FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
年齢境界線と神宮クリテ写真の続き
■ 世知辛い世の中

今日は午前客先、午後出張で1日外出。明日も朝一番で客先はしご。
2日ほど社に戻らないため、すべての資料をもって移動。

でも一か所、持っていくべき資料に苦慮中。
以前だったら、この手の資料で十分納得してもらえたのに、昨今では、もっとエビデンスがないとダメと言われている。

長いつきあいなのに、契約課の人はどんどん新しくなるから、きわめてドライ。
以前の方が温情があったかな。
これも、やはり事業仕訳の影響だろうか。やたらと厳しく、もう手持ち材料が底をつきそう。



■ 境界線

会社で、ズボンの幅が狭くなる、あるいは広くなる年齢境界線が気になっている話を書いた。


ズボンの幅の件、その通りですね。
最近の若い人のスーツは、上も下も、まるでデビュー直後のビートルズの様な細さです(何だか動きにくそう)。

でも、細いぶん体へのフィットの良し悪しは目立ちやすい様な気がします。

ジャケットの前やズボンの腰まわりに横シワが入っていたり、妙に肩まわりが突っ張っていたりする人、多いですね。

おそらく「吊るし」でしょうから止むを得ないか。

その点、毎年サイクルモードで見る(恐らくピナレロの誰かだと思うんですが)イタリア人のスーツは凄いですね。
体にピッタリしていながらどこにもシワが無い。いったい何回仮縫いしたんだか。

それと、最近の若い人のスーツの着方で気になるのは、

ワイシャツの一番上のボタンを外したままネクタイを緩~く締めて、そのままの人と、
3つでも2つでも、ジャケットのボタンを全部とめちゃってる人、が結構多い事。

まあ、こんな事を言う僕は会社員ながらスーツとは無縁の生活なので、偉そうな事は言えないのですが。

(SSさんから)




P1660402.jpg
P1660403.jpg
P1660667.jpg
P1660672.jpg
P1660558.jpg
P1660307.jpg
P1660310.jpg
2010.02.24 Wed | Society| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill