FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
アポなし企画 舞台裏3 彼女がおめでた、のヴィスコンティ
メールから:

J SPORTSの企画ペー ジを拝見しましたが、ヴィスコンティの「自転車に愛称をつけるとした ら何とつける?」の答えが「パメラ・アンダーソン」なのには笑いました。
チーム関係者(?)チポッリーニが現役時代ハンドルステムに貼り 付けていたトップレスのヌード写真が確かパメラ・アンダーソン。彼女 は御年42歳の(元)セクシー女優さんですから、ヴィスコンティ がお気に入りなら相当な年増趣味になりますが……(笑)

(ルッカさんから)


ご安心あれ。このパメラ・アンダーソンですが、ヴィスコンティのお気に入り、というわけではなさそうです。

イタリア人が女性のシンボルとしてあげるのがこの名前だから、というのが書いた理由らしいのですが、上記メールを拝見して、納得。ヴィスコンティが”女性のシンボル”と控え目に言っていたその言葉は、たんに美人(かわいい)シンボル、というのなく、イタリア人にとってのS○X シンボル、という意味なのですね。

実は、この質問(自転車に名前をつけるとしたら?)には、ほとんどの選手が頭を抱えていました。
完全にかたまってしまったカールストロームとか。
あとで書くことにしたロドリゲスとか。

フォイクトは、かなり迷ったあげく、Pain & Fun (辛さと楽しさ)と。「これこそが、自転車そのものだから」。

そんな中、ヴィスコンティだけが、躊躇なく筆を勧め、全設問に反射的に回答。
多分レースでも、即断速攻の人なのでは、と思いました。
頭の回転がひときわ速くて、若いけど、チームメイトたちにとっては、すごく頼りになる存在なのではないでしょうか。

ちなみにヴィスコンティはフィアンセが”おめでた”だそうです。



下記は、トクダネの写真に関して:


あのたすきをかけたのは僕ですが、買うときからフォイクトにかけようと計画していました。
綿密な計画は成功に終わってうれしいです。本人もウケていたし。

(SNさんから)


あのたすきは、綿密に練られたものだったのですね。


さらに、ルッカさんから到着した写真はas follows。

GATT0BASSO1.jpg

LASSONKESSIAKOFF_1.jpg

LASSONKESSIAKOFF_2.jpg


「憧れのバッソと話すガット」と「ラーション&ケシアコフのスウェー デン組」をお送りします。

前者はガットが居合わせたファンに「彼(バッソ)とのツーショットを 撮ってくれないか」と頼んだ時の写真で、緊張気味の表情が微笑ましく 気に入っています。この先、応援したくなる若手選手ですね。

後者はただ長時間、母国語で話し込んでいたというだけですが(ケシアコフは来年ガーミンですが、ラーションは移籍しないし)、なんだかと ても楽しそうだったのでお気に入り。


という情景だそうです。
2009.10.28 Wed | Cyclde Road Race| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill