FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
週刊朝日とアサヒグラフの古い歴史
今日読み終わった「パリの日本人」(鹿島茂著・新潮選書)。

新潮選書 パリの日本人新潮選書 パリの日本人
(2009/10/24)
鹿島 茂

商品詳細を見る


この本の中に、1925年発行の「アサヒグラフ」に維新の頃の日本を映した写真が満載だった、というくだりが出てくる。

1925年!大正14年にアサヒグラフは存在していたのだ。
調べてみると、1923年11月24日の創刊号は、「関東大震災復興記念号」と銘打っている。
休刊の2000年10月13日まで、75年間写真で日本の変遷を綴っていったことになる。

創刊号から昭和14年までのアサヒグラフの表紙がすべて見られるサイトもあった。
http://hamajam.hp.infoseek.co.jp/asa_g.htm

拡大写真も見ることができ、こちらは大正14年の表紙一覧:http://hamajam.hp.infoseek.co.jp/htm_8/asa_0101.htm
当時としては、なかなか洗練されている。


さらにおとといは、速水御舟の展覧会(山種美術館)で、昭和9年=1933年の週間朝日を見つけた。画室巡礼と題して、速水御舟ほか、画家の活動風景が写し出されている。

今ならさしづめ、アトリエ拝見、みたいな題がつきそうな、斬新な企画。

P1730636_20091123224400.jpg

週刊朝日も歴史は古そうだ。調べてみると、こちらはアサヒグラフよりも1年早い1922年創刊。

どちらも、なかなか野心的にスタートした気骨あふれる雑誌だったようだ。

高杉晋作がアサヒグラフに出ていた、そんな時代があったなんて。昨日の話に相通じるけれど、歴史上の人物が身近な雑誌に出ていた事実がちょっと信じられない。
2009.11.23 Mon | Books| 0 track backs,
命日に
友人のサイクリストBMさんが急逝して1年が経った。
休日出勤を余儀なくされたツーレとは1日別行動。

気持ちの朝だった。乃木坂からぶらぶら歩いて墓地まで。

神宮のイチョウが色づき始めていた。

P1730651.jpg

お墓では、ドリンクボトルに水を一杯入れてお供え。
手を合わせたら、平常心のはずだったのに涙が出てきた。

帰り際、ブリヂストンの自転車アートエギジビションがウィンドー越しに見えた。
こんなところにこんなギャラリーがあったとは知らなかった。
BMさんのお墓のすぐそば。本当に自転車が好きなんだね。

P1730658.jpg

レクサスのショーウィンドウに飾られていたクリスタルの模型が太陽の光を浴びていた。

P1730655.jpg

歩いて某百貨店へ移動。
ジムの友達から、衣料品にのみ使用できる割引券をもらった。期限が迫っているから、なにか買おうかな、と。
でも好みのものは見つからず。

諦めて、自宅から電車で1時間ほどのところにあるスポーツジムへ移動。
好きなインストラクターが今日はそちらのジムでクラスをもっている。

行きがけに実家に寄ってランチを食べさせてもらう。
顔見せの親孝行も兼ねて。

お気に入りのインストラクターさんのパワーヨガに今ハマっているのだが、今日は祝日で特別時間割ということで、マニアック系のエアロビのクラスだった。
初めて出るクラス。緊張する。難しいのがわかっているだけに。

4つのブロックをやって、最後に3つを続けて行うタイプのエアロ。
組み立てがどんどん進んでいく。周囲はみんな常連ばかり。
かなり必死。
大崩れはしなかったけど、ついていくのがやっと。

でも、こういう段階を経ないと上のクラスにはチャレンジできない。

ジムの後、銀座にある某デパートへ直行し、リベンジの買い物をしようと思ったが、実家で渡されたお持たせに保冷剤がいっぱい入っていたせいで、手荷物が重くていったん帰宅。

家に帰ったら、なんだか銀座の気分ではなくなってしまった。
そうなのだ、そんなことより、トイレ掃除の方がプライオリティーが高いと気付いてしまったのだ。
2009.11.23 Mon | Private| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill