの基礎スキーは全く自由な中で滑り
ます。それで、アルペンの方が滑りが限定的だと思っている人が
多いのです。つまり、自由に滑る術がなくうまくないはずだと。
実際にはこれは全く逆で、自由だと何か不都合な状況があったと
して、そこから逃げるとか誤魔化すとかできますが、旗門はそこを
通らなければならず、誤魔化しがききません。誤魔化したら、絶対に
上位にはいけない。だから、それを乗り切る技術と体を身につけない
といけない、それでレベルがどんどん上がっていくわけです。
最近はやらないようですが、昔はコブ斜面にわざわざ旗門を立てる
ようなこともありました。そういうところでも旗門を通れるやつは強いし
うまいです。

新城や別府を見てると、日本という自転車にとって不自由な環境
だったからここまで来てるのかもとちょっと思いました。でも、市川
さんのときは不自由すぎましたけどね。
今もって、練習はしにくい国ですよね。

(Uさんから)

2010.05.19 Wed | Cyclde Road Race| 0 track backs,
ツアー・オブ・ジャパン(TOJ) その2
ラファコンドールシャープチームのディーン・ダウニングのタトゥー。
こちらは結婚した日付なのだそうだ。永遠の愛の誓いというわけか。
X.V.MMVII=10.5.2007=2007年10月5日(と言った記憶。英国式に5月10日ではなかったと思うけど、記憶不確か)
Xは10、Vは5、
M=1000x2で2000、VII=7 で、2007

P1680113.jpg

これの意味は?「Live,Life,Dreasm」と言っていた。

P1680111.jpg

さて、TOJ初日の開催地堺市は、フランシスコ・ザビエルが一時期住んだ町として有名(らしい)
暖簾の模様やバスにもポルトガルの絵。

P1810460.jpg

で、もちろん行ってきましたザビエル公園。

P1810449.jpg

なかはこんな感じ。
ポルトガル人芸術家のオブジェはあったけれど、ザビエルと無理やり結びつけた公園、そんな印象。

P1810430.jpg

そして与謝野晶子の一家の住居跡。

豪邸だったらしく、現在道になっている場所一体をカバーする敷地にお屋敷が建っていたそうだ。

P1810465.jpg

住居跡と言っても門柱も何も残っていない。
単にこの場所に住んでいた、という証。

そのあと千利休の茶室跡とかいうのに行こうと思ったが、宿院のそばということしか知らない。
まあこれは来年に取っておこう。
(すでに来年も堺ステージを見に来る気でいる。鬼が笑うな。)

P1810462.jpg

TOJのクリテ後。
再び京都産業大学。再び木守先輩の周りに群がる後輩諸君。
サラリーマン社会では失われてしまうこのさわやかな雰囲気。

どうもなんかこの頃学生さんの溌剌とした笑顔に、ノスタルジックな気分になる自分がいる。
別に会社生活がそんなにゴリゴリ世知辛いわけでもないのだけど。

P1680029.jpg
2010.05.18 Tue | Cyclde Road Race| 0 track backs,
ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ
関西に行ったわけは、これを見るため。
ロードレースの祭典ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)堺ステージ。

本日印象に残ったシーンはこれ。

全日本学生選手権で優勝し、TOJ出場を決めた京都産業大学 木守 望選手を憧れの目で見つめる後輩たち。
すごいなー、こんなビッグレースに出られて~といった羨望と憧憬が、まざまざと感じられた。

P1810683.jpg


こちら(右)、東大生ライダー西薗良太選手。プロの選手目指して就活中?
東大自転車部は、西薗君の上の学年も結構強くて、なかなかいい流れが続いている。

P1810677.jpg


TOJ・クリテリウムで優勝した鈴木真理選手の走り。

P1820140.jpg


西薗君(左)@クリテ

P1820156.jpg


ラファは、ジェラート屋さんでイベントを開催。

P1810800.jpg

店内には、ティム・ケルンの写真展示も。

P1810802.jpg


■ ラファ・コンドール・シャープ スタート前の和気あいあい


それにしてもほがらか集団ラファ・コンドール・シャープの面々。
来日を楽しんでくれている様子が嬉しい。
始終むすっとして、なんで日本なんかにきちまったんだ、みたいな顔をされるのは悲しいもの。

さらにレースでは、英チャンピオンのハウスががんがん前で闘志あふれる走りをしてくれて、
わくわくした。

写真はデンプスター。

P1670249.jpg

こちらはウィンザー。
P1670253.jpg

ブリッグス。
P1670252.jpg

笑顔がいいね。

P1670304.jpg

こんなのも。。
P1670297.jpg
2010.05.17 Mon | Cyclde Road Race| 0 track backs,
TOJ(ツアー・オブ・ジャパン)に参戦するRapha Condor Sharp
昨日は生田神社へも足を伸ばした。(写真)

数年前、神戸在住の友人が、連れて行ってくれた場所。
有名芸能人がもうすぐここで結婚式をあげるから、ミーハーな私を連れて行くにはピッタリの場所だろう、ということで。

あのときは結婚式の準備でおおわらわだった。
利益に預かる縁結びのお守りとかも仰山あって。

でも周知の通り結婚生活は短くて。

あのとき、ここで買われた縁結びのお守りは、一体どういう末路を辿ったのだろう。


P1810398_20100516072144.jpg





本日TOJに参戦するラファコンドールシャープ。
ファンとのふれあいを重視する姿勢を貫くようです。

はてなが今使えないので、こちらに内容貼り付けます:


*Raphaニュース

■ Team Osaka Ride & Team Dinner
平日の早朝にも関わらず30人程のサイクリストが大阪に集まり通勤前の快適な御堂筋を南下し大阪城公園ループを走行.
参加された方々ありがとうございました.
ライドの様子はこちらからご覧ください:
http://www.flickr.com/photos/raphacc/sets/72157623938230423/

チームディナーでもコアなファンが集まり贅沢な時間を過ごすことができました

シクロワイアードのレポートはこちらから:
http://www.cyclowired.jp/?q=node/31778

Raphaの写真はこちらからご覧ください:
http://www.flickr.com/photos/raphacc/sets/72157623938284601/

■ Tour of Japan、堺ステージ
本日からいよいよツアー・オブ・ジャパンが堺にある仁徳天皇陵前の大仙公園にて始まります.

・Raphaではコース脇のピザレストラン、ウィングチップと2軒隣のジェラートショップのスペースを借りてルーラー・マガジンの写真を展示しております。

・来場者用に送料無料クーポンが書かれたポストカードを配っておりますので一言声をかけてください。

・ジェラートショップではエキシビジョンクリテリウム後、そしてタイムトライアル後に各選手達がエスプレッソを飲みに休憩しに来るかと思います。

・TOJ限定Tシャツ、ルーラーマガジン、ルーラー・フォト・アニュアルなどを販売予定しております。

・会場までRaphaのウェアを着てきた方には先着50名までジェラートショップでのエスプレッソ(そのたドリンクも可)チケットを差し上げますので是非お立ち寄りください。

・レストランでは本日リリースしましたThe Giroのサウンドトラックをかけていただく予定です。
http://www.rapha.cc/the-giro--music-inspired-by-the-giro-ditalia

レストラン、ジェラートショップの詳細はこちらを参照ください。
http://www.wingtip.jp/

・チーム関連Twitterアカウントリスト:
Raphaイギリス本社、http://twitter.com/rapharacing @rapharacing
Rapha Japan、http://twitter.com/ifraphajapan @ifraphajapan
Rapha Condor
Sharpサイクリングチーム、http://twitter.com/raphacondor @raphacondor
ディレクター・スポルティーフ(監督)のジョン・ヘレティー、http://twitter.com/RaphaJ
@RaphaJ
ディーン・ダウニング、http://twitter.com/deanodown @deanodown
クリスチャン・ハウス、http://twitter.com/kristianhouse @kristianhouse

クリスチャン・ハウスはマメで応援ツイートを送ると実際にリプライしてくれることもあります。

大阪に始まり東京で終わるというレースの特徴上、東京方面での大きなイベントが開催できず申しわけありません。
ステージ優勝のみならず総合順位もダレン・ラップソーンで狙ってきます。レース終盤にて睡眠やリカバリーに支障を
与える様なイベントができませんこと予めご了承ください。
レース後など会場にて選手へ声をかけていただいたり写真を求めるなどは全く問題ありませんし、選手も喜びますので
是非勇気を出して声をかけてみてください。

では会場でお会いできる事を楽しみにしております。

ツアー・オブ・ジャパンのウェブサイト:
http://www.toj.co.jp/toj14/index.php

2010.05.16 Sun | Cyclde Road Race| 0 track backs,
Rapha Condor Sharp ラファ・コンドール・シャープ日本上陸
TOJことツアー・オブ・ジャパン参戦のため、ラファコンドールのメンバーが来日中。
ほがらかな人たちばかり、と聞いていたけれど、確かに和気藹々でさわやか。
顔ぶれは:

P1810332.jpg--Graham BRIGGS (グラハム・ブリッグス ) GBR

直前の骨折で急遽来日できなくなったトム・サザムの代わりにメンバー入り。

来日を言い渡されたのはギリギリのタイミング。パッキング時間は1時間しかなかったそうだ。

「サザムは来日直前でいつも怪我でドタキャンとなりツイていない」などと、ブリッグスの紹介タイムにも関わらずサザムの話(日本語で)で盛り上がる会場。

どんなふうに紹介してくれているんだろう?という顔のブリッグスに、「ごめん、(君の話じゃなくて)サザムの話なんだ」と司会者が明かすと、大苦笑。

ちなみに今回チームが用意した来日メンバー名入りTシャツに、彼の名前はない。
さすがに訂正間に合わず。

P1810322.jpg--
Dean DOWNING(ディーン・ダウニング / AUS

弟のラッセルはチームスカイに所属、と司会者が紹介した途端、ラッセルという名前が耳に入ったらしく、「(また)弟の話題かよー」と言って場内を笑わせる。

「富士ステージ以外は頑張ります」

山は苦手。平地系選手だそうだ。

別の選手からは、「山でダウニングが頑張ります」などとジョークを飛ばされていた。

小柄。170cmないのでは。味のある選手

P1810326.jpg--
Dean WINDSOR (ディーン・ウィンザー) AUS

チームにディーンが2人いるけれど、こちらの呼び名は「デューク」

公爵なんていう呼び名をつけられて、すごい、と思いきや、彼の苗字はウィンザー。
それゆえの愛称、という話も。

ちなみにウィンザー公とは一切関係ない、、はず。

以前アスタナに所属していたレネ・ハーゼルバッハーをちょっと髣髴させる。
P1810320b.jpg--
Zakkari DEMPSTER (ザッカリー・デンプスター) AUS

「僕の名前はオグレイディです」・・とは言わなかった。(今回は)

TOJを始め来日経験はこの中でも豊富。

08年は大阪ステージで優勝。

2年前よりさらに落ち着いた雰囲気で、22歳にしてすでに老成(?)しているような。
P1810309.jpg--Darren LAPTHORNE (ダレン・ラップソーン)AUS

見る角度によってはAG2Rのマルティン・エルミゲルに似ているイケ面。

今回のエース。周囲から散々プレッシャーをかけられていた。

P1810335b.jpg--
Kristian HOUSE(クリスチャン・ハウス )GBR

アスタナのベンハミン・ノバルに(私的にはかなり)似ている。つまり濃い目。
イカした兄貴風。

エースのダレンをサポートしつつも、機会があれば狙うだろうと。

英チャンピオンジャージ姿のハウスがあしらわれたワインラベルも会場に登場した。



ちなみに昨日は、芦屋の会場でストーブがたかれた。屋外でもないのに。

聞いた話だと、「山の手は寒いんです」

周囲は高級住宅地オンパレード。(正確には芦屋川)
田園調布も成城も松涛も真っ青な豪邸が立ち並ぶ。
フォトグラファー高木秀彰さんは、余りのゴージャスさに肝を潰し、お宅拝見しつつ、遠回りしながら会場入りしたそうだ。
2010.05.15 Sat | Cyclde Road Race| 0 track backs,
神戸上陸
P1810229.jpg--
有給をとった。
午後半休にしたかったのだが、半休は年間の取得日数が全休より少ないため、仕方なく全休にした。
半休は健康診断とかでまだ使う予定があるのだ。

ところが、今日は仕事上、「肝」となる日で、朝7時に英国からのメールを開けて、頭を抱えながら返信を打ち、あちこちに電話をしたら、あっという間に11時。

有給の意味なし。
もっとも、2時間だけ出社しないとまずいと思っていたが、家での作業で済んだからよしとしよう。
私のブラックベリーはパスワード設定している添付ファイルは読み込めない。パスワード設定ファイルだったら出社する覚悟でいた。極秘情報がはいる可能性が高かったから。結果的に暗号っぽい書き方で、添付ファイルでなく送付してくれた。よかった。

会社では専用で使っている2台のPCのうち、1台は携帯パソコンなのだけど、外への持ち出しが今厳しくて、登録をしないといけない。
これまで海外出張でもブラックベリーで済ませていたので、携帯パソコンの持ち出し登録はしてなかった。登録には時間がかかるということで、今回間に合わなかった。

気を取り直して羽田まで。2時の大阪行きは修学旅行の学生と一緒になった。座席は勝手に変更され、修学旅行のすぐ後ろ。揺れるたびに声が上がり、やれやれ。

伊丹から三宮までバスがあると知り、それを使うつもりだったが、30分待ち時間あり。

インフォメーションでは、電車を勧められる。
実は乗り換えサイトで、電車で行く行き方もチェックしたのだけど、蛍池だの、十三だの、、聞いたことのない駅名が並び、こんなの、堪忍やで、と思い、安直なバスにすることを決めた。

でも30分待ちはいやだな。ということで、蛍池と十三(じゅうそう、って読むんだそうだ。いちいち感動する自分)で乗り換えて、列車ONLYで行くことに。結局バスを30分待っていくより、25分早く到着。
伊丹から所要時間50分ぐらい。

ただ、バスがどんぴしゃのタイミングだったら、バスの方がやや早そう。今回乗り合わせが特急ばかりで接続もよくて、50分だから。バスなら45分。

三宮に到着した途端、英国から電話があり、さらにお客さんからはいろいろカツを入れられ、全く休みの日とは思えない状況。

こんなに切羽詰った状況ってそうそうあることじゃないのに、タイミング悪すぎ。

ということで三宮観光をするつもりが、ホテルで電話とメール。
休暇でなく、出張できたと錯覚しそう。
なんかせっかく神戸の町にいるのに気もそぞろ。

夕方、ばたばたとホテルを出て、芦屋倶楽部に向かう。
が、予想以上に時間がかかり、ああ、仕事のせいで、ホテルを出るのが遅くなったことを恨み節。

帰りは癒し系カメラマン高木さんと一緒に夜道を芦屋川まで。高木さんは、さらにその先の駅まで歩いていった。


写真)
写真は上から阪急電車x2.中は木目調。外は小豆色のレトロ。わーこんなクラシック電車が普通に走っているとは、とやたら感激。

3枚目の写真を撮ったわけは、緑生い茂る山が見えるから。東京で、アーケードの先に山が見えるってないよなぁ、とこれまた感激。4枚目。こんなおしゃれな店、東京にはない、とかいちいち東京と比べては、うわーとか叫びつつ喜んでいる私。まさかこのあと仕事攻勢になるとはつゆしらず、まだこのときの私ははしゃいでいた。
P1810233.jpg
P1810243.jpg
P1810250.jpg


で、芦屋倶楽部では、こんな夕べだった:
Raphaご一行様

ザック・デンプスターが大人っぽくなっていた。
まだ確か20歳そこそこだよねぇ?(左から4番目)

P1810303.jpg

2010.05.14 Fri | 国内探索| 0 track backs,
ツーレとお子様
■ 西薗良太君、朝日新聞デビュー

いつも2日に一度ぐらいは「西薗良太」という検索でこちらのブログを訪れる人がいるのだけど、
今日はそのヒット数がいつもより多かった。
朝日新聞に出たからね、きっと。

ちなみに、先日は「木村拓哉」で75人がヒットしてきていた。例の恵比寿ガーデンプレイス目撃のエントリーのせい。

でも、「木村拓哉+恵比寿ガーデンプレイス」でヒットするならわかるけど、「木村拓哉」でヒットするって、
一体、どのぐらいしぶとくサーチのページをめくったことか。
莫大なネット上の掲載ゆえ、キムタクの名前の検索だけでは、そんな真っ先に出てくるわけがないから。

それまでしてせっかく訪問しても、あれだけの内容なのでかたじけない。



■ ツーレとお子様

P1800573.jpg--先日、岩崎邸の庭で。岩崎弥太郎の家系図パネルなどが庭に展示されていてすごい人だかりだった。けれど、ツーレは無関心。

それよりも、友達を見つけてアイコンタクトを楽しんでいた。

新しい友達にまさに話しかけようとした瞬間、お子様は母親に連れされれてしまった。残念そうに見送るツーレ。

一部始終をパネルごしに目撃した私。


p.s. ツーレ、自称3歳児。子供じみたことをして私に「バカじゃないの」といった目で見下げられると、「だって3歳児だもん」と開き直る。この日の光景を見て、「類は友を呼ぶ」と思った。


類は友を呼ぶ・・・と書いて、なつかしくなった。英語では「Birds of a feather flock together.」
昔、英語のことわざに凝った時期があった。

.


ほかにたとえば:
The early bird catches the worm 早起きは三文の得
A stitch in time saves nine,  転ばぬ先の杖
There is no smoke without fire. 火のないところに煙は立たない
Seeing is believing. 百聞は一見にしかず
It’s no use crying over spilt milk. 復水盆に返らず
It never rains but it pours. 降れば土砂降り = 二度あることは三度ある
All work and no play makes Jack a dull boy.よく遊びよく学べ
Misfortunes never come singly. 弱り目に祟(たた)り目
Don't count your chickens before they are hatched. 捕らぬたぬきの皮算用
A drowning man will catch at a straw. 溺れる者は藁をもつかむ



さらに。。。岩崎邸=>岩崎弥太郎=>龍馬伝 
龍馬伝宣伝攻勢こんなとこにも。

P1800561.jpg
2010.05.13 Thu | 国内探索| 1 track backs,
幻滅もあるけど希望もあるね
まだ言い足りないものだから----

それにしても選挙をなんと心得ているのだろう。
人気投票・・・
フランスの選挙などを見ていて、こんなミーハーな状況は記憶にない。

柔道家の人が、自動車メーカー票をバックに当選すれば、
企業にとってもおいしい。
あからさまでなくとも、なにかと斟酌してもらえる。

稲盛和夫さんの武勇伝を描いた「挑戦者」にも出てくる。
政治家による一企業のえこひいき。
稲盛さん率いるKDDIは、それで苦労した。


挑戦者挑戦者
(2010/03/19)
渋沢 和樹

商品詳細を見る


さて、近頃ツーレのハマりもの。
OBとして週末学生と一緒にクラブ活動。

私も一度だけ、学生さんたちに会ったことがある。
ツーレが嬉々として参加しているのがわかる気がした。

はじける笑顔が極上で、キラキラしていて。
人生バラ色そのもの。
会社ではああいう表情は目にする機会がないなぁとつくづく思った。

発展中の人たちだから?スポーツマンだから?若さゆえ?自分もそうだった?
笑顔を見るだけでも力がもらえる。

P1800716.jpg
2010.05.13 Thu | Society| 0 track backs,
スポーツ選手モテモテ
■ 続々立候補

この先Sportsmanという言葉がpolitician と同義語になる日がくるかもしれない・・・


■ チームデローザ来日記念で五輪用聖火ライダー用バイク

TOJにチームデローザが出場するようなので、再掲。
写真はアテネ五輪聖火ランナーを務めた中野浩一氏が使用したバイク。
聖火を手持ちする代わりに、自転車のシートピラーから突き出たバーで固定。




■ お嬢様学校をしり目に雑草のような公立高校生だった私

先日九品仏のお嬢様学校にバドミントンの遠征に行った話を書いた。それを受けてメールFromセネージさん。
くすっと笑える内容です。

公立校の生徒がお嬢様お坊ちゃん学校に行ったときの心理描写に共感しました。一種のカルチャーショックですね。
自分がいるのとは別の世界があるという感じ。女子の美人度平均値が明らかに高いと感じていました。

有名なのは、給食メニューですね。東洋英和だか、聖心だか忘れましたが、給食のメニューを校内放送でするんですね。湊区立校に聞こえてくるその献立が、区立校とあまりに格差があるため、
区が放送をしないでほしいと申し入れをした逸話があります


じゃあ、メニューをよくしましょう、という方向に行かなかったのは残念でしたね。


■ 不自由さの中の自由

戦後の不自由な時代に生きた人たちが書いた文章や描いた絵を見て、ふと思うことがある。
貧しさの中でも豊かな心がはぐくまれることがあるのだと。

そのたびに、建築史家の陣内秀信さんと須賀敦子さんのかつての対談を思い出す。
(以前既に引用したことがあるけれど)。

イタリアの建築が豊かなのは、歴史的外見を変えないといった制約条件が多いため、
限定的な環境の中で、最大限のものを引き出そうという努力し、それが建築学的スピリットを
向上させている。日本ではなんでも自由に建てられるから頭で余り考えなくなる、と陣内さんが言えば:

須賀さんも追随する:
「自由詩になってから日本の詩はとても貧しくなってしまった。」と。

不自由な中の自由さ。自由の中の不自由さ。
制約は悪いことばかりではない。
それを身近なところでも時折実感する。

不便さを嘆きつつもなんとかぎりぎりのところで、その枠の中でなんとか最大限を引き出そうと
もがいている自分を見つめるときとか。
2010.05.11 Tue | Society| 0 track backs,
ボー・カワグシ と TTの写真の話 と カラスの逆襲
 サッカーワールドカップ「GKに川口能活」

・・・でふと思い出したこと。
W杯初出場のフランス大会。
キーパー川口は、フランスメディアでも注目を浴びたそうだ。

TV中継の解説者は、キーパーが映るたびに「ボー・カワグシ!ボー・カワグシ!!」と
叫びまくっていたと現地在住の人に教えてもらった。

ボー・カワグシ、つまり Beau Kawaguchi!! 美しいカワグチ!、と。


P1800906.jpg-
■ TTの写真

友人がジロの初日を見に行った。
タイムトライアルが余りに速くて写真が撮りづらいと嘆いていた。

Kenさんも言っているように、コーナーのところなら撮りやすい。

真横は確かに難しい。でもまあ、せいぜいこの程度なら。(08年ツールのヴァンデヴェルド)
その代わり、レスポンスのいいカメラで、手になじんでいることが重要かと。あ、あと、背景はつまらなくとも空いている場所というのは必須!

それより絶対に撮れないのはトラック。バンクを周回するあの速さは反射神経をもっと上げないと不可能、と思った。

あとがき】このエントリーを入れた途端、ヴァンデヴェルドがクラッシュでリタイアというのを知った。鎖骨骨折の疑い。



■ カラスにブラウスをビリビリにされた話

-

先日、カラスの巣作りの話を書いた

針金のハンガーを使って巣を作る様子を町の人とおしゃべりしながら眺めたのだが、そのとき「カラスは子供ができると狂暴になるから、卵を産んだ途端に巣を取り除くようにしている」とおじさんが言っていた。

そんな矢先、獰猛なカラスの餌食になった、私が。

連休中、ベランダで激しい音がするので飛んでいくと、カラスがハンガーを物干しからはずそうと
ものすごい勢いで竿を揺らしていた。


叫んで追いやったので、ハンガーは盗まれずに済んだ。が、、
ハンガーはもぬけのから。干してあったブラウスは?

と捜すと、はがされて落ちていた。
ハンガーからはずすために、くちばしで相当つついたのだろう。ブラウスには無数の傷跡。
さらにL字型に大きく引き裂かれ、ボタンが引きちぎられていた。

レースが少しついた、非常に使い勝手のいい白いブラウスで、ここ数年、
もっとも多用していたものだっただけに、悔しさ百倍。

唯一の慰めは、カギ裂き部分が背中だったこと。

沈痛なおももちでブラウスの修理にかかった。
カギ裂き部分を縫い合わせボタンをつける。
むろん、縫ったあとがあからさまで、普通には着れない。

が、私は着る。インナーとして、レースの部分が少し出る感じで着るのだ。
このカギ裂き補修ブラウス、会社にも着て行くぞ。カラスを見返してやるのだ。


■ 食材の情報交換

お弁当づくりが続いている。同僚もびっくりしている。
社食のご飯や市販のものに飽きてしまったせいか、同僚の中にも時折もってくる人が増えた。

で、私のお弁当づくりを知った友人からこんな衝撃の贈り物:

● 柚子こしょうふりかけ
最初はご飯にかけて持って行ったのだが、食べている最中にもっとかけたくなり、
翌日から会社の引き出しに常備することに。

もちろん、今日もたっぷりふりかけた。

そして、別の友人からは
● ホテルオークラ 食べる辣油
桃屋のものが売り切れでも、こちらはたまたまあったとかで、買ってきてくれた。

ミートソーススパゲティにも抜群に相性がいいことを発見。
タバスコの代わりとしてもかなりイケる。

日曜日は、エアロビ仲間から自家製のオレンジマーマレードと抹茶かりんとうをもらい、
水曜日のジムでは、別の仲間からやはり手作りの塩キャラメルと白菜漬けをいただいた。

食材をいろいろもらうことが重なり、つくづく思った。
自分だけでは、使う食材がずいぶん偏っている。
よそのお宅で食べるものの中には、自分では買わないもの、食べたことのないものが結構あって
頂きものには発見があり、二重に嬉しい。
2010.05.10 Mon | Language| 0 track backs,
大使館の溜まり場を巡る
P1810113.jpg-  
休日の明治通り。港区と渋谷区の境目あたりでローディーたちをたくさん見かけた。
なつかしいジャージ姿がやけに多い。
サウニエルドゥバルの黄色や、CSCの白x黒ジャージなど。

完成したフランス大使館(*)を脇目にずんずん歩いて行くと、新富士見坂の先にこんな建物が現れた。

突如イスラムの香り漂う白亜の館。

(*) 新大使館のガラス張りの入り口には、X線荷物検査装置が真正面に構えている。セキュリティー厳しいぞ、と言わんばかりに。

.
P1530173_20100509170941.jpg-なんだこんなの見たことないぞ?と思いつつ、ふと気がついた。

そうだ、あれは丁度1年前、桜の時期だった。

こんな看板を見かけた。この場所で。(1年前の写真を掲載)

.
P1530174.jpg-  
これも1年前の写真:

あのときは、まださら地だった。
わずか1年で上掲の立派な建物に変身だ。

が、しかし、上記の工事用看板を見ると、完了予定は今年の2/28ではなかったか。

本日5/9の段階で、内装はまだ完了しておらず。

まあ、誤差の範囲内か。
.
P1810133.jpg-中を覗いてみると、噴水のあるパティオが見えた。

タイルが多用されている。さらに、ビザンティン様式でもたびたび目にするアーチ型の構造。
ひねった形の白い柱は華奢な感じ。

国によってはマンションの一室を借りあげて大使館用に使用したりしているのに(再びジンバブエ大使館を引き合いに出す)、このように専用の建物をこしらえてしまう大使館もある。

その差は 財力のみならず、内・外装に対する拘りの差のように思えるのだが。



P1810138.jpgP1810129.jpg-左の写真はアルジェリア大使館中庭。
休息所?はたまたお祈りの場所?らしきものが。

右は大使館前の看板。飾り文字のゴテゴテさ加減、半端ではない。というか、文字には見えない。

国旗掲揚用の竿は正面に造られていたが、旗はまだ立てられていなかった。



この辺り、大使館の集落の様相を呈している。アルジェリア大使館以外には:

まずはEU代表部。こちらは大成建設が建設予定で、まださら地の状態。
これも出来上がったら見に来よう。

P1810090.jpgP1810122.jpg
P1810099.jpgP1530146.jpg


上掲4枚組のうち、写真右上はパキスタン。EU代表部の隣にある。
写真ではわからないが、相当豪華である。アルジェリア大使館はその隣に位置している。
P1810095.jpg


さらにその下の写真はドイツ大使館。アルジェリア大使館から有栖川公園の方に下った左手にある。
正面がモダン、裏がレトロ。でかい。
P1530139_20100509170649.jpg


4枚組写真左下は、日本家屋の塀が珍しいフィンランド大使館。アルジェリア大使館の向かいにある。
(この写真は去年のもの。八重桜が見える。)
P1530172_20100509170658.jpg


もう少し半径を広げれば、フランス大使館、チェコ、ブルキナファソもあり、
広尾界隈はまるで大使館御用達。



■ 三岸節子展

話変わって、学生時代の同級生からメールがきた。「三岸節子展 に行ってきました」って。
私はその名を聞いたことはなかったけれど、彼女は名前だけ知っていたらしい。

行ってみると、好きな画風だったらしく、
「そのエネルギー(70年以上の絵描き人生)に圧倒されました」と。

そこで、三岸節子という画家のこと、調べてみた。
画家の夫と結婚したのが19歳。
情念の狭間で夫の死を迎え、渡仏したのが60歳過ぎ。
20年以上も欧州に住み続けた。
その後も太く生きて享年94歳。

卒業校である女子美のサイトに生涯の解説が詳細に載っている。前編後編

モディリアーニ、ゴッホ、スーラ、フェルメールなど短命の画家も多いけれど、
この三岸節子という画家に加え、ピカソ、横山大観など、
90歳以上まで生き延びた長寿の画家も多々いる。

絵を描く作業はエネルギーを相当使う作業だと思うのだけど、
この3人は、晩年まで長きにわたり創作活動を続けた。

創作意欲のみならず、生きるエネルギーも半端ではなかったのではあるまいか。


最後に本日の有栖川公園:
P1810159.jpg-

P1810191.jpg-  

2010.05.09 Sun | 国内探索| 0 track backs,
本日の散策:北沢川緑道とキムタク目撃談にリアクション
P1800906.jpg-代沢在住の友人いわく、「花見は北沢川緑道で十分」。

遊歩道の桜並木が見事らしい。

時期はとっくに過ぎたけれど、偵察に行くことに。

北沢川緑道は確かに桜の木々が両側から覆いかぶさるように茂っていて、来年の春は是非ここに、と思わせるものがあった。

一方、その先に続く目黒川緑道の方は、流れる水のせせらぎと草花のオンパレードで、こちらは今まさに春爛漫。
.
P1800931.jpg-
そぞろ歩きをしていると、こんな風景にでくわした。
家の玄関まで行くための橋渡し。
.
P1800931.jpg-
可愛らしい橋が一定間隔に配されていて、ちょこちょこっとその上を渡れば自宅玄関にたどり着く、、というわけだ。

んん、、?こんな風景いつかどこかで見たような。。。そうだ!これだ。
.
P1540381.jpg--
去年5月のヴェネツィア。
家の真正面が運河で、目の前の道と玄関の間は、小さなご自宅用の橋で結ばれている。

家のまん前に橋、って風流だなぁ、と思いつつ眺めたこのヴェネツィアの光景が、ちょっと形を変えて日本にもあったとはね。


スライドショー





■ キムタクの話の続き

先日のうちの母の、『恵比寿ガーデンプレイスにて木村拓哉目撃談』に関してメールを2通:

お母様がキムタクに遭遇したという記事を見て、メールをしました。

わたしも、先日、T●●●Oの長●智●に遭遇しました☆
うちのレストランに6人で来ていて、
他はたぶんスタッフやマネージャーさんみたいでした。
顔が見える位置に座っていなかったので、しばらく気付かず、
料理を持って行った時に初めて気が付きました。

実は、彼は数年前にもうちのレストランに食事に来たことがあるのですが、
わたしはその時は一足違いで遭遇できませんでした。
当時の同僚の日本人スタッフから聞いたので
『どうだった?』と質問したら『いやー、最初は全然気が付かなくて…』と言っ
たんです。
なにをおっしゃる、ジャニーズだよ、TOKIOの長瀬だよ?
気付かないわけないじゃないの!
もう黙ってたって気付かれるくらいのオーラを放ってるんじゃないの?と思って
あまり同僚の話を信じてなかったんですが、、、(以下略!?)

(バナナ魚さんから)


なるほど。確かに私の経験からいうと、男性芸能人より、女性タレントの方が、
顔が小さいとか、お肌ツルツルとか、実物の方が圧巻、というケースが多いのではないかと。


そして、大学の先輩Y子さんからは、

"キムタクが鍛えた体だった"、と読んだ後、偶然テレビで着替えのシーンがあったんです。
確かに筋肉しっかり、ナイスボディーでした~。



へえ、やっぱりそうなんだぁ


ちなみにY子さんからのメールは昨日のエントリーにも触れていた。
そこで述べた2つの天声人語のうち、引用しなかった方の結びの言葉 -
「使った命を確かめる写真と、使い残した命を受け継ぐ木。ともに愛しい人を消さぬ知恵である」-
の一文に感激した、とあった。

私も同感。優しい表現が心地よい。
2010.05.08 Sat | 国内探索| 0 track backs,
本日の天声人語「樹木葬」と緑の力
気持ちに余裕がないときでも、天声人語だけは読もうと心がけているのだが、たまにそれでも見逃しているらしい。今日の天声人語の下敷きになった2月の記事を読んでいなかった。

「34歳で乳がんに倒れた女性」の話というのが読みたくて、asahi.comのアーカイブページにたどり着いたのはいいが、すでに記事は消滅していた。http://www.asahi.com/paper/column20100207.html キャッシュでかろうじて読むことができ、内容をセキュアしておくことに。

2010/2/7の天声人語

 本欄へのご感想の中には、ただ黙するしかないようなものがある。埋葬地に木を植える「樹木葬」を取り上げた過日の小文にも、そのようなお便りをいただいた▼「いつ折れるとも知れない心を老夫婦で支え合いながら、娘のために樹木葬の適地を探しています」。次女を34歳で亡くしたばかりのご夫婦からだった。乳がんの告知からわずか1年半。夫と、告知の直後に生まれた男児が残された▼遺言めいたメモには、病のため震える字で家族葬の希望と、お墓にはオリーブかローズマリーを植えてほしいとあったそうだ。若い人ほど木の勢いは強かろうと書いた小欄を、励ましと受け止めていただいた。偶然に言葉もない。ご連絡すると、お二人は乳がん撲滅への願いを静かに語られた▼同じ34歳で逝った女性を悼む歌がある。小学生の姉妹の親でもあった。〈遺児ふたり長き髪もつ明日よりは母に代わりて誰が結ばむ〉羽場百合子。作者は朝日歌壇にも入選を重ねた元教師で、弱き者を思いやる歌風が際立つ▼どんな死も悲しいけれど、若い母親のそれは切ない。お母さんは風になり木になって、わが子に声援を送り続ける。他の母親より少し短い、真珠のような思い出を抱きしめながら▼乳がんに侵された先の女性は、幼子にも走り書きを残していた。〈男の子はやさしくなければいけません。まわりの人の言うことをよくきいて。いっぱいおでかけにつれていってもらうんだよ。本もいっぱいよんで、音楽もいっぱいきいて……〉。連なる「いっぱい」に、母性の叫びを聴く。


そして、彼女のご両親は適地を探し当て、埋葬祭に筆者も参列。それが本日の内容となっている。

「緑」が結ぶ「縁」の不思議さを実感するとともに、亡くなった女性の名前4字とも草木にかかわる漢字であった偶然に驚く。


今回の話題を、以前のアーカイブまで探し出して熱心に読んだのにはワケがある。

今年、桜、花水木、つつじをしつこく追い求めて庭園巡りをしたりしているうちにふと気付いたことがある。
草木に力をもらうことがあるものだと。

冬枯れでがいこつのようになった木々が、春になってふと気付くと立派に花をつけていたり、排気ガスまみれのつつじも、時期が来れば忘れずに色鮮やかに咲き誇り、草花の生命力に、今年はなぜかことさら感じ入った。

寒い冬が長くて、突然春がやってきたせいだろうか。

樹木葬の具体的・詳細なイメージを描き切ることはできないのだが、亡くなった人のかわりに生命を宿す木々から力をもらえそう、そんな気がする。


今年はつくづく咲き誇る花々と滴る緑に畏敬の念を感じた春だった。
おっと、なんだかすでに行く春を見送る気分になっている。
写真はつい先日の古河庭園。


P1800008.jpg
2010.05.07 Fri | Society| 0 track backs,
都内の京都
「九品仏」という地名を聞くと、かつては少しだけ胸がチクリとしたものだ。
あれは中学のクラブ活動の一環で訪れたバドミントンの試合。
会場は九品仏にある某有名女子校だった。

区内の中学校がいくつも参加していたのだけど、我々の学校の対戦相手は、たまたまその主催校だった。

クラブ活動のバドミントンのウエアといえば、ヨネックスのアコーデオンプリーツのスカートと決まっていたのに、彼女たちがまとっていたのは、それまで見たこともないようなファッショナブルなコスチューム。

プリーツスカートなんていう野暮なものははいてない。
フレアースカートだ、フレアー!

舶来品なんだか、どこのブランド品なんだかさっぱりわからないけど、ともかく都立中学の生徒(私たち)をしり目に、どの子たちもエレガントで、おまけになぜだかわからないけど、脚がすらりとしていてスタイルも抜群だったりなんかする。

ただ、見かけほどは強くなく、なーんだ勝てそう、と思った。
やっぱりお嬢さまチームだったのだ。
ところが、結構ヘロヘロっとした心もとない動きなのにもかかわらず、意外にシャトルコックを拾いまくり、遂に接戦にもつれこみ、、、結局負けた。
我々のペアのみならず、ほかの子たちも、ほとんど・・・負けた。

プリーツスカートvsフレアースカート、軍配はお嬢様学校に。

あれ以来、ほとんど九品仏には足を踏み入れたことはなかった。
だから、私にとって九品仏といえば、これ、つまり、フレアースカートのお嬢様たちに負かされた場所、というのが全てだった。

今年の4月までは。

しかし花見で訪れた九品仏の浄真寺は、過去の”クホンブツ”記憶を返上するような鮮烈な印象だった。
まるで京都のようで。

桜は散って5分咲きといった感じだったけれど、そのおかげか辺りには静けさが漂っていた。
桜の木々の薄桃色と本堂・建屋の屋根の渋い緑が周囲の風景をしっとりとした抑え目の暖色に彩っていて、ガラス越しの阿弥陀如来像の存在に、身が引き締まる。


来年はゼッタイ盛りの頃に行くぞ。

>ストレラさんへ、
お勧めです。来年是非どうぞ。入場無料ですから。家族4人で行ってもただ!


浄真寺には、阿弥陀如来像が3体ずつ合計9体安置されていた。なるほどそれで九品仏というのか。

それぞれの堂には、中央には上品上生、上品中生、上品下生、両端に中品上生、中品中生、中品下生、と、下品上生、下品中生、下品下生と書かれている。

今年を境に、私の中の九品仏は、完全に仏様x9体が安置されたプチ京都、というふうに上書きされた。
フレアースカートコンプレックスとはおさらばした・・・ハズ。






p.s. 中野さん、駒込に行ったんだぁ。
六義園へは行かなかったの?(って、遊びではなかろう)
ちなみに、駒込ってそういえばJR線路わきのつつじが見事なのだっけ、と思いだした。(私は西が原から歩いたので、JR駅線路沿いのつつじは今回見なかった。)
でも六義園の庭園のつつじは見事ですよ。
おひまがあったらいつか是非!
http://movapic.com/yottan
2010.05.06 Thu | 国内探索| 0 track backs,
みどりの日の無料開放 その2
昨日の続き:
午後からは、浜離宮~岩崎邸庭園~上野動物園~岩崎邸庭園へ。
岩崎邸に2度行ったのにはワケがある。

最初は庭園のみで、邸宅内には入らなかった。
なにしろ1時間半待ちということだったから。

いったん上野動物園をまわって、17:30頃戻ったら(みどりの日は18時まで延長開園)、さすがに列はかなり短縮。10分待ちで入れた。

朝8:40に家を出て、18時まで庭園巡りをし、その後例の地下鉄一日券で2か所をまわって、帰宅は20:30.
12時間、ほぼ歩きとおしだったことになる。

朝開園時間の9時ジャストに最初の庭園に入っていれば、ランチは銀座でゆっくり、と思ったのだが、今回時間が足りなくなりそうだったので(*)、コンビニ弁当を浜離宮で食べることに急きょ変更。
これは正解だった。1時間余裕ができたので、1つずつゆったりと見物できた。

(*休日は目覚まし時計をかけないことにしているので、寝坊し、家を出るのが予定より40分遅くなった。)


ガイドツアーを行っている庭園も多いので、来年はそれに加わって、1日で2-3ヶ所をまわるだけにするのもよいかなと思う。

みどりの日の庭園無料は、私が行った6か所以外にも井の頭公園や神代植物園でもやっている。(メトロ1日乗車券が使えない場所には、今回行かなかった。)


浜離宮1:汐留のビル群が目の前。
P1800407.jpg

2:春は菜の花、秋はコスモスが花畑一面に植えられている。
今の時期、花畑はお休み。だが、広大な敷地のあちこちで色とりどりの花が咲き乱れていた。
今の時期は例えばボタン
P1800412.jpg

3:菖蒲にはまだ時期は早いと思うのだが、花の正確な名前は不明ながら、こちらは満開。
P1800442.jpg

4:フジも満開。これなら亀戸天神まで行く必要はない。
P1800524.jpg

上野動物園1:入り口でこいのぼりがお迎え
P1800587.jpg

2:象が座るところを披露してくれた。結構柔軟性がある。
P1800598.jpg

岩崎邸1:人々が群がっているのは、岩崎弥太郎の家系図および、岩崎家の歴史。みんな熱心に読んでいて、龍馬伝ブームが手に取るようだった。
P1800554.jpg

2:行列のさま。中で、お抹茶と和菓子のセットをいただいた。(中は撮影禁止。)
P1800631.jpg


■ 話題変わって:これは誰でしょう?
 From鎌倉さん

鎌倉さんからメールをいただいた。
「添付の写真だれだかわかりますか?」と。

私はわからず、白戸太朗さんかしら、などと思った。
が、ツーレに見せたら、間髪いれずに即答。
「今のまんまじゃない」と。

言われてみれば、そうだけど、全然わからなかった。

kama1.jpg

kama2.jpg
2010.05.05 Wed | 国内探索| 0 track backs,
みどりの日:都内の庭園が無料、さらに1時間開園延長
みどりの日に都内の庭園を無料開放、というのは今年も引き続き行われると知った。(ジムの友人から聞いた話。ジムでのおしゃべりは侮れない。)

そこで地下鉄メトロ1日利用券(710円)を購入し、朝から閉園の18時まで、一挙に次の順番で駆け巡った :

1)古河庭園(最寄駅は西が原・南北線・普段は入園料150円)
2)六義園(駒込駅・南北線・普段の入園料は300円)
3)小石川後楽園(飯田橋駅・南北線・普段の入園料は300円)
4)浜離宮(東銀座・有楽町線から日比谷線乗換・普段の入園料300円)
5)岩崎邸庭園(上野駅・日比谷線・普段の入園料400円)
6)上野動物園(徒歩・普段の入園料600円)


ちなみに上記の駅は、最寄駅ではなく、無理矢理メトロを使うために使用した駅。例えば、浜離宮なら、大江戸線の汐留駅が一番近い。さらに岩崎邸庭園なら湯島駅の方が近いが、東銀座から乗り換えずに行くために、上野で下車して歩いた。


古河庭園―六義園―小石川後楽園はすべて南北線で行ける。ただ、古河庭園の出口に、「六義園までは徒歩20分」という表示があり、地下鉄に乗るよりも早そうだったので、試しに歩いてみた。10分強で到着。地下鉄1日券があっても、無理に乗らず、歩いて正解だった。


上記の合間に、小石川後楽園から浜離宮への移動の途中、護国寺につつじを見に行った。さらに、上野動物園のあと、富岡八幡宮(門前仲町駅)と伊勢丹(新宿)にも行ったので、地下鉄は1500円分ほど乗車。1日乗車券は便利だ。


朝、8時に家を出て、9時の開園と同時に入園する予定だったが、こういう時に限って寝坊。6時に目が覚めて、もう少し寝られる、と思ったのだが、次に目が覚めたのは8時。

連休中、ずっと目覚ましなしでも連日7時前には目が覚めていたので、早起きには自信があったのに。

出だしが遅れ、古河庭園に到着したのは9:40だった。だが、あとの移動はすべてスムーズ。浜離宮からツーレが合流(例によって彼は早寝遅起き型。)


庭園は、通常17時閉園だが、この日は1時間延長措置もとられた。お陰で大混雑の岩崎邸の内部にも入ることができた。なんでこんなにここだけ混んでいるのか?と思ったら、どうやらNHK大河ドラマ「龍馬伝」に登場する岩崎弥太郎ブームということらしい。
この館は、3代目の岩崎久彌氏のときに建てられたもの。

中に入るのは初めてではないが、今回は館内の説明ビデオなども鑑賞。タイルはイギリスからのお取り寄せ品なのだそうで、さすが三菱の創始者、当時としては破格のハイカラぶりだったことが偲ばれる。


古河庭園:バラ園が有名だが、この時期はつつじが咲き誇っていた。
P1800029.jpg

P1800036.jpg


六義園:有名なしだれ桜はとっくに終わっているが、つつじも売りの一つ
P1800109.jpg

さらに森林浴!
P1800195.jpg

六義園のつつじの山。以前来たときは、どんぴしゃの真っ盛りだったが、今日はほんの少し遅かったか。それでも園内見どころは十分。
P1800207.jpg


小石川後楽園:ここはいわゆる季節の花々を鑑賞する庭ではないので緑一色だろうと思っていたが、藤が丁度見頃を迎えていた。つつじはない。
P1800303.jpg

藤の花をバックに江戸大神楽が始まった(正午)
P1800321.jpg

続く ・・

2010.05.04 Tue | 国内探索| 0 track backs,
SMAPのキムタクは鍛えた体の持ち主だった
実家の父がパソコンを買い替えたので、ツーレがセットアップを手伝いに行った。
その間、私はジムで3本スタジオプログラムに出てから実家へ。
最初の2本はキツかった・・

さて、家に着くなり昨日”生”木村拓哉を目撃したという母に状況を聴取した私。
状況は下記の通りだったようだ:

・両親は昨日、山種美術館に奥村土牛展を見に行った。(私がその前日見たのと同じ展覧会だ)

・ランチを食べに行こうと思ったが、あのあたりはちょっと駅から離れていて何もない。仕方なく、美術館内のカフェで稲庭うどんを食べた(キムタクに会うことになったポイント その1)

・ランチが軽めだったので、では恵比寿ガーデンプレイスでケーキ&お茶でもしようということに(キムタクに会うことになったポイント その2)

・あそこにはサンジェルマンの喫茶もあるが、2人はたまたま三越内のはじっこのケーキ屋さんを選んだ(ポイントその3)

・ケーキ屋さんを出ると、ロブションから続く階段が目の前にあり、ベンチが空いていたので、2人はしばし腰をかけて日向ぼっこ(ポイントその4)

・と、そこへ、TVカメラが2台やってきた。母はやたら視力がいい。さらに、結構芸能人系ネタに強く、階段の上の方に小さく「ミヤネ屋」がいるのに気がついた。(ポイントその5)ちなみに私はミヤネ屋なんて知らない。アナウンサーのニックネームらしいのだが。

・続いて、「カメラでの写真撮影おことわり」なるプラカードを持った人がいたので、「これは誰か来るな」と察知したらしく、母は超興味津津(ミーハーな母にして、このミーハーな娘、、、である。)

・じゃーん、キムタク登場。そばにいた女性は、視力が悪く、「誰だかわかない」などと言っていたそうだが、母はすぐわかったという。

・連休中のガーデンプレイス。なのに、余りに普通に登場したせいか、気づく人はさほどいなかったそうだ。キムタク、階段を下りて母たちのいるほうにやってきた。気づいた人が取り囲み、握手会となり、母も便乗。が、大騒ぎになると思いきや、ごく一部の切り取られた場面でのみの盛り上がりだったらしく、「せいぜい2~30人が群がっただけで帰って行った」そうだ。


そして母の結論:
「キムタクって、さすがに体を鍛えているみたい。やたらがっちりしていたわ。手も肉厚だったし」

華奢なのかと思った。実物を見た人だけが言えるコメントだ。


ちなみにこれは昨日の1時すぎらしく、私がガーデンプレイスに行ったのは、その2時間後だった。
山種に行ったのは2日前だし、惜しいんだけど、どことなく私は上記のポイントすべてをはずしている。キムタクに会えなかったゆえんである。
2010.05.03 Mon | Private| 0 track backs,
都内のつつじ私のNo.1 / 今日は近代美術館が無料鑑賞美 / キ●タク、恵比寿ガーデンプレイスに現る 
夕方帰宅したら、母親からPCにメールが入っていた。

恵比寿ガーデンプレイスにSMAPの木●拓哉がきていて、握手をしました。肉厚の手でした。


うわ、残念。私も恵比寿ガーデンプレイスに行っていたというのに。さきほど丁度帰ってきたばかり。時間が微妙にズレたのだろうけど、惜しい・・・

ガーデンプレイスではサヴィニャンの展示を見て、母の日のプレゼントを購入したのだった。

---

今日は朝9時から皇居東御苑につつじ鑑賞に。
やはりここのつつじは絶品だ。
手入れの良さでは群を抜いている。

P1790875.jpg

つつじの絨毯!

P1790896.jpg

P1790897.jpg

P1790902.jpg

皇居に行ったら必ずペアで行くことにしているのが、竹橋の国立近代美術館。
今日は第1日曜なので、無料鑑賞日。

2月末まで年間会員で無料だったけど、会員期間が失効。
実は次の会員券も買ってあるので、そのうち使おうと思っているのだが、(使い始めから1年目の月末まで有効)暫く間をあけてからにするつもり。

ちなみに1年間有効の会員券はたったの1000円。さすが国立。

11時に第一日曜日恒例の美術館ガイドツアーがありジョイン。
その後電車に乗ってランチをたべるために、なんと向かった先は自分の勤め先。
会社の商業棟のレストラン街がテラスになっていて、今日はテラスで食事の気分だったのだ。

本日ツーレは出張疲れで家でお休み。
時差のほとんどない国で、見本市に行っただけなのだが
食事以外、24時間ぶっつづけで寝るという神技をやってのけた。

北米出張で、移動のたびに時差があり、会議攻めで、日曜夕方帰国し翌日から5日間働いた私よりもヤワだ。

ということで、今日は彼を1日見限って、気ままに太陽と戯れた。


さて、以下は近代美術館の佐伯祐三の絵。
昨日のエントリーで触れた「ガス灯と広告」の絵だ。
今日はカメラ使用許可をもらい、この絵と、もう一枚写してきた。

P1790924.jpg

ランチを終えて、テラスで美術書を読んだりしてのんびりしてから、恵比寿ガーデンプレイスに行き、、、、そしてキムタクをニアミスで逃した、、、がしかし、サンペの即売会で、自転車の素敵な絵と出会った

帰宅してチェックしたら、この絵は「とんだタビュラン」という絵本の表紙だったようだ。
さらに、レースの細かい絵もフランスっぽくて目を引いた。


とんだタビュランとんだタビュラン
(1997/07)
ジャン・ジャック サンペ

商品詳細を見る
関連記事
2010.05.02 Sun | 国内探索| 0 track backs,
佐伯祐三のアトリエが公開に
30歳の若さで亡くなった画家・佐伯祐三のアトリエが2010年4月28日から一般無料公開となった、と教えてもらい、さっそく行ってきた。

若くしてこの世を去っているため、寡作だけれど、パリの街頭を描いた「ガス灯と広告」という洒脱な一枚は、竹橋の近代美術館・常設展によくお目見えしている。

黒い線で輪郭をとった、とがった筆さばきが、パリの路地裏の猥雑な雰囲気にマッチしている。

ただ、そのほかの絵は余り知らない。傾いでいてどことなく不安感をあおるモランの寺の絵を以前、やはり近代美術館で見たことがあるぐらい。

フランスではブラマンクとも親交を結んだという佐伯。
言われてみれば、ブラマンクの黒と佐伯の黒に近いものを感じる。

アトリエの場所は中落合。
このあたりは、文人が数多く住んだ場所だという。

「エロシェンコ氏の像」で知られる中村彝(なかむら つね)もしかり。
林芙美子しかり。

外観
P1790793.jpg


下落合周辺を描いた場所なども残していて、写真で見ることができた。
描かれているむきだしの土に、昭和の初期を感じる。

アトリエ内ではビデオを上映しており、家族とともに2度フランスに渡ったあと、病気に体を蝕まれ、心身ともに病んでいった様子が語られる。

P1790783.jpg

私は目白から歩いたけれど、最寄駅は西武新宿線下落合駅のようだ。

P1790775.jpg

アトリエに行く途中、美術書を扱う古本屋には、佐伯の展覧会のポスターが貼ってあった。
アトリエ公開に合わせた展覧会だ。

P1790753.jpg

アトリエの場所:
東京都新宿区中落合2-4-21

アトリエに関する情報サイト


アトリエはビデオ上映も合わせて20分ほどで見て回れる。
その後、歩いて池袋へ。
海外出張から朝帰宅したツーレが携帯電話のことで購入した店に行きたいといい、同行。

用事はあっさりと済み、池袋でお茶しよう、ということになったのだが、連休で半端でなく大混雑。
それならば、ちょいとはずれた場所へ行こう、ということで、サンシャイン脇のVeloceに向かう。

やっぱりここなら空いていた。
シャノワールの姉妹店Veloceはお安いわりに、ベーシックな点はきちんと押さえていて、私のVeloce頻度、結構高いかも。


次に向かったのは佐伯祐三展覧会をやっている新宿歴史博物館ではなくて、山種美術館。
今、奥村土牛展をやっている。
今月23日で終了なので、月中以降は混雑しそう、ということで、この機に訪問した。

以前本美術館が九段下にあったとき、桜特集の展覧会をやっていて、そのときに奥村土牛の「醍醐」という したたるようなしだれ桜の絵を目にした。
これが余りにインパクトがあって、今日もその絵と対面するのを楽しみにしていた。

奥の中央に飾られたその絵の前に立つと、桜の木の下にいるかのよう。
生命力あふれる画面から元気がもらえそう。

そのほかケシの花、あやめの花の絵がまた見事。


ちなみに土牛は101歳まで生きたという。
佐伯と土牛、フランスに心酔した洋画家と日本画の画家、早世と長生き、風景画と動植物系の絵、、今日はまことに対象的な画家2人の足跡をたどった。
2010.05.01 Sat | 国内探索| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill