FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
アポなし企画 舞台裏4 フォイクトのベスト・ルームメイト
今回のJスポーツさんの企画では、たきもとさんが多めの質問を用意して、最初に話を聞いたイェンス・フォイクトに、ほとんど全部の質問を試してみた。

その回答の様子から、質問を半分ほど削って次以降の選手には絞った内容で問いをぶつけたので、、フォイクトへのクエスチョンが一番多くなっている。

==> フォイクトのJスポーツレポートの中で、一番シリアスな人は?と聞かれ、リースを躊躇なく指し示しているフォイクトの写真が笑える。


自分はチーム内で一番イケメンだ、に○かXを上げる質問で、NOを出したフォイクト。
じゃあ、誰が一番かっこいい?の問いには -

真っ先にマッティ・ブレシェルとの回答。
アンディ・シュレックではなかった。
続いて、「あ、それから(フアン・ホセ)アエド」。
濃い顔のアルゼンチン人だ。

彼が選んだのは、柔らかめのハンサムではなく、かたい男儀のある人ばかり。

一番騒がしい人は?の問いにはファビアン・カンチェッラーラと即答。
ラーションも同様の答えだったから、これは満場一致の意見(?)と見ていいだろう。

ちなみに、フォイクトが分析するに、「ファビアンはスイス人だけどイタリア人の血が混じっていて、彼のイタリアの血が、ここまで彼をうるさくさせるんだ」と。

気の合うルームメイトはフランク・シュレック。
理由は、「彼はドイツ語も話せるし、気が置けない」。

写真は、チーム監督になった場合、どのスプリンターを選ぶか、考えているところ。
彼のチョイスは、元クレディアグリコルの同僚で、結婚式でベストマンを務めてもらったというトール・フスホフトだった。

P1710500.jpg
2009.10.29 Thu | Cyclde Road Race| 0 track backs,
エシレのバターを遂に買った!まずはお味インプレ第一弾
先日東京丸の内 ブリックスクエアにあるエシレのクロワッサンの話を書いた。
ものによっては1個400円近いというのに、大行列で、午後には売り切れていたほどの人気。

先日ランチどきに、「誰かこのクロワッサン食べた人いる?」と聞いてみたところ、ひとりがこう言った。
「クロワッサンはないけど、バターはフランスに行くと買ってるわー」

自分へのフランス土産というとエシレのバターと決めていて、たまに日本のデパートで買うこともあるぐらいファンなのだとか。

「そのバターのどこがいいの?」「小岩井バターよりうまい?」の問いに、
「とにかくキメがこまかいのよ」とのこと。

ランチが終わって席に着いた途端、彼女からメールがきた。5個で5000円ぐらいで売ってるよ、共同購入しない?と。

結局この日ランチを一緒にしていた5人全員がバターを買うことにしたので、共同購入成立。
そして、月曜日に到着。

室温だと溶けるので、帰るまで、本部長専用冷蔵庫を秘書の人に頼んで使わせてもらうことに。(給湯室にあるフロア全員用の冷蔵庫はどうも信頼が置けないのだ。)
帰り際、忘れずにバターを持って帰る。

昨日と今日、さっそく朝パンにつけて試食。
同僚は、普通の食パンにつけるらしい。じゃあ、私もということで、まずは食パンで試してみる。

一口。ん?小岩井のようなコクはない。やけにあっさりしている。
が、口どけがめちゃくちゃいい。
彼女がいうところの、キメがこまかいということだ。

ふと気がついた。
このバターは例の大行列のクロワッサンに使用されているバターなんだけど、一押し399円の「クロワッサン・エシレ50%ブール」は、バター50%とかいう代物なのだ。

で、ふつうだったらギトギトしそうだけど、こんなにあっさりして、上品な味だったら、50含有量でもしつこくないのでは?と思った。

今度は、食パン以外のもので試してみよう。
まず、明日はイングリッシュマフィンに。
これはバターがとてもよくあうパンだから、楽しみだ。

ちなみに、楽天(下記の画像からリンク)では2個からで販売されていた。
国内のデパートだと1200円ぐらいらしいので、楽天だとちょっとお得。


2009.10.29 Thu | Gourmet| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill