FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
追われ心
朝、駅の改札を通ったとたん、ホームに電車が入線する音が聞こえた。
慌てて階段を駆け抜け、ホームに出て、一番近くのドアから滑り込み、なんとかセーフ!

間に合った、とほっと胸をなでおろし、朝日新聞を広げる。
いつも最初に読むのは「天声人語」。
どれどれ・・・と読んでみると、

手元の辞書には載っていないが、「追われ心」という語があるのを最近知った。いつも何かに追われるように先を急ぐ気分を言うそうだ。以来、日々のせかせかに、ふと気づいては頭をたたく。。。


ドキッ!!
2009.10.21 Wed | Society| 0 track backs,
ジャージの匂い
週末、ツールのスポンサーでもある「X・TRA」という液体洗剤を使って洗濯をした。
今年の夏、ツーレがキャラバングッズ集めでゲットした戦利品だ。

洗濯機をかけて家を出て、1時間後に帰宅したら、玄関先にすごいにおいが漂っていた。

洗濯機をあけると、トイレの芳香剤でも、香水系でもない強めのかおりがわきたった。

ふと思った。自転車ロードレースの選手たちが着ているジャージの香りの元がなにかしきりに一部で議論が巻き起こったけど、こういう強い香りの洗剤に、各自コロンとかボディーローションなんかをつけたら、確かに香りがしぶとく残りそう。

ちなみに衣服自体に移った香りはそれほど強烈じゃなかったけど、洗濯機周辺は、翌日までにおっていた。
2009.10.21 Wed | Cyclde Road Race| 0 track backs,
夕飯のヒントは沢木耕太郎の本の中に
昨夜のこと。夕飯なににしよー、とスーパーの中をあちこちうろついた。

月曜は日曜に多めに作った料理だけで夕飯はまかなえる。
火曜(昨日)はサイドディッシュはまだあれこれ残りがあるものの、メインを作らないといけないのだ。

お腹が空きまくり、めんどくさいから出来合いのものにしようかと思ったものの、食指が動かない。

ふと思い出したのが電車の中で直前まで読んでいた沢木耕太郎氏の「酒杯を乾して」の本の中の「杯(カップ)」の章。
筆者が韓国で自炊した場面に出てきた料理があった。

じゃがいもをよく洗って皮を剝かずに4つ切りにしてお鍋に敷き、その上に鶏肉を広げ、25分蒸し焼きにする、というもの。

塩コショウに、ローズマリーなどの香草をかけるとなおおいしいと。


そうだ、これにしよう。

鶏モモのよさそうなのがあった。じゃがいもはある。タイムと先日買った乾燥バジルをかければいい。

帰宅してさっそく着手。鍋にどさっとそれらを入れて、あとは放っておくだけ。
鍋のふたを開けたとたん香草の香りが舞い上がり、芋がホコホコ。
いかにも男の料理といった感じだけど、これは使える。なにしろカンタン!


酒杯を乾して 沢木耕太郎ノンフィクション 9酒杯を乾して 沢木耕太郎ノンフィクション 9
(2004/12/10)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る
2009.10.21 Wed | Gourmet| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill