FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
写真美術館:木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン - 東洋と西洋のまなざし
■ セバスティアン・サルガドの写真集

先日まで写真美術館で行われていたサルガドの写真展の写真集を、写美内の図書館で見てきた。

「写真集が小型版で、買うのを辞めました」というメールをもらっていたので、好奇心で見てみたのだけど、本当に小型だった。20cmx20cmぐらいの版で、1ページに大体2枚画収められていて、横幅はわずか5cmぐらい。

サイズの違いで、迫力がずいぶんそがれてしまっていたのが残念。

ちなみに今日は3Fの展示室で公開中の「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン - 東洋と西洋のまなざし」を見に行った。


写美所蔵の写真が多いせいもあり、見たことのある写真が多かったけれど、そんな中、今回はポートレートが目を引いた。

例えば、木村が撮った川合玉堂。
すばらしい環境で、静かな心で絵を描いていた様子がうかがわれる。
横山大観の個性的な表情、上村松園の集中力。

あるいは、ブレッソンのキュリー夫人。やたら神経質っぽい。
個性的な絵に反比例するかのように至って普通の風貌だったのがすごいギャップだなー、と思ったルオー。
笑ったのがジャコメッティ。絵とおんなじ風貌なものだから。
以前見た映画の「ココ・シャネル」を演じたオードレイ・トトゥとはちょっと違う、本物のココ・シャネルは、眉の太い意志の強そうな顔をしている。
あとは、ピエール=オーギュスト・ルノワール の息子で映画監督のジャンのおおらかそうな顔、とか。

木村とブレッソン、お互いがお互いを写した写真もすごくいい。
2009.12.28 Mon | Art| 0 track backs,
ブラックベリーでメールを送る際アドレス帳のメールアドレスを呼び出すには * スプリンターの時速 etc
■ 西岡文彦先生をめぐる再度の偶然

先日ロードレースファンの仲間とお酒を飲みながら、やがて自転車とは全く関係なく美術関連の話題に。
私+そばにいた3人が、それぞれなんだかんだと好きな絵とかを口にする中、うち2人が多摩美大教授の西岡文彦先生の版画がいいと言いだした。

ちょっと待って、その名前、聞いたことある。はて、どこだっけ?
Yahoo検索で「西岡文彦」+「Mas.ciclismo」とインプットして、謎が解けた。
今年5月31日のDiaryで触れていたのだった。

この写真とともに。


今年5月、イタリア行きの飛行機の中で見つけた記事。

たまたま機内で選んだ新聞は「日経夕刊」。広げた途端、目が釘付けに。
丁度イタリア滞在中訪れる予定だったパドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂のことが書かれていた。
この礼拝堂はジョットのフレスコ画が有名なのだが、その一枚、「ユダの接吻」が取りあげられていた。

その数日後、遂に実物と対面。記事の端的な論評を思い出しつつ、感慨深く眺めたのだった。

これがスクロヴェーニ礼拝堂。
P1570245.jpg

周囲は緑あふれる公園になっている。
P1570241.jpg


■ 休日の仕事

夕方、お客さんに電話とメールをして、休日のミッション終了。
ブラックベリーでメールを送る際、アドレスの一部を打ちこむと、該当する社員リストが出てくるように設定されている。
けれど社外のお客さんに打つとき、アドレスの一部を入れてもアドレス帳からの呼び出しがない。

変だなーと思いつつ、手打ちをしていたのだが、やっと解決策がわかった。
メルアドをインプットしてもだめなのだ。
登録名(私の場合、お客さんの名前を漢字で入れている)を入れないと呼び出してくれないのだ。

ひとたびわかればなーんだ、ということになるけど、漢字でインプットしないと出てこないというのは予想外だった。
携帯電話からブラックベリーに移行したのは最近のこと。まだ使いこなしていない。でも、PDFの添付ファイルもちゃんと読めるし、仕事のメールをやりとりするには、格段に便利。

2009.12.28 Mon | Art| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill