FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
フランス語版Wikipediaはなぜ情報量が少ないのか?
以前、Wikipediaの解説を見ていて、ふと思ったことを書いた。
つまり、同じ単語の説明文でも、英語の説明文はかなり親切なのに対し、フランス語って多くの場合、解説があっさりしていて、情報量がすくない、と。

このたび同じことを感じていて人がいることを知り、我が意を得たり!

その理由は、下記に書かれているとおり、ネット生活より実生活をとるから、というほかにも、ネットの前にミニテルが半端に広まってしまい、ネットに関してちょっと出遅れたから、とかいう事情もあるのかも?


今日はwikipediaの記事を読ませていただいて、ちょっとメールしたくなり書いております。


私は今年の夏のツールをあるきっかけで観始め、気づけばロードレースにどっぷりハマってしまった者です。
そのきっかけですが、実は数年前からフランス語を勉強しています。
勉強しているとフランスの地名も色々出てくるので、フランスの地理にも詳しくなりたいと思っていました。

ツールの存在は以前から知っていたので、これを観たら地理に詳しくなれるかも…という軽い気持ちで観始めたのがきっかけです。
気づけば3日目くらいから、レース自体にハマってしまい、いつの間にか熱中。
地理に詳しくなったかは全く自信がありませんが、自転車には詳しくなりました(苦笑、山の名前は不要に覚えましたが)。

以後、趣味と勉強を兼ねて、なるべくフランスのサイトで情報収集をしているのですが、いつも思っていました、仏サイトって情報が少ない…と。
フランス人が活躍していない(ということもないんですけど)せいもあるかもしれませんが、網羅性がないというか、データもあまり充実していないと感じます。

(ただし私が知らないだけでフランスにももっと詳しいサイトがあるのかもしれないとは思います。
主にL'equipeとかそういうニュース系サイトしか見ていないので)

比べて英語圏にはCyclingNewsがあり、あのサイトを見ればかなりの情報が硬軟とりまぜ網羅できている気がしています。
データ面もはるかに充実していると感じます。
(本当はフランス語で読みたいのですが、仕方なく英語で情報収集…)
これは国民性の差なのかな、と常日頃感じていました。


それと、私はもともと映画好きで、映画サイトでも昔から同じことを感じていました。
仏の映画サイトでは情報漏れ、間違いもあり、記述もあっさりめ。
ものによっては詳しいものもありますが、基本気まぐれ。

しかし米国にはIMDbという(おそらく)世界最強の映画情報サイトがあり、その充実ぶり、マニアックぶりは他の追随を許さない気がします。
(さすがに英語圏以外の作品には弱いですが、それでも最低限は押さえています)

ここから先は私の個人的推測ですが、フランス人は食べたり飲んだり愛を語らったり、といった実人生に喜びを見出している人たちなので、ネットにかける情熱が低いのではないかと。

想像ですが、イタリアやスペインといったラテン3兄弟も似た感じなのではないかと(イタリア&スペインサイトはあまり覗いたことがないのでまったくの推測です)。
対してアングロサクソン系はデータ収集的なものに情熱を感じる民族性なのではないかと何となく思っています。

…以上、勝手な憶測で、全く的外れかもしれませんが、今日のwiki記事、普段から私が感じていたことを書かれていたので、反応してしまいました。

(From KZさん)

2009.11.14 Sat | Language| 0 track backs,
自由が丘 Bistro L'Escalier  と Rigolo Bistro a vin
以前オテルド・ミクニのまかない食が雑誌に出ていて、作ってみたことがある。
鶏肉、じゃがいも、などあり合わせの野菜にバルサミコソースをかけて卵とじにしたような料理だった。
つまり親子丼のバルサミコ・野菜たっぷり版。

以前書いた沢木耕太郎さんのレシピ (鶏肉とポテトのハーブ蒸し焼き)といい、鶏肉って、使い勝手がいい。
さて、少し前に届いたEmailから。

先日はおいしそうな若鶏一羽をみて、やっぱり今年も七面鳥を焼くことに決めました。
例年11月後半の土曜日にThanksgivingと称して、友達を招いています。

その前は沢木耕太郎さんのポテト&チキンを作って大喜び。簡単ですごくおいしかったです。


お礼に、最近お気に入りのレストランを2件紹介しますね。いずれも自由が丘です。


Bistro L'Escalier  http://www.bistrot-lescalier.com/

フランス家庭料理。全16席の小さなレストランです。ディナーはコースが3800円から。
ボリュームがかなりあるので、このコースで大食いでない人はこれで十分。
とにかく何を食べてもおいしいです。
飲み物もグラスワインが一杯700円程度で良心的。店内の装飾はシンプルですが、とてもフランス的。
ウィークデイは夜でもかなりすいていますが、週末は満席なこともあるので、ぜひ予約を。


Rigolo Bistro a vin http://www.rigolo.jp/

こちらは旬の食材を使ったnouvelle cuisine的フランス料理。
以前広尾にあったCepagesにいたマネジャーとソムリエが今年4月にオープンした全10席のカジュアルなレストランです。
こちらもシェフの腕が確かで、何を食べてもおいしいです。飲み物もいれたら一人10000円くらいになってしまうのですが、おいしいです。
10人くらいで貸切にしても楽しそうです。こちらの営業は夜だけなので、予約要です。

これから年末にかけて集まる機会があったら、ぜひお試しあれ。

(from Madamme Hさん)

2009.11.14 Sat | Gourmet| 0 track backs,
抹茶アイス
子供の頃の味覚の記憶は侮れない。

味を通じてそのときの状況とかが蘇る。

父親が当時ハマっていたカマンベールに小学生で挑戦し、なんとも苦くて大人はこういうものを食べるのか、と辟易した記憶だとか、

北海道旭川で初めて食べた緑色のトウモロコシは、視覚的にちょっと苦手だったのか、あるいは純粋に癖のあるあの味が気に入らなかったのか、ともかく顔をしかめながら食べたのを覚えている。

オバマ大統領は、子供のころ日本で食べた抹茶アイスのことを覚えていた。

「マッチャアイス」という日本語は側近に最近確認して覚えたのか、それとも、幼少のときからずっと忘れずに身につけていた単語だったのか?
2009.11.14 Sat | Gourmet| 0 track backs,
ラ・ガレリア・ビアンキ  La galleria Bianchi  (自由が丘)に再びGo
1週間で2度も足を運んだ。
自由が丘のイタリアン、ラ・ガレリア・ビアンキ。
金曜日ということもあり、店内満席。

前回は店内の雑誌をあさったけれど、今回は、陳列品に注目。

おや、イタリアの自転車レース ジロ・ディタリアの覇者ダニロ・ディルーカのサイン入りジャージ?!

・・・と思いきや、マッサーの中野さん(店主とお友達)が、ペンでサラサラっと、なんちゃってディルーカサインをほどこしたものだそうだ!!

「ラ・ガレリア・ビアンキさんへ」などという文字まで入れる念の入れよう。

P1730550.jpg

こちらのプロツールリーダージャージは、日本で購入したものながら、人に頼んで現地でディルーカ本人のサインをゲットした、という話。

P1730549.jpg

で、この日は、M統括部長とA女史の3人で、慰労会。
お皿の上で自転車がアートになっている。スゴイ・・・

P1730541.jpg

その後超しっとりの絶妙抹茶ケーキを各自に切り分けてくれて、ティラミスを添え、さらにmas ciclismoとネームを入れてサーブして頂く。

P1730545.jpg

本日のお任せメニューは、まずコラーゲンたっぷり豚耳のサラダ!

P1730533.jpg

ソースのだしが見事なエビのガーリック炒め。

P1730535.jpg

これに目がないA女史を喜ばせた臭みのないトリッパ。

P1730537.jpg

こちらは目からウロコのレモンと生ハムのフィットチーネ。レモンのなんともいえない上品な風味が口いっぱいに広がって、こんなさわやかなパスタ、食べたことないかも。

P1730539.jpg

ル・クルーゼの鍋ごと出して頂いた最後の大物チョリソー、カモ肉、豚のスペアリブの白いんげん・トマト・ベーコン煮込みは写真を忘れた!!すぐに食らいついてしまいました。

その後上掲のデザートに突入。

ラ・ガレリア・ビアンキ前回エントリーは下記:
http://tourdefrance.blog62.fc2.com/blog-entry-970.html
2009.11.14 Sat | Gourmet| 0 track backs,
バターやクロワッサンにうるさい人々 : エシレのバターよりカルピスバター
先日、60円ほどの普通のクロワッサンをエシレのバターを上塗りすることで、高級クロワッサンに変身させるという実験?をやったけれど、そのエントリーに関し、いくつかコメントがあった。

みんなそれぞれ食べ物に関して拘りがあるようだ。

ところで、エシレの「ガトー・エシレ・ナチュール」をトライせよ、という命題を授かったのだけど、この写真を見ると(バターの断面がすごくて)、ちょっと引けてしまう。。。


クロワッサンとエシレバターが話題になっていましたが、 昨日テレビをつけたら王様のブランチで、メゾンカイザーの 人気パン、ベスト10を紹介していました。

フィガロ紙でナンバーワンに選ばれたクロワッサンが、やはり一番人気でした。
なんでも風味が落ちないよう、最高級バターを1度も冷凍しないで使用しているんだそうです。

ふ~んと見ていたのですが、私メゾンカイザーのクロワッサンあまり好みではないのです。

そこへいくと、すこぶる美味しいというわけではないですが、普段食べるのにちょうどいいと贔屓にしているのが、カフェクロワッサンの1つ150円のクロワッサンです。
軽さと生地のひきが気に入ってます。


バターですがエシレはかなりお上品ですね。しかしお値段はお高い!
お手軽に使うには抵抗をおぼえます(~_~;)
お料理には450g、1400円位のカルピスバターを使用しています。
バター不足の頃は一時見かけなかったですが、スーパーで容易に手に入るのも
使い勝手の良いところです。


エシレ・メゾン デュ ブールのクロワッサン、未だ購入数の制限があるようで、 食べられる日はいつのことか…。バタークリームケーキも気になります。
きっと近いうちにNacoさんの食しましたレポートが、アップされることでしょう。かなり楽しみにしていま~す!

(From mogさん)





エシレバターがたっぷり使われたバターケーキ「ガトー・エシレ・ナチュール」が売れ筋と説明されたそうです。 つい、クロワッサンに走りがちですが、一度試してみたいものですよね~。バターケーキってあまりホントは好きじゃないんですが、エシレなら美味しいかな?

私は10年前にモナコにあるレストラン「ルイ・キャーンズ(Louis XV)」にて食事をした際、エシレを食べる機会にめぐまれ、その時以来のエシレ好きなのですが、一度Demi-selとDouxの食べ比べをしたことがあるんです。

というのも先述の友人が一昨年の私の誕生日に両方プレゼントしてくれたんです。
Demi-selの方が日本人には向くのかな?と思いますが、Douxの方がちょっぴり風味がある気がしました。 気のせい?

ところで話しは飛びますが、丸の内ブリックスクエアといえば、カカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)も入っているんですよね。

今年の夏、バルセロナに行った際、ここで「お茶(?)」をして、3種のチョコレートドリンクを飲み比べ。 すっかり気に入った私は、お土産にもしこたま(←古い)板チョコなんぞを購入して帰ってきました。 
また行きたいな、と思っていた矢先の出店。今度出掛けてみたいもんです。

(From Iさん)




クロワッサンはもともとバターを織り込んで作るので、後でバターしませるのは難しいかもしれないですね><

ちなみに我が家ではエシレよりこちらの方が人気です→ カルピスバター

クロワッサンを凌駕する量のバターをトーストに塗って食べてます。

ワインもバターもチーズも、フランスで食べた方が美味しく感じるのはどうしてなんでしょう???

(From naranjaさん)

2009.11.14 Sat | Gourmet| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill