FC2ブログ
日常風景 * 写真・文章 Copyright@”Mas Ciclismo Diary”
フェニーチェ劇場
ヴェネチア回想

ある日記者会見を終え、いつもと違う道で宿に戻ることにした。途中しゃれた建物を見つけ足を止める。

ああこれ、ジロのプレゼンが行われたフェニーチェ劇場だ。しかも裏口。今はここは搬入口になっているけど、かつて貴族たちは劇場まで自家用ゴンドラで乗り付けてやってきたので、ここが実質のゲートだったとかいう話。

2度も火事に遭い、蘇ったから不死鳥フェニーチェという名前になったそうだ。もともとの名前はサン・ベネデット。

2度のうち1度は、工事中の出来事だった。工期が守れないと悟った下請け業者が違約金を恐れて燃やしたのだとか。 (これまた陣内さんの本の受け売り。かえすがえす陣内さん、ありがとう。)

fenice1P1550670.jpg

はしけを渡ってその搬入口に行ってみる。へえ、ここは「マリアカラスの河岸」なんていう名前がついている。

fenice2P1550673.jpg

さて、表玄関へ、、と思いきや、これがどうやっても行けない。回り込もうとすると水路に阻まれる。ドイツ人夫婦が憤慨している。「信じられない、表口に行けない劇場なんて!」

feniceP1550677.jpg

橋のあるところまでぐるりと迂回して路地をてくてく歩いたら、なんとか着いた。(悪態をついていたドイツ人夫婦は多分諦めたのじゃないだろうか。姿は見えない。)これが玄関。意外に小さい。

fenice3P1550693.jpg

劇場ツアーもやっているようだ。

fenice4P1550697.jpg
2009.06.03 Wed | Travel-Italy| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill