FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
横浜美術館の図書館
横浜美術館では今、フランス絵画の19世紀の展示をやっている。
結局、新古典派とロマン派の違いはよくわからなかったけれど、人物像に表情ができて人間らしくなるのがロマン派なのだろうか??

最後の方にピサロ、シスレー、マネ、モネ、といった印象派も置いてあるとは思わなかった。
とっつきやすい印象派。
あればよろこぶ人は多かろう。

ところで、美術館は図書館を併設しているところが多いけど、こちらにも図書館があるのを知り、行ってみた。夜、友人宅にお呼ばれしたので、時間調整で20分ほど図書館で資料・文献を読んでみる。(ツーレは新聞を読んでいた。)

ジョットの美術書があり、スクロヴェーニ礼拝堂の絵の説明が細かに述べられていた。
細かい背景など、これまで見落としていた点をさらうことができた。

中央公論美術出版の本で、お値段15、000円。
自分ではとても買えない。こういう本を読む機会を与えて頂けるのは嬉しい。

図書館で美術書をめくりつつ、静かな時間を過ごす。
目からうろこの事実に驚いたり、感激したり。なんだか至福のとき。

P1650340.jpg

お昼はベイクオーターの柿安ダイニング。
日比谷シャンテの店よりも空いていた。
時間制限90分のビュッフェで値段は1800円ちょっと。

P1650319.jpg

夜は高校時代の友人夫婦のところで夕食。
横浜は花火だったらしく、帰りの電車の混雑ぶりは半端じゃなかった。
2009.08.01 Sat | Art| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill