FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
ツール・ド・フランスをめぐる名文句
「ツール・ド・フランス」(”フランス”と”ススフランス”=SOUFFRANCE=”苦痛”の掛け言葉)や、「ロードの徒刑囚」などという言葉を生みだしたアルベール・ロンドルの話を先日のエントリーで書いた。

そのほかにも、ツールをめぐっては、こんな名文句を生みだした人がいる。

「プロトン(レースを走る集団)の中には、ヒッチコックがいる」

この言葉を発した人物の名は、ピエール・シャニー。

スポーツ紙『レキップ』のロードレース担当記者としてツールの取材を実に49年間もの長きにわたって行った人だ。

ツール50回目のツール取材を記念して、彼と作家クリストフ・ペノとの対談をもとに書かれた『ピエール・シャニー:ツール・ド・フランス50回の男』という本が出る予定だった。

ところがツール開始わずか11日前に病に倒れ、帰らぬ人となる。
49回の男としてこの世を去ってしまったが、すでに出版の手はずは整っていた。

敬意を表し、当初予定どおり『ピエール・シャニー:ツール・ド・フランス50回の男』の書名で世に出ることになったのだった。
2009.11.30 Mon | Cyclde Road Race| 0 track backs,
「ジャパンカップ」に反応する
先週末錦糸町でランチ。
隣の席のおじさんたちが、しきりに「ジャパンカップ」と言っていて、思わずピクンと反応する。
が、しかし、競馬のことだった。

ある友人の場合はちょっと違う。

おじさんのスポーツ新聞に「Jカップ」の文字。
Hビデオだった・・・


我々にとってジャパンカップといえば、サイクルロードレースの名称なのだった。
2009.11.30 Mon | Private| 1 track backs,
速水御舟のイタリア
先日触れた山種美術館での速水御舟の展覧会で、さらに驚いたのがこれ。
画家がめぼしい訪問先としてマークした場所の自筆メモ。

アッシジの聖フランチェスコ教会、パドヴァのジオットのフレスコ画なども、是非行きたい場所としてメモされていた。

P1730632_20091130081008.jpg

「Assisi 
San Francesco寺ニ於ケル諸壁画、特ニ、Cimabue作ノモノ」。

チマブーエの有名な一枚も彼はチェック済みだった。

P1730632-2_20091130081019.jpg

この話、後日もう少し触れたい。
2009.11.30 Mon | Art| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill