FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
移設問題 + NIMBY / 菊田潤一さん / 海外の漢字ブーム
* 基地移設問題

以前触れたことがあるけれど、NIMBYという言葉がある。
Not In My Back Yard.
これは海外で例えば廃棄物施設や原子力施設などを建設する際、「うちの裏庭だけはやめてくれ」という表現のこと。

つまり、地元には建設しないでくれ、ほかの場所に・・・という住民心理をついている。

イギリスで90年代後半、楽勝と思われていたとある廃棄関連の施設建設が、公聴会の反対意見により見直されることになった。廃棄物処理先にありきでその産業を推し進めていた政府の思惑は完全にはずれ、国政は一から再検討されることに。

そして、住民側の意見が全面的に通り、計画は反故にされた。廃棄物施設建設のためにつくった新会社は大幅縮小。多くの人が職を失った。

この結末は、それより何十年か遡った成田空港建設の際の闘争と比較された。類似の例として。
成田の方は建設にこぎつけたものの、ネゴの仕方としては成功例とはいえないとされている。

英国の例にしても、成田にしても、きちんと政府が根回しをしなかったことにより、計画がとん挫したり、闘争・流血という悲劇を生みだしたり。

地元には欲しくないけれど必要悪、という施設の建設に際しては、えてしてこういう問題が起こる。
NIMBY。

この手の計画はそんなに軽んじて決定されるべきものではないし、相当覚悟してのぞむべき問題。米軍基地移設の件に関しては、すでに徳之島への対応で、政府はミスしている。

過去の日本の、海外の失敗例が生かされていない、そう思えて仕方ない。


*菊田潤一さん

たまにGoogleの検索で「菊池潤一」と入れて、私のDiaryに漂着する人がいる。
07年のエントリーに、菊田さんのエピソードを入れたせい。

(本人がスペインチーム所属時代、TTを走ったところ、後ろの伴走車から“ベンガ・ベンガ”という代わりに、“君は美しい”と激励(?)されてしまった例のエピソード)

そのせいなのかどうか不明だけど、菊田さんについて聞かれることがある。
残念ながら個人的な知り合いでもないので、知っていることは少ない。

現在シマノの社員でいらして、Jスポーツの解説陣の一角をなし、かつてスペインチームで数年走られていたことがあるということは知っている。


また、クラシカ・サンセバスティアンに出場されたことがあるというのは、昔のリザルトで知った。(1996年)



96年アルティアチ在籍時のチームメンバー表はこちら


現レイディオ・シャック在籍のチェチュ・ルビエラは、このチームで菊田さんと同僚だったと言っていた。確かに2人の名前がある。ほかにもフェスティナにいた、ガルシア・カサスの名前も。

さらにダニエル・クラベロの名前を見つけたときは、ああそうなのか、と思った。

元メルカトーネに在籍したクラベロの女兄弟マリア・イサベルは、90年代、交通事故でこの世を去った。
それを追悼するために、メモリアル・イサベル・クラベロというレースが開催されていた。(まだ継続しているかどうかは未確認)チェチュはこのレースに思い入れがあったようで、メモリアル・イサベル・クラベロには是が非でも出場する、などと以前話していた。

なるほど、ダニエルと同じチームだったよしみゆえのことなのだろう。


さて菊池さん、その後のチームDeportpublicでは、クラウス・メラー(元アレッシオでポルトガルノミラネザに在籍していたこともある)ともチームメイトだったようだ。

97年の菊田さんのリザルトは、CNにも掲載されている。
http://autobus.cyclingnews.com/results/archives/jun97/jun19.html




* 海外の漢字ブーム

昨日、LBLレースの写真を整理していて見つけた。
ベルギーにて。

P1260821.jpg
2010.04.26 Mon | Society| 0 track backs,
損得勘定とハナミズキHunting
■ 損得勘定 

先日ある店でスカートを買おうと思い、ふと思いとどまった。
もし渋谷の某デパートで買えば、会員証で10%引きになる。
ということで、電車でそのまま渋谷へ迂回。
事前に電話で同じスカートがあるか尋ねたけど、品番がわからないと、答えようがないという。
似たようなスカートがあるらしい。それでも、似たようなスカートがあればいいか、とデパートへ向かった。

30分以上かけて到着。買おうとしていたスカートはちゃんとあった。
が、別の型を勧められ、結局そちらを買うことに。

ふと思った。果たしてこれって得だったのだろうか?

買ったスカートは、初めに買うつもりだったものより1000円高い。
前の店でそのまま買っていれば1000円安いので済んだわけだし、スカートは2万円弱なので、割引率は2000円弱。
結局純粋に得したのは1000円弱ということになる。

それで交通費と往復で1時間以上かけて足を伸ばしたわけだから、まあなんだか得したのかしなかったのか、よくわからない。


そういえば、以前、友人のご主人との会話でこんなのがあった。

ご主人:「アメリカ出張で5万円のバッグ買っちゃった。日本だと7万円以上なんだよ。
でもさ、買ったら2万円の得、買わなければ5万円の特。どっちもどっちだよね」


確かに、損得勘定は、一筋縄ではいかないもの。
まあいい、こういうのは気の持ちようってことで、今回は得したラッキー、と思うことにする。



 ハナミズキハンティング ■

ハナミズキが見頃ということで、都内に名所はないのかしら、と調べてみたら、目黒権之助坂から斜め方向に山の手通りに向かう柳通りが別名ハナミズキ並木というと知り、行ってみる。

が、わざわざ行くほどのことはない感じ。
山の手通り側に、確かにハナミズキが植えられているものの、すべて白ばかり。

これなら広尾~有栖川公園のほうがいい。ピンクのハナミズキをちょこちょこ見かけたから(写真)

P1780670.jpg

こちらは有栖川公園。
P1780783.jpg

P1780892.jpg


そしてこれが例のハナミズキ並木。周辺は普通の商店。まあ普通の並木道である。

P1780926.jpg

広尾のあとは六本木にまわり、国立新美術館のつつじ。

P1780836.jpg

ちなみにハナミズキ鑑賞の前に腹ごしらえ。
目黒に行くついでに恵比寿で下車。またもや「ビストロシロ」へ。
1500円のいつものコース。まずはサラダとパン。

P1780619.jpg

グリンピースのスープ。

P1780616.jpg

メイン、私はホタテガイのスパゲティ。ソースがなんともいえず品のある味。

P1780625.jpg

ツーレはアクアパッツァ風のスズキ。

P1780635.jpg

デザートとコーヒー。水の代わりにカモミールのハーブティ。充実感ありのランチセット。
昨日のガレリアビアンキさんといい、シロといい、やっぱり我が家はイタリアン~南欧料理が好きみたい。

P1780653.jpg
2010.04.26 Mon | Gourmet| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill